チェーホフのおすすめランキング

プロフィール

一八六〇年、ロシア生まれ。モスクワ大学医学部を卒業し医師となる。一九〇四年、療養中のドイツで死去するまで、四四年の短い生涯に、数多くの名作を残す。若い頃、ユーモア短篇「ユモレスカ」を多く手がけた。代表作に、戯曲『かもめ』、『三人姉妹』、『ワーニャ伯父さん』、『桜の園』、小説『退屈な話』『六号病棟』『かわいい女』『犬を連れた奥さん』、ノンフィクション『サハリン島』など。

「2022年 『狩場の悲劇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チェーホフのおすすめランキングのアイテム一覧

チェーホフのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)』や『桜の園・三人姉妹 (新潮文庫)』や『桜の園 (岩波文庫 赤 622-5)』などチェーホフの全210作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)

1252
3.64
チェーホフ 1967年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2022.2記 以下、ネタバレが気になる方はスルーください。 「ドライブ・マイ・カー」の感動が冷めやらず、劇中劇として演じられるチェーホフの戯曲「ワー... もっと読む

桜の園・三人姉妹 (新潮文庫)

1170
3.44
チェーホフ 1967年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桜の園の方が圧倒的に好きだったので桜の園のレビューを記す。登場人物が多くて、名前も場面ごとに変わるのでなかなか掴みづらいがそれぞれの人物をグルーピングする... もっと読む

桜の園 (岩波文庫 赤 622-5)

706
3.41
チェーホフ 1998年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1904年、露。 既に失われた過去(老従僕)、失われつつある現在(領主兄妹)、台頭しつつある未来(学生、実業家)を、それぞれ象徴するような登場人物の対比が... もっと読む

かわいい女・犬を連れた奥さん (新潮文庫)

593
3.58
チェーホフ 1970年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフの短編7編を収録。 どの作品もロシア革命少し前に執筆されたものだけあって、貧しく虐げられた農民・使用人の描写と働かな... もっと読む

かもめ (集英社文庫)

476
3.57
チェーホフ 2012年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

理想の人生を歩めず恋愛も片思いで思うに任せない登場人物達。 それを受け流して生きている年長者の諦念と受け止め切れなかった不器用な若者の焦燥が伝わってくる作... もっと読む

可愛い女(ひと)・犬を連れた奥さん 他一編 (岩波文庫)

466
3.55
チェーホフ 2004年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『犬を連れた奥さん』『イオーヌィチ』『可愛い女』の三つの短篇。 『犬を連れた奥さん』は、お互いにパートナーがいながら、男性が旅先の遊びのつもりで『犬を連... もっと読む

チェーホフ・ユモレスカ―傑作短編集〈1〉 (新潮文庫)

413
3.12
チェーホフ 2008年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若きチェーホフ、雑誌、新聞に短編や雑文を書きまくって モスクワ大学医学部学費や家計をささえた その数は7年間で400編! 数で言うなら日本の星新一さ... もっと読む

かもめ (岩波文庫) (岩波文庫 赤 622-1)

354
3.61
チェーホフ 2010年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

話しとしては、登場人物たちの報われない恋愛模様がもどかしいですね。誰もが満たされない鬱屈した悩みを抱えている。チェーホフは、これは喜劇だと言っていたらしい... もっと読む

六号病棟/退屈な話 (岩波文庫 赤 622-6)

323
4.05
チェーホフ 2009年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

チェーホフの中短篇集。『脱走者』『チフス』『アニュータ』『敵』『黒衣の僧』『六号病棟』『退屈な話』の計7篇を収録。チェーホフは医師でもあったので、これら全... もっと読む

桜の園/プロポ-ズ/熊 (光文社古典新訳文庫 Aチ 2-2)

227
3.33

感想・レビュー

はじめてのアントン.チェーホフ キンドル アンリミテッドで 戯曲はじめて読みましたが140年以上も前の ボードビル一幕物「プロポーズ/熊」には抱腹絶倒。... もっと読む

カシタンカ・ねむい 他七篇 (岩波文庫 赤 623-5)

205
3.51
チェーホフ 2008年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短篇は、『嫁入り支度』『かき』『小波瀾』『富籤』『少年たち』『カシタンカ』『ねむい』『大ヴォローヂャと小ヴォローヂャ』『アリアドナ』を収録。あと、翻訳した... もっと読む

ワーニャおじさん (岩波文庫 赤 622-2)

184
3.50
チェーホフ 2001年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戯曲。とても短い。 正直、よく分からない。多分この頃のロシアの社会情勢のようなものが分からないと、分からない話なのではないかと思う。 解説を読んでなんと... もっと読む

チェーホフ・ユモレスカ―傑作短編集〈2〉 (新潮文庫)

179
3.44
チェーホフ 2009年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロシアっちゃあ、時間がゆっくりなんだな~ もっと読む

ワーニャ伯父さん/三人姉妹 (光文社古典新訳文庫)

134
3.86
チェーホフ 電子書籍 2009年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【はじめに】 村上春樹の短編集『女のいない男たち』に収録された『ドライブ・マイ・カー』を原作とした映画『ドライブ・マイ・カー』の中で主人公が演出家として... もっと読む

ともしび・谷間 他7篇 (岩波文庫 赤 623-7)

124
3.93
チェーホフ 2009年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

チェーホフ晩年の短篇集。『美女』『ともしび』『気まぐれ女』と、『箱に入った男』『すぐり』『恋について』(この3篇は連作で登場人物が同じ)、『谷間』『僧正』... もっと読む

子どもたち,曠野 他十篇 (岩波文庫 赤 623-6)

111
3.92
チェーホフ 2009年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

チェーホフ初期の短篇集。『子どもたち』『いたずら』『聖夜』『ワーニカ』『実は彼女だった』『ヴェーロチカ』『家庭で』『幸福』『賭け』『ロスチャイルドのヴァイ... もっと読む

サハリン島

105
3.55
チェーホフ 2009年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アントン・チェーホフ(1860~1904)による、サハリン島ルポルタージュ。 チェーホフは1890年、サハリン島に渡り、6か月間滞在した。 流刑囚... もっと読む

大きなかぶ: チェーホフショートセレクション (世界ショートセレクション 5)

103
3.20
チェーホフ 2017年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙でちょっと笑ってしまう。 対象が小学校高学年からになっており、名作!と身構えずに読めるのは良いと思う。 訳もとても読みやすいし、レイアウトもすっきりし... もっと読む

狩場の悲劇 (中公文庫 チ 3-3)

103
3.28
チェーホフ 2022年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞社の編集長が、小説家志望者から実話をもとにした作品を持ち込まれるくだりに始まる。手記を内包する形式の小説。作品内の紙数としては、持ち込まれた小説内のス... もっと読む

ヴェーロチカ/六号室 (光文社古典新訳文庫 K-Aチ 2-3)

79
4.00
チェーホフ 2023年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひたすら暗いイメージで、救いなく、どこかおかしい作品群だが、妙に味があり最後の1編まで楽しく読めた。ヴェローチカの残念なラスト、退屈な話や6号室のような虚... もっと読む
全210アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×