チャールズ・ダーウィンのおすすめランキング

プロフィール

イングランド西部のシュルーズベリー生まれ。エディンバラ大学で医学を学んだのち、ケンブリッジ大学に転学。卒業後、英国海軍の帆船ビーグル号に乗り込み、4年半にわたって世界各地をめぐり、ガラパゴス諸島での調査などに従事。帰国後は在野の自然史学者として研究を重ね、1859年に『種の起源』を出版。他の著書に『ビーグル号航海記』『人間の由来』『ミミズと土』など。

「2020年 『ダーウィン『種の起源』を漫画で読む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チャールズ・ダーウィンのおすすめランキングのアイテム一覧

チャールズ・ダーウィンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『種の起源〈上〉 (光文社古典新訳文庫)』や『種の起源〈下〉 (光文社古典新訳文庫)』や『種の起原 上 (岩波文庫)』などチャールズ・ダーウィンの全44作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

種の起源〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

920
3.87

感想・レビュー

言わずと知れた古典。その構成は、第一部(1~5章)で自然淘汰説(自然選択説)を説明し、第二部(6~9章)でその難点を取り上げ、第三部(10~14章)で生物... もっと読む

種の起源〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

618
3.85

感想・レビュー

上下巻合わせて約15時間かけて読み終えた。用意周到で徹底的な論証を追うのはここまで大変なものなのかと肌で感じることができた。この経験は分厚い本を読むかどう... もっと読む

種の起原 上 (岩波文庫)

564
3.54

感想・レビュー

 ダーウィンといえば進化論ですが,本書下巻の最後尾の付録に「進化evolution」とようやく,それも,ダーウィンと同時代の博物学者は生物が環境にあわせて... もっと読む

種の起原 下 (岩波文庫)

369
3.51

感想・レビュー

「種の起源の見解が,一般に受容されるときには,博物学に重大な革命がおこるであろう」  上巻に続き,自説に対する批判に応える形でダーウィンは自然選択による変... もっと読む

超訳 種の起源 ~生物はどのように進化してきたのか (tanQブックス)

187
4.00

感想・レビュー

進化論で有名なダーウィンの『種の起源』。池上彰氏の『世界を変えた10冊の本』にも選ばれており、ぜひ読みたかったのだけど、難解なので手を出せずにいた。 そ... もっと読む

ダーウィン『種の起源』を漫画で読む

159
4.00

感想・レビュー

チャールズ・ダーウィン著「種の起源」って歴史や生物の授業で聞いた事はあるけど読んだ事が無いという人が殆どだと思うのですが、この本は「種の起源」のエッセンス... もっと読む

若い読者のための『種の起源』

157
4.10

感想・レビュー

本として素晴らしい。『種の起源』の価値について疑念を抱く人は今やほとんど存在しないだろうし、この本の図版の豊富さ、わかりやすさ、コラムの面白さ、しかもオー... もっと読む

ミミズと土 (平凡社ライブラリー)

147
3.71

感想・レビュー

愛は感じる。 ミミズに対する愛は感じる。 だけど、素晴らしく読みにくい。 愛が溢れすぎてもう読者のことは一切無視。 こっちは悪いけれどそこまで... もっと読む

新訳 ビーグル号航海記 上

122
3.33

感想・レビュー

序盤の本を読み終えたところで感じたことは,ダーウィンの深い科学的な洞察の背後に,あらゆる自然科学への圧倒的な知識を保有しているという事実でした。進化論とい... もっと読む

新版・図説 種の起源

117
3.70

感想・レビュー

ダーウィン 著 リチャードリーキー編 「 種の起源 」ダイジェスト版 自然選択説(最適者生存)による進化論〜生物に備わった変異という属性のうち 天敵か... もっと読む

ビーグル号航海記 上 (岩波文庫 青 912-1)

76
3.36

感想・レビュー

1831年若干22歳の若きダーウィンが南アメリカを中心とした測量航海に向かうビーグル号に博物学者として乗船し5年かけて世界一周した航海の記録。結果として進... もっと読む

新訳 ビーグル号航海記 下

70
3.56

感想・レビュー

さて後半戦です。話の舞台は南米チリから,南アメリカ大陸太平洋沿いの観察を経て,ガラパゴス諸島を通ってタヒチを経由し,オーストラリアを経た後でイギリスへ寄港... もっと読む

ビーグル号航海記 下 (岩波文庫 青 912-3)

52
3.43

感想・レビュー

ついに航海は終盤へ。ガラパゴス諸島からタヒチ、ニージーランドを経て本国へ帰還します。自然博物学的な観察眼に比べて、人文的な視点は当時の帝国主義的価値観から... もっと読む

ビーグル号航海記 中 (岩波文庫 青 912-2)

50
3.67

感想・レビュー

調査の旅はパタゴニアから荒れ果てたフォークランド諸島、マゼラン海峡を経てチリへ。途中大地震に遭遇し大災害の爪痕を目の当たりにします。航海中でももっとも記憶... もっと読む

種の起原 (原書第6版)

35
3.50

感想・レビュー

☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです ☆http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib... もっと読む

ダーウィン先生地球航海記〈第1巻〉―絶滅動物の墓場をほるの巻

18
3.17

感想・レビュー

全巻通したわけじゃないからなんともいえんけれど、 やっぱ植民地とか回りながら移動してるのかぁって納得するとこがあった、 研究自体は地味だけど、 歴史... もっと読む

ダーウィン自伝 (ちくま学芸文庫)

18
3.50

感想・レビュー

第1章 幼年期および少年期 第2章 ケンブリッジの生活 第3章 ビーグル号の航海 第4章 帰国から結婚まで 第5章 宗教上の信仰 第6章 ロンドンの生活 ... もっと読む

ダーウィン先生地球航海記〈2〉落ちかけた大岩に肝を冷やすの巻

9
3.00

感想・レビュー

ダーウィンのやったことをよく知らないから読んでる、 軽く目を通す程度で割と冷めて読んでしまったから、 あんまし頭に残らなかった。 もっと読む
全44アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×