チャールズ・ディケンズのおすすめランキング

プロフィール

Charles Dickens 1812-70
イギリスの国民的作家。24歳のときに書いた最初の長編小説『ピクウィック・クラブ』が大成功を収め、一躍流行作家になる。月刊分冊または月刊誌・週刊誌への連載で15編の長編小説を執筆する傍ら、雑誌の経営・編集、慈善事業への参加、アマチュア演劇の上演、自作の公開朗読など多面的・精力的に活動した。代表作に『オリヴァー・トゥイスト』、『クリスマス・キャロル』、『デイヴィッド・コパフィールド』、『荒涼館』、『二都物語』、『大いなる遺産』など。

「2019年 『ドクター・マリゴールド 朗読小説傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チャールズ・ディケンズのおすすめランキングのアイテム一覧

チャールズ・ディケンズのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『オリバー・ツイスト〈上〉 (新潮文庫)』や『二都物語 (新潮文庫)』や『オリバー・ツイスト〈下〉 (新潮文庫)』などチャールズ・ディケンズの全303作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

オリバー・ツイスト〈上〉 (新潮文庫)

581
3.54

感想・レビュー

不幸の連続で、読んでいて気持ちが折れそうになった。 十四章の終わりくらいは、特に気持ちが重く暗くなった。 この先、ブラウンローとの深いかかわりが明らかにな... もっと読む

二都物語 (新潮文庫)

439
4.09

感想・レビュー

フランスの暴政を嫌ってイギリスへ亡命したフランズ人元貴族のチャールズ・ダーネイ。自暴自棄で放蕩無頼だが有能なイギリス人弁護士、シドニー・カートン。 双子の... もっと読む

オリバー・ツイスト〈下〉 (新潮文庫)

421
3.52

感想・レビュー

やっぱり途中よくわからなくなるところはあるものの、後半の悪人たちの処分の部分は圧巻という感じ。特にナンシーの最期のシーンは恐くて切なかった。後半はもはやオ... もっと読む

クリスマス・キャロル (岩波少年文庫)

419
3.68

感想・レビュー

冷酷な守銭奴スクルージが、神の慈悲によって改心し善人になる話。要約するとそれだけであり、そう聞いただけで脊髄反射的に読む気を失ってしまう人も多いだろう。ま... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド 1 (岩波文庫)

341
3.82

感想・レビュー

モームの「世界十大小説」の一つになった本作は、チャールズ・ディケンズ(1812~1870年)の「自伝的作品」で、とぉ~ても読みやすいです。全5巻と少し長め... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド(1) (新潮文庫)

279
3.80

感想・レビュー

旧表紙の中野訳で読んだけどブクログにないので仕方なく新訳の表紙を張ってる。 「ライ麦畑でつかまえて」のホールデン君が冒頭でデイヴィッド・コパフィール... もっと読む

クリスマス・キャロル (集英社文庫)

267
3.65

感想・レビュー

クリスマスに再読…したかったのですが、26日までかかってしまいました(^^;; 年に1回は読み返すべき作品だなと感じました。当時の階級社会の縛りはあっても... もっと読む

大いなる遺産 上 (河出文庫)

234
3.82

感想・レビュー

田舎の孤児ピップ少年が大富豪に見い出される物語。 話の大筋がしっかりしているうえに、サイドストーリーも丁寧に書かれていた。出来事のつなぎ方が自然で、... もっと読む

荒涼館〈1〉 (ちくま文庫)

223
3.73

感想・レビュー

名前覚えらんねー! なのにおもしろい! エイダはリチャードのどこがよいのかさっぱりわかりません もっと読む

オリヴァー・ツイスト (新潮文庫)

215
3.40

感想・レビュー

誕生の直後に孤児となり、オリヴァー・ツイストと名づけられた少年の物語。前半は救貧院における強欲な管理人による劣悪な生活や奉公先でのイジメ、ロンドンでの怪し... もっと読む

大いなる遺産 下 (河出文庫)

161
4.16

感想・レビュー

読み終わってしまた、また一つ心の大事なもの箱にこの本が追加されました。 訳者解説でも指摘されている通り、これまで読んだディケンズの作品と一線を画すのが、... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド(2) (新潮文庫)

154
3.70

感想・レビュー

思春期のデイヴィッドは幼少期に苦労したせいか賢くなっている。しかし青春だな〜〜!次から次へと女の子を好きになるデイヴィッドはなんだか可愛い。 この時... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド(3) (新潮文庫)

148
3.66

感想・レビュー

3巻に入ると友人の駆け落ち、婚約、伯母の破産、雇い主の死、事務所の解散、新たな職のための勉強、そして結婚と波瀾万丈な変化がまたしても繰り広げられる。 ... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド(4) (新潮文庫)

145
3.94

感想・レビュー

移民たちの出航の場面の、空から海、海から岸をつなぐ描写のグラデーションの美しいこと。匂い立つ情景の細やかさ。移民たちの心のうつろいも映し出して、なんと切な... もっと読む

大いなる遺産 上巻 (新潮文庫)

130
3.63
ディケンズ 2020年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母は亡く年の離れた厳しい姉と優しいその夫に面倒を見られている少年。脱獄囚に脅されて犯した罪を抱えて成長する。弁護士がやって来る。大いなる遺産についての知ら... もっと読む

荒涼館〈2〉 (ちくま文庫)

111
3.88

感想・レビュー

引き続き、軍隊から迄人々が入ってくる。臭っていたニーモがアヘン中毒で急死。秀麗な筆跡を使うだけにただ者ではないと思うが、探りを入れる家主のクルック。ニーモ... もっと読む

荒涼館〈3〉 (ちくま文庫)

108
3.84

感想・レビュー

やはりデッドロック夫人の過去が物語の大きなカギと感じた。しかもエスタとの繋がりに謎が。荒れ狂う天然痘・・そして少年を訪れた女性、看病したエスタ・・罹患する... もっと読む

荒涼館〈4〉 (ちくま文庫)

106
4.08

感想・レビュー

正統派の英国ハッピー物語でした。めでたしめでたしという訳で満足の結果。 ただ、ハックルベリフィン、大いなる遺産とは異なり、登場人物のエピソードにミス... もっと読む

オリバー・ツイスト(上) (角川文庫)

101
3.33

感想・レビュー

ディケンズのブラックユーモアが面白い! 少々まどろっこしいがストーリー展開も起伏が激しく、キャラが善人も悪人も人間臭くてよかった。 もっと読む

オリバー・ツイスト(下) (角川文庫)

81
3.38

感想・レビュー

少々周りクドさはあったし、ストーリー展開が主人公に都合良くなってるものの、全体的に面白かった。特に小悪人達のキャラが憎みきれず味わいがあった。 もっと読む
全303アイテム中 1 - 20件を表示

チャールズ・ディケンズに関連する談話室の質問

ツイートする
×