チャールズ・ディケンズのおすすめランキング

プロフィール

イギリスの国民的作家。24歳のときに書いた最初の長編小説『ピクウィック・ペイパーズ』が大成功を収め、一躍流行作家になる。代表作に『オリヴァー・トゥイスト』、『デイヴィッド・コパフィールド』、『二都物語』、『大いなる遺産』など。

「2015年 『クリスマス・キャロル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チャールズ・ディケンズのおすすめランキングのアイテム一覧

チャールズ・ディケンズのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『オリバー・ツイスト〈上〉 (新潮文庫)』や『オリバー・ツイスト〈下〉 (新潮文庫)』や『クリスマス・キャロル (岩波少年文庫)』などチャールズ・ディケンズの全280作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

オリバー・ツイスト〈上〉 (新潮文庫)

529
3.52

感想・レビュー

まだ読んでいる途中ですが、オリバーツイスト自体のストーリーには文句はありません。しかし、翻訳者の中村能三の日本語がくそ過ぎると思います。英語を直訳しすぎて... もっと読む

オリバー・ツイスト〈下〉 (新潮文庫)

376
3.50

感想・レビュー

物語の力強さが圧倒的.特に下巻後半からはそれまで伏流してきた様々な流れが合流し大きなクライマックスを作っている.また薄暗いロンドンの場末に巣食う悪者たちの... もっと読む

クリスマス・キャロル (岩波少年文庫)

307
3.70

感想・レビュー

冷酷な守銭奴スクルージが、神の慈悲によって改心し善人になる話。要約するとそれだけであり、そう聞いただけで脊髄反射的に読む気を失ってしまう人も多いだろう。ま... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド〈1〉 (岩波文庫)

307
3.79

感想・レビュー

モームの「世界十大小説」のひとつとなった本作は、チャールズ・ディケンズ(1812~1870年)の「自伝的作品」でとぉても読みやすいです。全5巻と少し長めで... もっと読む

二都物語 (新潮文庫)

230
4.13

感想・レビュー

フランスの暴政を嫌ってイギリスへ亡命したフランズ人元貴族のチャールズ・ダーネイ。自暴自棄で放蕩無頼だが有能なイギリス人弁護士、シドニー・カートン。 双子の... もっと読む

クリスマス・キャロル (集英社文庫)

226
3.67

感想・レビュー

クリスマスに再読…したかったのですが、26日までかかってしまいました(^^;; 年に1回は読み返すべき作品だなと感じました。当時の階級社会の縛りはあっても... もっと読む

荒涼館〈1〉 (ちくま文庫)

195
3.71

感想・レビュー

名前覚えらんねー! なのにおもしろい! エイダはリチャードのどこがよいのかさっぱりわかりません もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド〈1〉 (新潮文庫)

185
3.77

感想・レビュー

旧表紙の中野訳で読んだけどブクログにないので仕方なく新訳の表紙を張ってる。 「ライ麦畑でつかまえて」のホールデン君が冒頭でデイヴィッド・コパフィール... もっと読む

大いなる遺産 下 (河出文庫)

112
4.08

感想・レビュー

読み終わると、胸がいっぱいになった。 生きる活力、人生の寂しさ、人が人に与える幸福。 ディケンズが描く人々は、どれもはちきれんばかりにぎっしりと重... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド〈2〉 (新潮文庫)

108
3.67

感想・レビュー

思春期のデイヴィッドは幼少期に苦労したせいか賢くなっている。しかし青春だな〜〜!次から次へと女の子を好きになるデイヴィッドはなんだか可愛い。 この時... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド〈3〉 (新潮文庫)

101
3.57

感想・レビュー

3巻に入ると友人の駆け落ち、婚約、伯母の破産、雇い主の死、事務所の解散、新たな職のための勉強、そして結婚と波瀾万丈な変化がまたしても繰り広げられる。 ... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド〈4〉 (新潮文庫)

100
3.87

感想・レビュー

移民たちの出航の場面の、空から海、海から岸をつなぐ描写のグラデーションの美しいこと。匂い立つ情景の細やかさ。移民たちの心のうつろいも映し出して、なんと切な... もっと読む

荒涼館〈4〉 (ちくま文庫)

94
4.05

感想・レビュー

正直ディケンズの印象といえば、読み物としては面白いけどまあ、そんくらい、しか思ってませんでした。かわいそうな子供が運命の荒波を乗り越えて、純真無垢な心と幸... もっと読む

オリバー・ツイスト(上) (角川文庫)

87
3.35

感想・レビュー

翻訳のせいか、とっても読みにくい。 読みにくいのにそれを上回るぐらいに、主人公の小さな男の子のどん底の人生の始まりの物語が悲惨すぎて読み進めずにいられま... もっと読む

オリバー・ツイスト〈下〉 (角川文庫)

70
3.35

感想・レビュー

文体が難解すぎて感情移入しにくいものの、物語はドラマチックで残虐でもある。 何世紀も前の物語と思えば、それが今の時代にまで読まれている事はすごい事だと思... もっと読む

オリヴァー・ツイスト (新潮文庫)

67
3.82

感想・レビュー

孤児オリヴァー・ツイストが運命に翻弄されながらも生き抜き、幸福な生活を手に入れるまでのドラマを描くチャールズ・ディケンズの代表作であり、イギリス文学の古典... もっと読む

クリスマス・キャロル―A Christmas carol 【講談社英語文庫】

61
4.29

感想・レビュー

『文学少女のグルメな図書ガイド』より ミートローフ もっと読む
全280アイテム中 1 - 20件を表示

チャールズ・ディケンズに関連する談話室の質問

ツイートする