チャールズ・ブコウスキーのおすすめランキング

チャールズ・ブコウスキーのおすすめランキングのアイテム一覧

チャールズ・ブコウスキーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『町でいちばんの美女 (新潮文庫)』や『死をポケットに入れて (河出文庫)』や『勝手に生きろ! (河出文庫)』などチャールズ・ブコウスキーの全37作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

町でいちばんの美女 (新潮文庫)

1047
3.61

感想・レビュー

表紙が美女じゃない。。。 もっと読む

死をポケットに入れて (河出文庫)

542
3.75

感想・レビュー

これはなかなか味のあるエッセイだと思いました! 日記形式なんですけれども、確かに解説者の言葉にある通り、単なる日記では無くてエッセイのニュアンスが強いよう... もっと読む

勝手に生きろ! (河出文庫)

538
3.70

感想・レビュー

チャールズ・ブコウスキー『勝手に生きろ!』河出文庫。 酒まみれの自由自在な人生。何とも破天荒で自由な生き方は、逆に死に急いでいるのだろうか……カルト... もっと読む

ありきたりの狂気の物語 (新潮文庫)

477
3.60

感想・レビュー

下品で笑える話の中に急にロマンチックな文が現れたりするのがブコウスキーの好きなところ。通勤電車で読むには面白すぎて勿体無いので、後半は、寝る前にウイスキー... もっと読む

パルプ (ちくま文庫)

477
3.61

感想・レビュー

はは。無頼派ジジイ、チャールズ・ブコウスキー最後の作品にして、ハードボイルド風SFコメディ的無頼小説とでもとりあえず言っておけばいいや、っていう作品。 ... もっと読む

くそったれ!少年時代 (河出文庫)

347
3.66

感想・レビュー

めちゃくちゃニキビに悩んでてほんとブコウスキー推せますよ もっと読む

パルプ (新潮文庫)

342
3.62

感想・レビュー

圧倒的なまでの最低さ。ハードボイルドに仕立てたはずが殻を割ってみればぐずぐずの中身が毀れ汚しちまったような、セリーヌも宇宙人も出てくるこのカストリ雑誌に連... もっと読む

詩人と女たち (河出文庫)

302
3.71

感想・レビュー

むさぼるように読んだ一冊。 あけすけな内容で生活感がぷんぷんします。チナスキーの生活が目に浮かぶよう。飾ったところがなくてうさんくさくない。 これほど... もっと読む

ブコウスキーの酔いどれ紀行 (河出文庫)

130
3.48

感想・レビュー

酔っぱらいだけど、素敵な人。酔っぱらいだから、素敵な人。 無頼派な詩人だけど、言葉がじんわりといい。 もっと読む

町でいちばんの美女

108
3.43

感想・レビュー

ブコウスキーの半自伝的な短篇集。繰り返し主題となるのは、酔いどれ、賭博、性愛と暴力。意外にもファンタジーや超現実的といった要素を含んだ話もある。表題作「町... もっと読む

死をポケットに入れて

81
3.68

感想・レビュー

 本書『死をポケットに入れて』は、気難しい老人が日記形式で省察や小言などを並べているだけである。身も蓋もないが実際そうなのだ。しかし、なんともおもしろい。... もっと読む

ブコウスキーの酔いどれ紀行 (ちくま文庫)

70
3.25

感想・レビュー

旅行記。酒を飲みすぎている。飲みすぎているが、世界を見る視点は醒めていて、人間の本質的な弱さをあぶり出すような文章が随所にある。小説ではわからないブコウス... もっと読む

MONKEY vol.15 アメリカ短篇小説の黄金時代

68
3.33
村上春樹 雑誌 2018年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジェームズ・ボールドウィンが良かった もっと読む

パルプ

65
3.56

感想・レビュー

ブコウスキーの遺作。とっくに死んだはずの文学者、セリーヌが生きていて、その男が本物かどうかを調べろという依頼を受け、奔走するダメ探偵、ビレーン。加えて舞い... もっと読む

勝手に生きろ!

61
3.38

感想・レビュー

ハードボイルドで読みやすい もっと読む

ポスト・オフィス

55
3.45

感想・レビュー

『パルプ』よりずっと現実的。主人公はガラは悪いが仕事を選ばず、むしろ意外なほど献身的だし潜在能力も高い。とはいえ態度が悪いため全く評価されないし、本人も諦... もっと読む
全37アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする