テツオ・ナジタのおすすめランキング

プロフィール

1936年、ハワイ生まれ。ハーバード大学大学院でPh.D取得。シカゴ大学歴史学部教授を経て、シカゴ大学座名誉教授。
【主著】
Hara Kei in the Politics of Compromise, 1905-1915, (Harvard University Press, 1967); 佐藤誠三郎監修・安田志郎訳『原敬――政治技術の巨匠』(読売新聞社 1974)。
Visions of Virtue in Tokugawa Japan: the Kaitokudo Merchant Academy of Osaka, (University of Chicago Press, 1987); 子安宣邦訳『懐徳堂――18世紀日本の「徳」の諸相』(岩波書店 1992)、平野克弥他編訳『Doing思想史』(みすず書房 2008)。
Ordinary Economies in Japan: a Historical Perspective, 1750-1950, (University of California Press, 2009).

「2013年 『明治維新の遺産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

テツオ・ナジタのおすすめランキングのアイテム一覧

テツオ・ナジタのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『相互扶助の経済――無尽講・報徳の民衆思想史』や『明治維新の遺産 (講談社学術文庫)』や『懐徳堂―18世紀日本の「徳」の諸相 (NEW HISTORY)』などテツオ・ナジタの全10作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

明治維新の遺産 (講談社学術文庫)

40
3.40
テツオ・ナジタ 2013年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

徳川時代から続く官僚制を日本独特の政治体制であるとの論点で幕末、明治維新、昭和維新を考察している。 以下引用~ ・(徳川の時代)土地か武士身分かの... もっと読む

原敬―政治技術の巨匠 (1974年) (読売選書)

8
4.20

感想・レビュー

ドラマチックな大正政変!広告通り生き生きとした活写の史料。 特に第三次桂内閣崩壊時は、政治家達の行動の考察が小説みたいで楽しかったです。 書き方がいい... もっと読む
全10アイテム中 1 - 10件を表示
ツイートする
×