テネシー・ウィリアムズの電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧

プロフィール

1911-1983。アメリカ合衆国ミシシッピ州生まれの劇作家。約60の戯曲と2冊の詩集を出版している。1944年に『ガラスの動物園』がブロードウェイで大成功を収め、1948年には『欲望という名の電車』で、1955年には『熱いトタン屋根の猫』でピューリツァー賞を受賞している。

「2019年 『西洋能 男が死ぬ日 他2篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

テネシー・ウィリアムズの電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧のアイテム一覧

テネシー・ウィリアムズの電子書籍のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で電子書籍が並んでいます。
Amazon KindleやBookLive!、ブックパスなどで発売されている『ガラスの動物園 (新潮文庫)』や『欲望という名の電車 (新潮文庫)』や『やけたトタン屋根の猫 (新潮文庫)』などテネシー・ウィリアムズの全45作品から、ブクログユーザの本棚登録数が多い電子書籍がチェックできます。

ガラスの動物園 (新潮文庫)

670
3.69

感想・レビュー

ほぼ家の中のワンシーンだけで完結する内容なのに、グサッと胸に突き刺さるものがあります。戯曲の形式であるから、室内劇でも感情の動きだけでここまで魂を揺さぶら... もっと読む

欲望という名の電車 (新潮文庫)

605
3.61

感想・レビュー

現実に対して無力でしか存在しえない人間もいるのかなと、ただただ脱力させられる。 後半のスタンリーがブランチを襲うシーンはスタンリーでなくブランチの欲望とし... もっと読む

やけたトタン屋根の猫 (新潮文庫)

54
4.00

感想・レビュー

焼けたトタン屋根の上でじっと愛を待って、愛をもとめてとびかかるヒロインを描いた戯曲です。 より詳しくは http://d.hatena.ne.jp/... もっと読む

欲望という名の電車

44
3.31

感想・レビュー

ニューオーリンズ、アメリカなどを舞台とした作品です。 もっと読む

テネシー・ウィリアムズ しらみとり夫人・財産没収ほか (ハヤカワ演劇文庫 6)

40
4.67

感想・レビュー

幻想的で静かな『ガラスの動物園』と現実主義的で熱狂的な『欲望という名の電車』というテネシー・ウィリアムズの対照的な2つの代表作の間を埋める戯曲集。この戯曲... もっと読む

呪い (白水Uブックス (68))

33
3.45

感想・レビュー

片腕‥‥元ボクサーのウリしてるオリヴァは殺人容疑で死刑囚となる。彼を買った男たちから彼を惜しむ手紙が届く。それに文才を開花させ返信し、その手紙を太ももに挟... もっと読む

欲望という名の電車 (新潮文庫)

21
3.88

感想・レビュー

ニューオーリンズ、アメリカなどを舞台とした作品です。 もっと読む

さけび

7
4.00

感想・レビュー

劇団員に愛想尽かしされたらしき男女二人が芝居を始める。内容は両親が事件を起こした家で外へ出るに出られず引き籠っている兄妹というもの。しかし、どうやら現実の... もっと読む

薔薇のいれずみ

7
4.50

感想・レビュー

薔薇のいれずみ 文庫 ? 1973 テネシー・ウィリアムズ (著), 田島 博 (翻訳) もっと読む

欲望という名の電車

5
浅野寛厚 1979年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ニューオーリンズ、アメリカなどを舞台とした作品です。 もっと読む

テネシー・ウィリアムズ回想録

4
3.67

感想・レビュー

極めて露悪的で、偽悪的(偽なのか?)な回想録。彼の作品と同等、それ以上にひとりの人間が取り巻く状況に翻弄され打ちひしがれる様がうかがえて楽しめた。 もっと読む
全45アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする