ディケンズのおすすめランキング

ディケンズのおすすめランキングのアイテム一覧

ディケンズのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『クリスマス・カロル (新潮文庫)』や『大いなる遺産 (上巻) (新潮文庫)』や『クリスマス・キャロル (新潮文庫)』などディケンズの全132作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

クリスマス・カロル (新潮文庫)

1264
3.59
ディケンズ 1952年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

グリンチのように、クリスマスが嫌いで 人が嫌いで世間が嫌い。 頑なに人を寄せつけず、お金だけを 掴んで離さないスクルージ老人。 クリスマスも近... もっと読む

大いなる遺産 (上巻) (新潮文庫)

673
3.65
ディケンズ 1951年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

片田舎の少年が、突然莫大な遺産相続の見込みを告げられ、一躍紳士となりロンドンへと生活の場を変える。そしてこの変化は彼の内面をも徐々に変化させていく。しかし... もっと読む

クリスマス・キャロル (新潮文庫)

648
3.77
ディケンズ 2011年12月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作品の感想は岩波少年文庫版の方に書いたので、ここでは主に翻訳について記す。 ▼岩波少年文庫『クリスマス・キャロル』感想: http://booklog.j... もっと読む

クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)

593
3.62
ディケンズ 2006年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっと早いけれどクリスマス気分で。強欲で冷淡な嫌われ者スクルージの人物描写がすごい。酷い。でも極端に悪い表現をしているからこそ、後の人間愛を取り戻したス... もっと読む

二都物語 (上巻) (新潮文庫)

533
3.48
ディケンズ 1967年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ディケンズ作品の中では読みやすい方ではないかと思います。人物達の個性が強すぎず、文体の回りくどさもほどほどです。 フランス革命時のロンドンとパリを舞台と... もっと読む

大いなる遺産 (下巻) (新潮文庫)

498
3.74
ディケンズ 1951年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロンドンでいつしか放蕩な生活を送るようになったピップ。ロンドンにやって来たエステラとの再会にも心は晴れず、次第に倦んでく。やがて突然に謎の人物が目前に現れ... もっと読む

二都物語 (下巻) (新潮文庫)

424
3.57
ディケンズ 1967年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランス革命の描写にちょっとディケンズの皮肉っぽい目を感じてしまいますが、狂気のような運命に巻き込まれていく貴族達と彼らを追い詰めていく市民達。一族の罪を... もっと読む

ディケンズ短篇集 (岩波文庫 赤 228-7)

292
3.62
ディケンズ 1986年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ディケンズ短篇集。 ディケンズといえば長編作が多い。でも短篇も秀作が多く楽しめる。 注目したものをいくつか。 「墓掘り男をさらった鬼の話」。クリ... もっと読む

エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談 ---憑かれた鏡 (河出文庫)

247
3.56
ディケンズ 2012年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ディケンズやスティーヴンスンも名を連ねるクラシック・ホラーの短編集。物語自体にはあまりひねりはないが、品がある。全体のまとめ役となっているゴーリーの暗い線... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド〈2〉 (岩波文庫)

126
3.72
ディケンズ 2002年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どん底生活からようやく抜け出したデイヴィッド.学校にも通い,スティアフォースやエミリーと再会を果たし,また新しい出会いもあった10代(?)を描くのが2巻.... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド〈3〉 (岩波文庫)

118
3.73
ディケンズ 2002年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詳しいまとめは5巻で。 あぁ、懐かしや、ドラトルズ! そして、ユライア・ヒープのねちっこい気持ち悪さが 一層際立ちはじめる…! もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド〈5〉 (岩波文庫)

110
3.83
ディケンズ 2003年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説ってやっぱり面白いんだな~と安心する。 作中、コパフィールドが昔馴染みから「あんたの小説は眠くならない」と評されて、それは大切なことだって再認識する... もっと読む

デイヴィッド・コパフィールド〈4〉 (岩波文庫)

106
3.74
ディケンズ 2003年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詳しいまとめは5巻で。 4巻を読んでいるときの私は、 「ごめん、今ユライア・ヒープの件で大変なの…」 と言う感じ。 気がかりな案件を抱えて... もっと読む

クリスマス・キャロル (まんがで読破)

100
3.93
ディケンズ マンガ 2009年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まんがで読破を読破するシリーズ。 ケチな守銭奴がクリスマスイブに聖霊によって、このままだったらどうなるかっていう見せられて、心を入れ替えてクリスマスを過... もっと読む

オリバー・ツイスト(上) (角川文庫)

87
3.35

感想・レビュー

翻訳のせいか、とっても読みにくい。 読みにくいのにそれを上回るぐらいに、主人公の小さな男の子のどん底の人生の始まりの物語が悲惨すぎて読み進めずにいられま... もっと読む

大いなる遺産(上) (岩波文庫)

59
3.94
ディケンズ 2014年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初読 クリスマスキャロル以外読んだ事ないんだよね… なんだろう、翻訳のせいなのか…すごく読みにくい。 結構苦痛だけど頑張って読んでるw 状況自体が凄くわ... もっと読む

オリヴァ・ツウィスト (上) (岩波文庫)

58
3.48
ディケンズ 1956年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

事実上の初ディケンズ。児童向けのクリスマス・キャロルはざっと読んだことがあるのだが、長編をちゃんと読むのはこれが初めてなので。 第一章から特有のまわ... もっと読む

オリヴァ・ツウィスト (下) (岩波文庫)

48
3.31
ディケンズ 1956年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後半にかけて息もつかせぬ展開。一気に読み終えた。 巻末の解説によれば、社会改良の志に燃えたディケンズはこの作品を通して現実社会の悪を追求しようとした... もっと読む

二都物語 上 (古典新訳文庫)

48
3.63
ディケンズ 2016年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひたすら伏線を撒いて後半恋愛話に持ってっておわり... そんな感じ もっと読む

荒涼館(一) (岩波文庫)

45
3.75
ディケンズ 2017年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何とも饒舌。話の進みが… もっと読む
全132アイテム中 1 - 20件を表示

ディケンズに関連する談話室の質問

ツイートする