デヴィッド・グレーバーのおすすめランキング

プロフィール

1961年ニューヨーク生まれ。ニューヨーク州立大学パーチェス校卒業。シカゴ大学大学院人類学研究科博士課程(1984-1996)修了、PhD(人類学)。イェール大学助教授、ロンドン大学ゴールドスミス校講師を経て、2013年からロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授。2020年死去。
訳書に、『アナーキスト人類学のための断章』(2006 年)、『負債論──貨幣と暴力の5000 年』(2016 年)、『官僚制のユートピア』(2017年、共に以文社)、『ブルシット・ジョブ──クソどうでもいい仕事の理論』(2020年、岩波書店)ほか。
日本語のみで出版されたインタビュー集として『資本主義後の世界のために──新しいアナーキズムの視座』(以文社、2009 年)がある。
著書に、Lost People: Magic and the Legacy of Slavery in Madagascar (Indiana University Press, 2007), Direct Action: An Ethnography (AK Press, 2007). ほか多数。
マーシャル・サーリンズとの共著に、On Kings (HAU, 2017, 以文社より刊行予定)、またグレーバーの遺作となったデヴィッド・ウェングロウの共著に、The Dawn of Everything(Farrar Straus & Giroux, 2021)がある。

「2022年 『価値論 人類学からの総合的視座の構築』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デヴィッド・グレーバーのおすすめランキングのアイテム一覧

デヴィッド・グレーバーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論』や『負債論 貨幣と暴力の5000年』や『万物の黎明 人類史を根本からくつがえす (翻訳)』などデヴィッド・グレーバーの全18作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論

3335
3.62

感想・レビュー

人類学者でありアナキスト活動家でもあるデヴィッド・グレーバー(1961-)による現代社会への問題提起の書、2018年。 学生時代に、書店で『アナーキ... もっと読む

負債論 貨幣と暴力の5000年

770
3.93

感想・レビュー

 著者は言う。「本書でわたしが試みたのは、次代の展望を提示することではなく、わたしたちの視野を開放し、わたしたちの可能性についての感覚を拡大することであっ... もっと読む

万物の黎明 人類史を根本からくつがえす (翻訳)

565
4.29

感想・レビュー

【はじめに】 『万物の黎明』(The Dawn of Everything)と銘打たれた本書は、考古学および人類学的な最新の知見から過去人類がどのようにし... もっと読む

ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論

530
3.60
デヴィッド・グレーバー 電子書籍 2020年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20世紀初めにはテクノロジーの進化で「21世紀には人類は週15時間働けば良いようになる」と言われた。しかし歴史はその選択をせず、現代の我々はより多くの時間... もっと読む

官僚制のユートピア テクノロジー、構造的愚かさ、リベラリズムの鉄則

407
3.54

感想・レビュー

原題は『規則のユートピア』、2015年の著作。本文は約320ページ。 まず、序文にて現代のグローバル化社会の本質を以下のように説明する。 「グロー... もっと読む

アナーキスト人類学のための断章

339
3.72

感想・レビュー

同著者の『ブルシット・ジョブ』を読んでいたこと、最近読んだ『くらしのアナキズム』で紹介されていたことが本書を手に取るきっかけになった。著者によって「思考の... もっと読む

民主主義の非西洋起源について:「あいだ」の空間の民主主義

320
4.04

感想・レビュー

原題は「西洋など存在したためしはない あるいは、民主主義はあいだの空間から生まれる」。タイトル通りのテーマで「西洋」を冠する文明のいかがわしさを指摘し、民... もっと読む

未完の資本主義 テクノロジーが変える経済の形と未来(「世界の知性」シリーズ) (PHP新書)

247
3.54

感想・レビュー

最悪のシステムの中の最善のシステムである、資本主義について、情報技術によってますます加速し、変容をしていく先に何が待っているのか。2019年の断面で7名の... もっと読む

万物の黎明~人類史を根本からくつがえす~

223
4.44
デヴィッド・グレーバー 電子書籍 2023年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはとてつもないポテンシャルを持った本だ。 本の帯にあるこれまでの「人類史を根本からくつがえす」という謳い文句にはいささかの誇張もない。 人類学者グレ... もっと読む

価値論 人類学からの総合的視座の構築

152
3.00

感想・レビュー

 20年に亡くなったデヴィッド・グレーバーの最初の書籍が邦訳。  相変わらずめっちゃ分厚いグレーバーの本をようやく読み終えてから気づいたのだが、この... もっと読む

負債と信用の人類学 人間経済の現在

97
箕曲在弘 2023年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

https://cool.obirin.ac.jp/opac/volume/921949 もっと読む

改革か革命か 人間・経済・システムをめぐる対話

87
3.63

感想・レビュー

素人が手を出すには難しい一冊だった。資本主義経済に革命を起こしゼロから新しいシステムを構築すべきか、今のシステムを改革し変化を遂げていくかという議論。 ... もっと読む

デモクラシー・プロジェクト

58
4.00

感想・レビュー

311.7A/G75d//K:東2法経図・6F開架 もっと読む

女たちの中東 ロジャヴァの革命 ―民主的自治とジェンダーの平等―

43
4.00

感想・レビュー

2020年度第1回見計らい図書 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=... もっと読む

未完の資本主義 テクノロジーが変える経済の形と未来 (PHP新書)

34
3.86
ポール・クルーグマン 電子書籍 2019年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

資本主義の未来のかたち。テクノロジーが何か大きな影響を及ぼしている姿を思い浮かべることは出来るのですが、実際にどうなっているのか、なかなかに推測することす... もっと読む

ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論

2
やりがいを感じないまま働く.ムダで無意味な仕事が増えていく.人の役に立つ仕事だけど給料が低い――それはすべてブルシット・... もっと読む
全18アイテム中 1 - 18件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×