デヴィッド・フォスター・ウォレスのおすすめランキング

プロフィール

イリノイ州で育ち、少年時代はテニス選手。アムハースト大学で様相論理と数学を専攻、25歳で書いた処女長編「システムの箒」で作家デビューする。アリゾナ大学創作学科で修士課程を修了、ハーバード大学哲学科に移るが、鬱病で中退。詩人作家メアリー・カーとの恋愛を経て、95年に1076ページの長編「無限の道化」を完成させた。ほか短編集「奇妙な髪の少女」「ビブリビオン」「醜男たちとの短いインタビュー」、超限数論の「万物とそれ以上」、エッセー集「ロブスター考」「僕が二度としない面白そうなこと」。共著で音楽論「ラップという現象」もある。未完の長編「蒼白の王」を残して自殺した。

「2018年 『これは水です』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デヴィッド・フォスター・ウォレスのおすすめランキングのアイテム一覧

デヴィッド・フォスター・ウォレスのおすすめ作品のランキングです。

これは水です

584
3.76

感想・レビュー

「銃で自殺する大人の ほとんどが 撃ち抜くのは…… 頭部なのですが すこしもこれは偶然ではない こうして自殺する人の大半は、 じつは引き金をひく前から ... もっと読む
全1アイテム中 1 - 1件を表示
ツイートする
×