デービッド・アトキンソンのおすすめランキング

プロフィール

デービッド・アトキンソン
小西美術工藝社社長
小西美術工藝社社長
1965年イギリス生まれ。日本在住31年。オックスフォード大学「日本学」専攻。裏千家茶名「宗真」拝受。
1992年ゴールドマン・サックス入社。金融調査室長として日本の不良債権の実態を暴くレポートを発表し、注目を集める。2006年に共同出資者となるが、マネーゲームを達観するに至り2007年に退社。2009年創立300年余りの国宝・重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社に入社、2011年同社会長兼社長に就任。2017年から日本政府観光局特別顧問を務める。
『日本人の勝算』『デービッド・アトキンソン 新・観光立国論』(山本七平賞、不動産協会賞受賞)『新・生産性立国論』(いずれも東洋経済新報社)など著書多数。2016年に『財界』「経営者賞」、2017年に「日英協会賞」受賞。

「2020年 『日本企業の勝算』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デービッド・アトキンソンのおすすめランキングのアイテム一覧

デービッド・アトキンソンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義』や『デービッド・アトキンソン 新・観光立国論』や『デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論』などデービッド・アトキンソンの全43作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

1255
4.16

感想・レビュー

人口がますます減少する日本で、GDPを上げるには生産性向上しかない。それを企業の自助努力に頼っている時間はない。政府が主導し、なかば強制的に生産性向上に突... もっと読む

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論

1166
4.10

感想・レビュー

長年、日本に在住するイギリス人アナリストの著者による、日本が「観光立国」になるための提言。事実を客観的に分析するという手法を使って、日本が「観光立国」にな... もっと読む

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

591
3.67

感想・レビュー

2015年 購買力調整後一人当たりGDP 世界27位、シンガポールの半分以下でアジアでは香港、台湾に次ぐ第四位ながらすぐ下に韓国が迫る。労働者一人当たり... もっと読む

イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る 雇用400万人、GDP8パーセント成長への提言 (講談社+α新書)

576
3.98

感想・レビュー

タイトルから妄想 「元ゴールドマン・サックスの凄腕の人が日本の国宝に魅せられて…はたまた日本の美術品か寺社仏閣の修復する会社の跡取り娘と恋愛して苦労しな... もっと読む

世界一訪れたい日本のつくりかた

380
3.85

感想・レビュー

日本をこよなく愛してくれている外国人や、文化や芸術に造詣の深い海外の方など、日本政府はサポートジャパンとして協力をお願いしもっと活躍していただける場を提供... もっと読む

デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論

371
4.09

感想・レビュー

経済的生産性の話かと思ったが、日本人の稚拙で低次元な論理思考について考察されており、ビジネス一般でも応用の効く考え方が、エピソードとともに示唆されている。... もっと読む

イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」 (講談社+α新書)

313
3.53

感想・レビュー

日本人が一般的に「強み」だと主張しているところに、論理性が足りないこと(=wooly thinking)、客観性が足りないことが数字を基に検証されているの... もっと読む

国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか (講談社+α新書)

247
4.09

感想・レビュー

本書の前著に当たる『日本人の勝算』は素晴らしい本で、私は昨年の私的ベストテンにも選んだほど。 本書はその8ヶ月後に刊行されたもので、悪い本ではないの... もっと読む

国宝消滅

201
3.75

感想・レビュー

繰り返しの内容が多く、くどく感じる部分もあるが、データや論理がしっかりしていて説得力があった。 もっと読む

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

138
4.09
デービッド・アトキンソン 電子書籍 2015年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「おもてなし」が海外に評価されているのは、大いなる勘違いである。 耳の痛い指摘だが、このズレから見直す事が観光立国・大国への道である事は、本書を読んで痛感... もっと読む

日本人の勝算―人口減少×高齢化×資本主義

138
4.00
デービッド・アトキンソン 電子書籍 2019年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生産性を向上するには最低賃金の引き上げが必要であることを説いた本。 なぜ、日本は生産性向上に力を注がなければいけないのか。その意味と対策が本書に書か... もっと読む

デービッド・アトキンソン 日本再生は、生産性向上しかない! (ASUKA SHINSHA双書)

114
3.72

感想・レビュー

観光産業と生産性向上とがなんかこんがらがってるように思える もっと読む

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論―潜在能力を活かせない「日本病」の正体と処方箋

84
3.96
デービッド・アトキンソン 電子書籍 2016年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本はまだまだ潜在能力を発揮していないことには賛同する。大好きな日本だからこそする愛のムチだ。やればできる子たちばかりなのに。もっと力を合わせればみんなで... もっと読む

日本企業の勝算: 人材確保×生産性×企業成長

72
4.33

感想・レビュー

デービット・アトキンソンの最新本ということでさっそく購入。 買う本減らしてるんだけど、まあたまにはいいよね。 とりあえず日本企業の生産性が低い... もっと読む

国宝消滅―イギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機

40
4.10
デービッド・アトキンソン 電子書籍 2016年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

観光産業を日本経済の柱にするには、文化財が陥っている窮地を知り対策を立てるべきだと提言した本。 日本各地にある文化財は重要な観光資源。訪日外客の方々... もっと読む

イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」 (講談社+α新書)

36
3.73
デービッド・アトキンソン 電子書籍 2015年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者のアトキンソン氏を知ったのは、何かの番組だったような気がするがはっきり覚えていない。ただ、内容に惹かれて読み進んだ。  私は経済学には明るくないので... もっと読む

世界一訪れたい日本のつくりかた―新・観光立国論【実践編】

32
3.75
デービッド・アトキンソン 電子書籍 2017年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめにー観光はもっとも「希望のある産業」である 第1章 日本の「実力」はこんなものじゃない 第2章 「どの国から来てもらうか」がいちばん大切 第3章 お... もっと読む

国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか (講談社+α新書)

22
4.33
デービッド・アトキンソン 電子書籍 2019年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

急激な人口減少が進む中、日本経済が再び輝くために必要なのが「中小企業改革を軸とした生産性向上(賃金の向上)」であることを説いた本。 先進国に先駆けて... もっと読む
全43アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする