トゥルゲーネフのおすすめランキング

プロフィール

ロシア中部オリョールに、地主貴族の息子として生まれる(1818-1883)。
『猟人日記』(1847-51)で農奴制を批判し投獄される。父子の世代対立や農奴解放などの社会的テーマ、および自伝を背景にした作品を多く残す。日本では二葉亭四迷によって翻訳・紹介され、大きな影響を与えた。代表作『余計者の日記』(1850)、『貴族の巣』(1859)、『父と子』(1862)など。

「2018年 『First Love はつ恋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トゥルゲーネフのおすすめランキングのアイテム一覧

トゥルゲーネフのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『初恋 (光文社古典新訳文庫)』や『初恋 (光文社古典新訳文庫)』や『First Love はつ恋 (金原瑞人 MY FAVORITES)』などトゥルゲーネフの全6作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

初恋 (光文社古典新訳文庫)

603
3.58
トゥルゲーネフ 2006年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読後、私より先に読み終えた父から「カルピスみたいな味やと思ったやろう、どぶろくやで。」と名言を頂いた。 もっと読む

初恋 (光文社古典新訳文庫)

20
3.40
トゥルゲーネフ 電子書籍 2006年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋をしているときの、あのなんとも言えない苦しさやもどかしさ、そういったものがとても克明に描かれながら進んでいく、なかなか強烈な終わり方をする初恋の物語。 ... もっと読む
全6アイテム中 1 - 6件を表示
ツイートする