トマス・ハリスのおすすめランキング

プロフィール

ウィリアム・トマス・ハリス三世(William Thomas Harris III)
1940年テネシー州ジャクソン生まれ、テキサス州ウェイコのベイラー大学(Baylor University)卒業。地方紙記者を経てAP通信社でレポーター兼編集者に。この期間中の知見が小説の機縁となる。
著作は現在5作。映画化もされた『ブラック・サンデー』をはじめ、「ハンニバル・レクター」シリーズの『レッド・ドラゴン』、ブラム・ストーカー賞を獲得した『羊たちの沈黙』に、『ハンニバル』、『ハンニバル・ライジング』。

トマス・ハリスのおすすめランキングのアイテム一覧

トマス・ハリスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『羊たちの沈黙 (新潮文庫)』や『ハンニバル〈上〉 (新潮文庫)』や『ハンニバル〈下〉 (新潮文庫)』などトマス・ハリスの全19作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

羊たちの沈黙 (新潮文庫)

2045
3.82

感想・レビュー

壁一枚を隔てての殺人犯との対面、という導入が堪らなくクール。好き。 森博嗣の「すべF」もそうですが、彼岸の存在として描かれる天才と、此岸(読者側)の存在と... もっと読む

ハンニバル〈上〉 (新潮文庫)

1692
3.62
トマス・ハリス 2000年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 満を持して、レクター博士を主軸に置いた物語である。  冒頭を読むとアクション方面に風景が変わった?と驚くのだが、いやいやそれは猫だましのようなもので、... もっと読む

ハンニバル〈下〉 (新潮文庫)

1466
3.58
トマス・ハリス 2000年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

レクターシリーズのうち、時系列的には最後にあたるものである。レクター博士が、その天才性・異常性をいささかも衰えることなく発揮してくれている一方で、そのレク... もっと読む

ハンニバル・ライジング 上巻 (新潮文庫)

810
3.31
トマス・ハリス 2007年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不思議なのは表紙の写真 上下巻とも角度を変えて撮影されたミケランジェロのダヴィデ像 読み進んでも 何を意味しているのかが解らない。ふと表紙裏に撮影者の名... もっと読む

ハンニバル・ライジング 下巻 (新潮文庫)

734
3.30
トマス・ハリス 2007年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

謎は謎のままである方が美しかったりするのかしら、と思わずにはいられませんでした。 上巻ではハンニバル少年の過去の記憶と紫夫人との交流が描かれ、 下巻ではハ... もっと読む

レッド・ドラゴン 決定版〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

564
3.40

感想・レビュー

凄絶きわまるシーンから下巻へと続く。 レクター博士の登場が少なくてイマイチ。 このシーリーズはやはりレクター博士の大胆で精緻で冷酷でそれでいてぶっ... もっと読む

羊たちの沈黙〈上〉 (新潮文庫)

503
3.80
トマス・ハリス 2012年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サイコサスペンス。ミステリ。 クラリスとレクター博士の会話が面白い。 『森博嗣のミステリィ工作室』によると、『すべてがFになる』の冒頭は、この作品に影... もっと読む

レッド・ドラゴン 決定版〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)

468
3.38
トマス・ハリス 2002年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻を終え、下巻に突入。 すると一気にストーリーがするすると入ってくるし登場人物のキャラクターが納得できるし、まさかの驚かされもあって楽しくうち震えなが... もっと読む

レツド・ドラゴン〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

393
3.45

感想・レビュー

序盤で登場する犯人側の視点と交互に展開する構成にそわそわ。描写に脈があがる。 しかし、言い回しが古くて(1989年初版だって!しょうがないか。)まさに英... もっと読む

羊たちの沈黙〈下〉 (新潮文庫)

378
3.97
トマス・ハリス 2012年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

凶悪殺人者レクター博士の、人を分析する才能に感心させられる。 彼に学んだスターリング捜査官。その甲斐あって連続女性誘拐殺人犯を捉える。 彼女はレクター... もっと読む

レッド・ドラゴン〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)

355
3.45

感想・レビュー

犯人の回想シーンと、実は死んでませんでした的な部分が単純で面白く無いな。せっかく実は死んでないをやるのなら、そこからもう一山ないと、こいつは何のために再登... もっと読む

ブラックサンデー (新潮文庫)

253
3.49
トマス・ハリス 1979年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「羊たちの沈黙」で有名なトマス・ハリスのデビュー作。 911の起きる前、ベトナム戦争の終わったあとのテロリストとそれをおう諜報機関とのいわゆるアク... もっと読む

レッド・ドラゴン〔新訳版〕 上 (ハヤカワ文庫NV)

81
3.82
トマス・ハリス 2015年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新訳版を読んでいたのだが、実は旧訳版を読んでいたことに途中で気付いた…… こんなにすごい作品を読んでいたことを忘れていたなんて。 映画だって見たし... もっと読む

レッド・ドラゴン〔新訳版〕 下 (ハヤカワ文庫NV)

63
3.61
トマス・ハリス 2015年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめに、この作品が1981年発表ということに驚いた。 全く古さを感じさせない! トマス・ハリスにしか書けない世界観。 素晴らしかったです。 ... もっと読む

レッド・ドラゴン―シナリオ・ブック (新潮文庫)

38
3.25

感想・レビュー

ハヤカワの上下も呼んだけど、間違って購入してしまったので、こちらも読了。映画観ないのでわかりやすかったけど、やっぱり本の方がいいですね。 もっと読む

レッド・ドラゴン (ハヤカワ・ノヴェルズ)

19
3.75

感想・レビュー

章だてを細かくして、話にメリハリをつけているのがわかる。 スピーディーに、効果的にストーリーが進むので、 緊張感を途切らせることなく読める。 もっと読む
全19アイテム中 1 - 19件を表示

トマス・ハリスに関連する談話室の質問

ツイートする