トルーマン・カポーティのおすすめランキング

トルーマン・カポーティのおすすめランキングのアイテム一覧

トルーマン・カポーティのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ティファニーで朝食を (新潮文庫)』や『冷血 (新潮文庫)』や『ティファニーで朝食を』などトルーマン・カポーティの全49作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ティファニーで朝食を (新潮文庫)

5939
3.70

感想・レビュー

映画版は途中で投げ出した。 高校生の頃、自由奔放で殿方を弄ぶヒロインに嫌気がさし"Moon River"を聴かぬまま電源を切ってしまったのだ。銀幕のHol... もっと読む

冷血 (新潮文庫)

2847
3.75

感想・レビュー

カポーティ まず『冷血』を読んだ。事実を調べて書いた「ノンフィクション・ノベル」というそうだが、まったくの創作のようにな構成で、この作家の天才的な魅... もっと読む

ティファニーで朝食を

1747
3.60

感想・レビュー

抱いていたイメージ(映画の宣伝?の写真の、上品なオードリー・ヘップバーンのイメージ)とそもそも話の筋からして全然違った!ホリーかわいい。かわいくてかなしい... もっと読む

夜の樹 (新潮文庫)

1747
3.77

感想・レビュー

これは春頃に読んだよしもとばななさんの「アムリタ」に出てくる小説で(と言っても会話にちらっと出てくるだけなんだけど)そのときに気になって購入したまま積ん読... もっと読む

誕生日の子どもたち (文春文庫)

1047
3.84

感想・レビュー

この本は寂しい。寂しくて息ができないほど。私が味わったこれまでのいくつかの別れを、もう一度再生するようです。 だれかとの別れが心に空洞をつくるのは、共に包... もっと読む

草の竪琴 (新潮文庫)

663
3.65

感想・レビュー

もう10年以上、何度も読み返している愛おしい作品。 人物、エピソード、台詞、どれも魅力的。 少年の成長を描いた作品は多いだろうけれど、大人になるまさにその... もっと読む

クリスマスの思い出

619
4.00

感想・レビュー

一見、貧しくて外の世界と遮断された暮らしであっても、大自然の中から人生の機微を見いだし、外の世界とも繋がっているという心の豊かさに魅力を感じた。豪華な食事... もっと読む

叶えられた祈り (新潮文庫)

483
3.33

感想・レビュー

皆さんが仰るように読んでいて苦しいなと思ったのが、正直な感想ですが この様な衝撃的な内容の事は嘘ではなく、現実に起こっているんだろうと思うとアメリカの銃社... もっと読む

カポーティ短篇集 (ちくま文庫)

425
3.50

感想・レビュー

一つひとつの言葉のもつ意味が、そっと開花していった 。 たとえば、音や香り。 タンバリンを打つような風。落ち葉の中に落ちたぶどうの香りで、あたりの空気まで... もっと読む

カメレオンのための音楽 (ハヤカワepi文庫)

354
3.66

感想・レビュー

マキヒロチ「いつかティファニーで朝食を」7巻に触発されて。うつくしい子ども、カメレオンのための音楽、モハーベ砂漠、のみ読了。マリリン・モンローとカポーティ... もっと読む

あるクリスマス

343
3.64

感想・レビュー

再読 クリスマス時期になると読み返す。 今年はクリスマス当日に。 毎年、twitterでサンタ業務を終えた親達による 子供達のクリスマスの... もっと読む

誕生日の子どもたち

281
3.67

感想・レビュー

何この日常系のネタは。という、勝手に想像するアメリカ人の普通っぽい暮らしを描写しているだけ、って気もするのにいや嫌いじゃないな。要はどういうふうに表現して... もっと読む

冷血

217
3.59

感想・レビュー

☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆ http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib... もっと読む

おじいさんの思い出

215
3.66

感想・レビュー

少年のように祖父母とずっと暮らしたいというピュアな期待や望みを持っていても、それらをあきらめなくてはいけない時が必ずだ誰にでもやってきて、その時の言葉で表... もっと読む

真夏の航海 (講談社文庫)

176
3.27

感想・レビュー

一瞬で、気だるい昔のニューヨークにトリップする。安西水丸さんは、イラストレーターだと認識していたのだけれど、翻訳はとても鮮やかでわたしの知っているカポーテ... もっと読む

ここから世界が始まる: トルーマン・カポーティ初期短篇集

152
3.71

感想・レビュー

ここから世界が始まる。最後の短篇のタイトル、それこそがこの一冊を物語るすべてだった。一篇わずか数ページ、過剰に説明されずすべてを語らず、覚えのある感情は痛... もっと読む

ここから世界が始まる (新潮文庫 カ 3-9)

105
3.82

感想・レビュー

Outside of society 村上春樹が解説で書いているように天才作家の天才的習作という表現がぴったり。 全部を一気に読むのがもったいなくて... もっと読む

ローカル・カラー/観察記録―犬は吠える〈1〉 (ハヤカワepi文庫)

98
3.67

感想・レビュー

「ローラ」はカポーティを知らなくてもいけるから読んでくれ、とか、「白バラ」はカポーティの魅力が溢れているから読んでくれ、とか色々言いたいことはあるのだけれ... もっと読む

真夏の航海

97
3.14

感想・レビュー

カポーティの処女作。これを十代で書いたとは信じられない。 彼の作品の登場人物はみんな何かが欠けていて、関係する人たちにそれを満たしてもらおうとして、結局悲... もっと読む

ティファニーで朝食を(新潮文庫)

87
3.88
トルーマン・カポーティ 電子書籍 2008年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっと前に読んで、ブッククラブの7番目の男に献上してからしばらく経って再読の1冊。 表題作しか読んでなくて、あとに続く短編がこんなにすごいなんて聞... もっと読む
全49アイテム中 1 - 20件を表示

トルーマン・カポーティに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×