トーマスマンのおすすめランキング

トーマスマンのおすすめランキングのアイテム一覧

トーマスマンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す (新潮文庫)』や『魔の山〈上〉 (岩波文庫)』や『ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫)』などトーマスマンの全22作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す (新潮文庫)

686
3.59
トーマス・マン 1967年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題二篇が収録された本作。『ヴェニスに死す』が読みたくて手に取りました。 初老の芸術家アシェンバハは旅行先のヴェネツィアに滞在していたところ、同じホテル... もっと読む

魔の山〈上〉 (岩波文庫)

628
3.65
トーマス・マン 1988年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書日:2017年3月1日-5日,3月20日-26日. Original title:Der Zauberberg. Author:Paul Thomas... もっと読む

ヴェネツィアに死す (光文社古典新訳文庫)

198
3.33
トーマス・マン 2007年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

濃厚な死の気配。 老作家、アッシェンバッハを魅了して止まなかった青白い顔をした美少年タッジオ。彼は、性別や生死をも超越したような存在に思えた。 もっと読む

だまされた女/すげかえられた首 (光文社古典新訳文庫)

94
3.12
トーマス・マン 2009年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

翻訳者の岸美光さんの講演を聴きに行くにあたり読んだ。正直『魔の山』を読んだときに「もうトーマス・マンを読むことは生涯あるまい」と思ったのだけど。 登場人... もっと読む

詐欺師フェーリクス・クルルの告白〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

82
3.67
トーマス・マン 2011年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幼少時から生来の美貌と感受性で人に取り入り、とある貴族の子息に成りすまして世界中を漫遊した詐欺師クルルの半生…のはずなのだが、しかし、小説はクルルが出発地... もっと読む

詐欺師フェーリクス・クルルの告白(下) (光文社古典新訳文庫)

62
3.75
トーマス・マン 2011年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ユングやアーレントなど、ドイツ語圏の本を読んでいるうちに、なんとなくトーマス・マンにたどりつく。 マンは、北杜夫経由で読み出して、高校時代にハマって... もっと読む

講演集 ドイツとドイツ人 他五篇 (岩波文庫)

59
3.46
トーマス・マン 1990年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有名なナチズムとの対決/への警告…「理性に訴える」(1930年)、「ボン大学との往復書簡」(1937年)を含む。3刷7月。図書館本。248 もっと読む

ゲーテとトルストイ (岩波文庫)

38
3.67
トーマス・マン 1992年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトル通りの内容なのだけれどきちんとした意識を念頭にこの二人について、シラー、ドストエフスキーなんかも用いながら述べられている。二人に対して興味が持てる... もっと読む

(098)雲 (百年文庫)

31
3.50
トーマス・マン 2011年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トーマス・マン『幸福への意志』 ローデンバック『肖像の一生』 ヤコブセン『フェーンス夫人』 もっと読む

芸術家 (書物の王国)

24
3.80
トーマス・マン 1998年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書物の王国 もっと読む
全22アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする