トーン・テレヘンのおすすめランキング

プロフィール

1941年生まれ。作家、詩人、医師。1984年に幼い娘のために書いた動物たちの物語『一日もかかさずに』を刊行後、動物を主人公とした物語を50作以上発表し、文学賞を多数受賞。2016年には、邦訳刊行された『ハリネズミの願い』(新潮社)で本屋大賞翻訳小説部門を受賞した。その他の邦訳作品に『きげんのいいリス』『おじいさんに聞いた話』(新潮社)や、絵本『小さな小さな魔女ピッキ』(徳間書店)などがある。

「2018年 『リスのたんじょうび』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トーン・テレヘンのおすすめランキングのアイテム一覧

トーン・テレヘンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ハリネズミの願い』や『きげんのいいリス』や『おじいさんに聞いた話 (新潮クレスト・ブックス)』などトーン・テレヘンの全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ハリネズミの願い

1582
2.88
トーン・テレヘン 2016年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分に自信がないハリネズミ。突然みんなを自宅に招待しようと思い立つ。せっかく書いた招待状を出さないまま、もしみんなが訪問してきたら…妄想と不安は広がってい... もっと読む

きげんのいいリス

231
3.62
トーン・テレヘン 2018年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確かに、51編のみんな 読んで幸せ イラスト眺めて幸せ になれました♪ とりわけアリとリスの交流が気持ちいい。さすがにオランダの作家なので出てくる生き物... もっと読む

おじいさんに聞いた話 (新潮クレスト・ブックス)

135
3.28
トーン・テレヘン 2017年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロシア革命の翌年に生まれ育ったサンクトペテルブルクを後にし、オランダへと亡命した祖父。そんな彼のお伽話に静かに耳を傾ける僕。ロシア語に存在する11種の罪の... もっと読む

だれも死なない (リエゾン・リーブル)

106
3.84

感想・レビュー

図書館で。 特に面白い~とか、何か重大な事件が起こる~とか言う本ではなく、淡々とというわけでもなく森の生活が営まれている。そんな感じ。時間がある時にゆっ... もっと読む

リスのたんじょうび

51
4.00
トーン・テレヘン 2018年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙だけど観た印象で絵本と勘違いしている人が多いようですが、絵本ではありません。じっくり読める一冊。リスの健気な奮闘ぶりがとてもかわいらしいです。 もっと読む

小さな小さな魔女ピッキ

30
2.88

感想・レビュー

絵本で主人公の絵のない絵本? なんとも???な絵本だった。 もっと読む

ハリネズミの願い

15
2.25
トーン・テレヘン 電子書籍 2016年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

孤独で自分に自信のないハリネズミが、動物たちを自宅に招待しようと手紙を書く。 でも、その手紙を出す前に、いろいろ考えてしまう。 ゾウが来たら。 ... もっと読む

きげんのいいリス

4
5.00
トーン・テレヘン 電子書籍 2018年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『だれも死なない』は座右の書で、もしいつかkindle本になったら買っとこうと思ってた。『ハリネズミの願い』が出版され評判も良かったみたいなんで期待はして... もっと読む

ハリネズミの願い

1
トーン・テレヘン 電子書籍 2017年3月24日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 1300
ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたつ。さっそく招待状を書き始めるが、手... もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
ツイートする