ドナルド・バーセルミのおすすめランキング

プロフィール

Donald Barthelme 1931-1989 フィラデルフィアに生まれ、2歳の時に移ったヒューストンで育つ。ヒューストン大学卒業。新聞記者、ヒューストン現代美術館の運営、編集者等を経験。62年、ニューヨークへ移り、美術と文芸を扱った雑誌「ロケーション」の編集に携わりながら、「ニューヨーカー」誌を中心に前衛的な手法による短篇を発表し始め、70年代になると同誌に定期的に掲載されるようになる。「断片だけがぼくの信頼する唯一の形式]という信条を持ち、言葉のコラージュ、パロディ、独特の造語などの手法を駆使し、逆説、風刺、寓意に満ちた作品を数多く発表。現代アメリカ文学を代表する作家。邦訳著作に『パラダイス』(彩流社、1990年)、『口に出せない習慣、不自然な行為』(彩流社、1994年)、『哀しみ』(彩流社、1998年)、 『罪深き愉しみ』(彩流社、1995年)、『アマチュアたち』(彩流社、1998年)、『シティ・ライフ』(白水社、1995年)、 『死父』(集英社、1978年)、『雪白姫 白水Uブックス 』(白水社、1995年・旧版・白水社、1990年)、『王』(白水社、1995年)、『帰れ、カリガリ博士』(国書刊行会、1980年)などがある。

「1998年 『哀しみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドナルド・バーセルミのおすすめランキングのアイテム一覧

ドナルド・バーセルミのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『雪白姫 (白水Uブックス)』や『死父 (現代の世界文学)』や『口に出せない習慣、不自然な行為 (現代アメリカ文学叢書)』などドナルド・バーセルミの全20作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

雪白姫 (白水Uブックス)

85
3.47

感想・レビュー

 はてさて、困った。  白雪姫のパロディでもあり、パロディでもないのだろう。  断片の積み重ねがひとつの物語を形成している。  この手法は特別... もっと読む

死父 (現代の世界文学)

67
3.69

感想・レビュー

何だこの本は。 1ページ目から衝撃の連続。 断片的なイメージの積み重ねなので、まとまりに欠けているきらいはある。 既成の概念ではとてもじゃないが理解... もっと読む

口に出せない習慣、不自然な行為 (現代アメリカ文学叢書)

39
3.19

感想・レビュー

 ドナルド・バーセルミを読むのは「雪白姫」に続いて2作目。  その「雪白姫」の感想で「僕には『理解』も『分析』も『解説』も出来ない」と書いたが、本作に... もっと読む

ベスト・ストーリーズII 蛇の靴

33
2.80

感想・レビュー

ピーター・テイラーの「大尉の御曹司」が印象に残った。 ゆっくりとアルコールに溶かされていく夫婦たち。 もっと読む

25
3.30

感想・レビュー

断片の積み重ねだから脳内補完が必要だし、その殆どが会話によって成り立ってるから好みは別れると思うが、自分は楽しめた。アーサー王伝説に明るければもっと楽しめ... もっと読む

罪深き愉しみ (現代アメリカ文学叢書)

15
3.29

感想・レビュー

少々難解。そしてバーセルミにしてはまあまあ もっと読む

アメリカ〈2〉/集英社ギャラリー「世界の文学」〈17〉

13
4.00
川村二郎 1989年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

偉大な作家の名作ぞろいがうれしい。フォークナー『アブサロム、アブサロム!』が特に良かった。よい訳文と情熱的な語りは気持ちいい読書時間を過ごせた。短編も多数... もっと読む

雪白姫

12
3.67

感想・レビュー

モップしゃぶってしょげ返るか? もっと読む

アマチュアたち (1982年) (サンリオSF文庫)

6
3.00

感想・レビュー

2009/ 2009/ リスナーのお勧めです。 もっと読む
全20アイテム中 1 - 20件を表示

ドナルド・バーセルミに関連するまとめ

ツイートする