ナオミ・ノヴィクのおすすめランキング

プロフィール

1973年ニューヨーク生まれ。ポーランド移民の二世として、ポーランド民話に親しんで育つ。ブラウン大学で英文学を学んだ後、コロンビア大学でコンピューター・サイエンスを学び、『ネヴァーウィンター・ナイツ』などのRPGゲームの開発に携わる。2006年『テメレア戦記1 気高き王家の翼』で作家デビュー。もっとも優秀なSFファンタジーの新人作家に贈られるジョン・W・キャンベル賞や、コンプトン・クルック新人賞を受賞。また、ヒューゴー賞史上初めて新人としてノミネートされ、『テメレア戦記』はその後ベストセラー・シリーズとなった。本書『ドラゴンの塔』では、投票によってその年最高のSFファンタジー小説に贈られるネビュラ賞を受賞、同時にヒューゴー賞にもノミネートされた。現在、夫と8台のコンピューターとともにニューヨーク市に暮らす。

「2020年 『銀をつむぐ者 下巻 スターリクの王妃』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ナオミ・ノヴィクのおすすめランキングのアイテム一覧

ナオミ・ノヴィクのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『[テメレア戦記] I 気高き王家の翼』や『テメレア戦記II 翡翠の玉座』や『テメレア戦記III 黒雲の彼方へ』などナオミ・ノヴィクの全11作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

[テメレア戦記] I 気高き王家の翼

348
4.17
ナオミ・ノヴィク 2007年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランス艦と戦い、その船倉でドラゴンの卵をみつけた。戦利品としてリライアント号に持ち帰ったところ、孵化し、その竜によって、ローレンス艦長が担い手として選ば... もっと読む

テメレア戦記II 翡翠の玉座

254
3.88
ナオミ・ノヴィク 2008年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一冊目を読んだときからずっと何だかなぁ‥とひっかかってたことがあったんだが この巻でテメレアがそれを疑問に思ってローレンスに問うてたのでつっかえが取れた気... もっと読む

テメレア戦記III 黒雲の彼方へ

214
3.86
ナオミ・ノヴィク 2009年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界史をある程度知らないとこの話しには付いて行かれない・・・とは思いますが、知らなくてもまるっきりフィクションとして読んでもいいのかな、 此処まで来れば... もっと読む

テメレア戦記〈1〉気高き王家の翼

185
4.12
ナオミ・ノヴィク 2007年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。 映画「Mortal Engines」を観てから、そういえばこれもピータージャクソンが映画化権を得てたなぁと思い再読。 何と言ってもドラ... もっと読む

テメレア戦記Ⅳ 象牙の帝国

167
3.95
ナオミ・ノヴィク 2011年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いきなりフランス軍との空中戦から始まって、のっけから引き込まれる展開。 ドラゴンでの空中戦という一見華々しくて格好良さげなシチュエーションでも、搭乗して... もっと読む

ドラゴンの塔 上巻 魔女の娘

154
3.68
ナオミ・ノヴィク 2016年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東欧のとある谷間の村には、奇妙な風習があった。100年以上生きていると言われる魔法使い「ドラゴン」によって、10年に一度、17歳になる娘が一人選ばれる。そ... もっと読む

ドラゴンの塔 下巻 森の秘密

117
3.82
ナオミ・ノヴィク 2016年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い。 テンポもいいしサクサクと読める。 ハリーポッターと同じ出版社から出ているのでクソ訳を恐れたけれども全く違和感のない翻訳。 序盤はアグニシュカの... もっと読む

テメレア戦記V 鷲の勝利

98
4.26
ナオミ・ノヴィク 2013年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イギリスに居る時にこの本を読んで、場所と本がリンクした相乗効果もあり、文句なしに楽しかった。 もっと読む

テメレア戦記VI 大海蛇の舌

62
3.79
ナオミ・ノヴィク 2015年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オーストラリアの荒野を行く旅が今回のメイン。 と言うよりそれしかない。 複雑な心理描写や、派手な戦闘もないのでいまいち面白みには欠ける。 これが続編へのス... もっと読む
全11アイテム中 1 - 11件を表示

ナオミ・ノヴィクに関連する談話室の質問

ツイートする