ナボコフのおすすめランキング

プロフィール

ウラジーミル・ナボコフ(Владимир Набоков, Vladimir Nabokov)
1899年4月22日 - 1977年7月2日
帝政ロシアで生まれ、ヨーロッパとアメリカで活動した作家・詩人。文学史上、亡命文学の代表者とされることもある。昆虫学者としての活動・業績も存する。
ロシア貴族として生まれたが、ロシア革命後の1919年に西欧へ亡命。ケンブリッジ大学に入学し、動物学やフランス語を専攻。大学卒業後にベルリンで家族と合流して文筆や教師などの仕事を始める。パリを経て1940年に渡米、1945年にアメリカに帰化。1959年にスイスに移住し、そこで生涯を閉じた。
ロシア時代から詩作を開始。ベルリン、パリにおいて「シーリン」の筆名でロシア語の小説を発表して評価を受ける。パリ時代の終わりから英語による小説執筆を始めた。渡米後も英語で創作活動を続け、詩・戯曲・評伝を記すだけでなく翻訳にも関わった。
代表作に、少女に対する性愛を描いた小説『ロリータ』。映画化され、名声に寄与した。ほかに『賜物』、『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』、『青白い炎』、自伝『記憶よ、語れ』。

ナボコフのおすすめランキングのアイテム一覧

ナボコフのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カメラ・オブスクーラ (光文社古典新訳文庫 Aナ 1-1)』や『絶望 (光文社古典新訳文庫)』や『青白い炎 (岩波文庫)』などナボコフの全15作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カメラ・オブスクーラ (光文社古典新訳文庫 Aナ 1-1)

268
4.08
ナボコフ 2011年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地位も名誉もあり、裕福で私生活にも恵まれた男の心に、ふと魔が差して、 どんどん悪い方へ、抜き差しならない状況へと転がってゆくストーリー。 途中、タイト... もっと読む

絶望 (光文社古典新訳文庫)

144
3.68

感想・レビュー

2013/11/14 ★★★★ - 記憶力の悪いわたしにはナボコフの小説は再読してこそ面白いようで、二回目はゲルマンのダメダメな饒舌を地獄のミサワ的に楽し... もっと読む

青白い炎 (岩波文庫)

135
3.80
ナボコフ 2014年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あー。厄介な本。 殺された詩人ジョン・シェイドによる遺作の詩 と隣人である文学者キンボートによる膨大な注釈。 注釈には、かつてあったゼンブラの最... もっと読む

偉業 (光文社古典新訳文庫)

37
3.83

感想・レビュー

ナボコフ比較的初期の長編。ナボコフ自身を思わせる主人公マルティンは、夢見がちではあるけれど、スポーツもできるし、殴り合いの喧嘩もできるし、けして非モテでも... もっと読む

筑摩世界文学大系 (81)

4
4.00
ボルヘス 1984年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青白いって・・・ガスバーナーじゃあるまいし。 もっと読む

絶望

ナボコフ 電子書籍 2015年4月24日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 980
ベルリン在住のビジネスマンのゲルマンは、プラハ出張の際、自分と“瓜二つ”の浮浪者を偶然発見する。そしてこの男を身代わりに... もっと読む

カメラ・オブスクーラ

ナボコフ 電子書籍 2014年10月24日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 850
裕福で育ちの良い美術評論家クレッチマーは、たまたま出会った美少女マグダに夢中になるのだが、そこにマグダの昔の愛人が偶然姿... もっと読む
全15アイテム中 1 - 15件を表示
ツイートする