ハルノ宵子のおすすめランキング

プロフィール

1957年東京生まれ。漫画家・エッセイスト。父は思想家の吉本隆明。著書に『開店休業』(吉本隆明との共著)、『それでも猫は出かけていく』など。

「2020年 『猫だましい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハルノ宵子のおすすめランキングのアイテム一覧

ハルノ宵子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『それでも猫は出かけていく』や『猫だましい』や『文学はおいしい。』などハルノ宵子の全23作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

それでも猫は出かけていく

170
3.83
ハルノ宵子 2014年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある夏の夜、家の隣の墓地で障害を持った白い猫を拾ってからの8年間の記録。 濃厚です。 かなり軽い感じの文章で書かれてますが、 何度も泣き、驚き、... もっと読む

猫だましい

99
4.05
ハルノ宵子 2020年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前読んだ「それでも猫は出かけていく」と同じく猫話だろうと思って読み出したら、まったく違っていた。冒頭いきなりステージⅣの大腸癌(内視鏡が途中で入らなくな... もっと読む

文学はおいしい。

67
3.58
小山鉄郎 2018年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

食べ物や飲み物が作品の中心に出てくる小説・エッセイ、詩、短歌、俳句などの紹介100選。 目次を見るだけでたくさんあってまぁビックリ。 作品に登場する意... もっと読む

にゃんこ天国(ごきげん文藝): 猫のエッセイアンソロジー

62
3.17
内田百閒 2018年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年10月河出書房新社刊。既刊の文庫、全集等から、33人、33篇のエッセイを選んだ猫のアンソロジー。夏目漱石から現在活躍中の方のエッセイ。表紙絵が楽... もっと読む

開店休業 (幻冬舎文庫)

58
3.92
吉本隆明 2015年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思想でも、文芸批評でも、状況論でも、五十年間出ずっぱりで、巨人だのカリスマだの、でも死んじゃった、吉本隆明の、最後の著作かも。まあ、誰でも死んじゃうんです... もっと読む

それでも猫は出かけていく (幻冬舎文庫)

43
3.44
ハルノ宵子 2018年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文庫化!!やったー!大好きなエッセイが文庫で手軽に読めます。 主人公?の猫ちゃんは、下半身不随で、排泄も自由に出来ないこともある、吉野家のしろみちゃ... もっと読む

虹の王国

6
4.00

感想・レビュー

淡々とした日常と愛情。 もっと読む
全23アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×