ハンナ・アーレントのおすすめランキング

プロフィール

1906-1975。ドイツのハノーファー近郊リンデンでユダヤ系の家庭に生まれる。マールブルク大学でハイデガーとブルトマンに、ハイデルベルク大学でヤスパースに、フライブルク大学でフッサールに学ぶ。1928年、ヤスパースのもとで「アウグスティヌスの愛の概念」によって学位取得。ナチ政権成立後(1933)パリに亡命し、亡命ユダヤ人救出活動に従事する。1941年、アメリカに亡命。1951年、市民権取得、その後、バークレー、シカゴ、プリンストン、コロンビア各大学の教授・客員教授などを歴任、1967年、ニュースクール・フォー・ソーシャル・リサーチの哲学教授に任命される。著書に『アウグスティヌスの愛の概念』(1929、みすず書房2002)『全体主義の起原』全3巻(1951、みすず書房1972、1974、2017)『人間の条件』(1958、筑摩書房1994、ドイツ語版『活動的生』1960、みすず書房2015)『エルサレムのアイヒマン』(1963、みすず書房1969、2017)『革命について』(1963、筑摩書房1995、ドイツ語版『革命論』1965、みすず書房2022)など。

「2022年 『革命論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハンナ・アーレントのおすすめランキングのアイテム一覧

ハンナ・アーレントのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告【新版】』や『イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告』や『全体主義の起原 1――反ユダヤ主義 【新版】』などハンナ・アーレントの全54作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告【新版】

877
4.08

感想・レビュー

本書の存在を知ってから10年。辛うじて読了。内容は副題のとおり。社会の一員として、誰もがアイヒマンになりうる可能性を心に留めていきたいと思う。 もっと読む

イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告

605
4.11

感想・レビュー

ユダヤ人絶滅を目的としたナチスによるホロコーストの主担い手と目され、潜伏していたアルゼンチンよりイスラエルによって誘拐され裁判にかけられたオットー・アード... もっと読む

全体主義の起原 1――反ユダヤ主義 【新版】

462
3.79

感想・レビュー

大学の講義で紹介され100分de名著を観て気になった本 途中まで読んで挫折した本 5年経ったから今なら読めるかな... もっと読む

全体主義の起原 3――全体主義 【新版】

282
4.33

感想・レビュー

国家は権威・忠誠を与える根源的な場(共同体)であり、個人はその外部においては無意味である。ジョヴァンニ・ジェンティーレGentile(1875-1944)... もっと読む

全体主義の起原 1 ――反ユダヤ主義

280
3.67
ハナ・アーレント 1972年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アーレント読破プロジェクトの本丸。 「全体主義の起源」は、「革命について」とともに、アーレントの本で最初に読んでみたいと思ったもの。 なんだけ... もっと読む

全体主義の起原 2――帝国主義 【新版】

253
4.20

感想・レビュー

第三部、第一部と読み進めてきて第二部が最後となるけれども、とんでもなく面白かった。帝国主義がもともと経済的な事情に由来すること、その特徴が膨張の運動それ自... もっと読む

過去と未来の間――政治思想への8試論

186
4.06

感想・レビュー

アーレントの一番愛した自著。 「人間の条件」での議論を現実的なテーマを踏まえつつ、議論し直したみたいなエッセイ集。 アーレントの思想のエッセン... もっと読む

暴力について―共和国の危機 (みすずライブラリー)

183
3.77

感想・レビュー

アメリカに亡命したハンナ・アーレントが、ベトナム戦争の激化、公民権運動や学生運動の高まり、プラハの春などなどの激動の時代を踏まえて、70年前後に書いた政治... もっと読む

活動的生

176
4.55

感想・レビュー

今年の前半は、「英雄の旅」のキャンベルと「集合的無意識」「アーキタイプ」関係のユングを中心に読んで、後半は、この「活動的生」を中心にアーレントを読んだ。 ... もっと読む

全体主義の起原 3 ――全体主義

174
3.89
ハナ・アーレント 1974年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初に読みたいなと思ってから、多分、四半世紀ぶり、何度か、読みかけては、第1巻の最初の方で挫折を繰り返したが、今回は、ついに読了した。 う〜ん、感無量だ... もっと読む

全体主義の起原 2 ――帝国主義

154
3.86
ハナ・アーレント 1972年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「全体主義の起源」の第2巻「帝国主義」。 「ユダヤ人」問題を論じた第1巻に比べると、世界史で勉強したこととか、どこか他で読んだことなどとのリンクをつけや... もっと読む

エルサレムのアイヒマン 新版――悪の陳腐さについての報告

74
5.00
ハンナ・アーレント 電子書籍 2017年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実はアイヒマンはそれほど多くを見ていなかったのである。彼が死の収容所の中でも最も大きな、最も有名なアウシュビッツを何度も訪れているのは事実だが、しかし高地... もっと読む

完訳カント政治哲学講義録

71
3.71

感想・レビュー

カントの美学的判断力には、特殊的(個別的)対象に対して概念によらず形式だけを直観する感性的な側面と、同時に主観的ではあるが、悟性的な合法則性つまり普遍性が... もっと読む

アウグスティヌスの愛の概念 (始まりの本)

70
3.89

感想・レビュー

ハンナ・アーレントの博士論文とのこと。古代キリスト教最大の理論家であるアウグスティヌスにおける「愛」の概念を分析することを通じ、「隣人愛」が彼においてどの... もっと読む

精神の生活 上

60
3.71

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/414726 もっと読む

精神の生活 上 第一部 思考

60
4.25

感想・レビュー

◆書評◆ 図書館。SNSで「凡庸な悪」という言葉を知り、アーレントの思想に興味を持った。その後映画ハンナ・アーレントを観て、著作を読みたいと思った。本当... もっと読む

革命論

59
5.00

感想・レビュー

2023年8月13日図書館から借り出し もっと読む

政治とは何か

52
3.55

感想・レビュー

政治とは何か (和書)2012年09月15日 23:59 2004 岩波書店 ハンナ アーレント, ウルズラ ルッツ, Hannah Arendt, ... もっと読む

アーレント政治思想集成 1――組織的な罪と普遍的な責任

49
4.60

感想・レビュー

アーレント政治思想集成〈1〉組織的な罪と普遍的な責任 (和書)2012年02月17日 22:29 ハンナ アーレント みすず書房 2002年10月 こ... もっと読む

反ユダヤ主義―― ユダヤ論集1 (ユダヤ論集 1)

49
4.50

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/64086 もっと読む
全54アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×