ハンナ・アーレントの新刊情報

プロフィール

1906-1975。ドイツのハノーファー近郊リンデンでユダヤ系の家庭に生まれる。マールブルク大学でハイデガーとブルトマンに、ハイデルベルク大学でヤスパースに、フライブルク大学でフッサールに学ぶ。1928年、ヤスパースのもとで「アウグスティヌスの愛の概念」によって学位取得。ナチ政権成立後(1933)パリに亡命し、亡命ユダヤ人救出活動に従事する。1941年、アメリカに亡命。1951年、市民権取得、その後、バークレー、シカゴ、プリンストン、コロンビア各大学の教授・客員教授などを歴任、1967年、ニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチの哲学教授に任命される。

「2018年 『アーレント=ハイデガー往復書簡 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハンナ・アーレントの新刊情報のアイテム一覧

ハンナ・アーレントの新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2018年5月28日発売『アーレント=ハイデガー往復書簡【新装版】』や2017年12月1日発売『アーレントの二人の師―レッシングとハイデガー』や2017年8月24日発売『エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告【新版】』などハンナ・アーレントの全49作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

エルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告【新版】

169
4.25

感想・レビュー

ちょうどこの本を読み終わった日の朝刊にポーランドで、ナチスによるユダヤ人のホロコーストに「ポーランド人が加担した」などと記載すること禁ずる(罰則付き)法案... もっと読む

全体主義の起原 1――反ユダヤ主義 【新版】

137
4.00

感想・レビュー

2018年12月15日に紹介されました! もっと読む

精神の生活 上 第一部 思考 (岩波オンデマンドブックス)

13
4.00

感想・レビュー

アーレントの最後の著作「精神の生活」の第1部「思考」。 晦渋で有名なアーレントの中でも、「最も難解」と言われる「精神の生活」にチャレンジ。 か... もっと読む

精神の生活 下 第二部 意志 (岩波オンデマンドブックス)

7
4.00

感想・レビュー

アーレントの最後の作品。 「精神の生活」は、「思考」「意志」「判断」の3部構成になるはずだったのだが、アーレントはこの「意志」を一通り仕上げた翌週、... もっと読む

アイヒマン論争―― ユダヤ論集2 (ユダヤ論集 2)

32
4.00

感想・レビュー

肝心なのは反ユダヤ主義は、少なくともヨーロッパでは、帝国主義の政治的武器として、たんにその煽動の武器としてではなく、発見されたということである。人種概念が... もっと読む

アウグスティヌスの愛の概念 (始まりの本)

44
3.57

感想・レビュー

ハンナ・アーレントの博士論文とのこと。古代キリスト教最大の理論家であるアウグスティヌスにおける「愛」の概念を分析することを通じ、「隣人愛」が彼においてどの... もっと読む
全49アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする