バロネス・オルツィのおすすめランキング

プロフィール

Baroness Orczy

「2006年 『レディ・モリーの事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バロネス・オルツィのおすすめランキングのアイテム一覧

バロネス・オルツィのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『隅の老人の事件簿 (創元推理文庫 177-1 シャーロック・ホームズのライヴァルたち)』や『紅はこべ (創元推理文庫 507-1)』や『べにはこべ (河出文庫)』などバロネス・オルツィの全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

隅の老人の事件簿 (創元推理文庫 177-1 シャーロック・ホームズのライヴァルたち)

208
3.45

感想・レビュー

シャーロック・ホームズの成功に刺激されてわらわらと登場してきた「ホームズのライヴァル」のひとり、名もなき「隅の老人」の名推理★ただし老人は迷宮入りした事件... もっと読む

紅はこべ (創元推理文庫 507-1)

186
3.88

感想・レビュー

 人を見た目や自分の価値基準で判断すると、真実が見えなくなるということを感じました。主人公の生き方が凄く格好良くて憧れますね。誤解されていても信念を貫ける... もっと読む

べにはこべ (河出文庫)

85
3.83

感想・レビュー

読書日:2017年7月13日-7月15日. Original title:The Scarlet Pimpernel. Author:Emmuska ... もっと読む

隅の老人【完全版】

80
4.11

感想・レビュー

『シャーロック・ホームズのライバル』として有名な『隅の老人』シリーズ。原書3冊を1冊に纏め、更に初出時の挿絵も収録した豪華版全集。 『安楽椅子探偵』と呼ば... もっと読む

スカーレット・ピンパーネル (集英社文庫)

55
3.56

感想・レビュー

宝塚のスカピンを観ていたのですが、宝塚版とはまた違いました。ただストーリー展開やラストはほぼ一緒かな? 私は歌もある、見た目も華やかな宝塚やミュージカルで... もっと読む

隅の老人 (ハヤカワ・ミステリ文庫 34-1)

51
3.42

感想・レビュー

新聞社で働くポリーが行くカフェで出会った老人。 老人は常にヒモをもち、それに複雑な結び目を作りながら迷宮入りの事件を次々と解明してゆくのだ。 ほと... もっと読む

レディ・モリーの事件簿―ホームズのライヴァルたち (論創海外ミステリ)

18
3.00

感想・レビュー

読書日:2017年9月3日-9月8日. Original title:Lady MOLLY of Scotland Yard. Author:Baro... もっと読む

隅の老人の事件簿 (1977年) (創元推理文庫)

6
4.00

感想・レビュー

『フェンチャーチ街の謎』 行方不明になったカーショウ氏。かつて殺人を犯したロシアに移住した富豪スメザーストを強請ろうと計画していたカーショウ。発見された... もっと読む

べにはこべ

バロネス・オルツィ 電子書籍 2014年12月26日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 920
一七九二年九月、フランス革命下のパリ・血に飢えた民衆によって、日夜ギロチン送りとなる貴族たちを救うべく、彼方イギリスから... もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
ツイートする