パオロ・マッツァリーノのおすすめランキング

プロフィール

Paolo Mazzarino(パオロ・マッツァリーノ)

イタリア生まれの戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。著書に『反社会学講講座(正・続)』『偽善のすすめ』『誰も調べなかった日本文化史』『「昔はよかった」病』『日本人のための怒りかた講座』『ザ・世のなか力』『コドモダマシ』『みんなの道徳解体新書』など。

パオロ・マッツァリーノのおすすめランキングのアイテム一覧

パオロ・マッツァリーノのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『つっこみ力 (ちくま新書 645)』や『反社会学講座 (ちくま文庫)』や『反社会学講座』などパオロ・マッツァリーノの全43作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

つっこみ力 (ちくま新書 645)

969
3.28

感想・レビュー

 新聞やテレビなどのメディア報道はそれぞれの思惑で情報を選んで放映しているし、何かいろいろの論の根拠となる「データ」なるものも、おしなべてなにかの意図を持... もっと読む

反社会学講座 (ちくま文庫)

890
3.91

感想・レビュー

こういう本を読んで考え方のバランスを取る。久々名著。大学の授業もこんなのが開講されればもっと興味持てたと思うよ。 もっと読む

反社会学講座

583
3.71

感想・レビュー

 「社会学」、僕らは気づかないうちにこの怪物に飲み込まれているという事実に驚かされるのがこの本。  社会学上の統計とかそういうのって結構説得力があるん... もっと読む

「昔はよかった」病 (新潮新書)

359
3.37

感想・レビュー

熱中症で死ぬ人の話は、なかなか面白い。昔も今も同じように熱中症があり、そのときにかかったけど死ななかった人間が今の年寄りってこと。だから、今の人がひ弱って... もっと読む

13歳からの反社会学

263
3.69

感想・レビュー

図書館の典拠検索で「調べ学習」を検索していたら、ヒットしたナゾのタイトルの本「13歳からの反社会学」。き、きになるーー!!さっそく借りたよね!読んだよね!... もっと読む

反社会学の不埒な研究報告

222
3.27

感想・レビュー

著者お得意の各種統計データや新聞記事等を使った「アカデミズムとお笑いを融合した、新たなエンターテインメントの創造」である一冊。「くよくよ」、「GDP」、「... もっと読む

誰も調べなかった日本文化史: 土下座・先生・牛・全裸 (ちくま文庫)

200
3.52

感想・レビュー

雑学的知識が増える本。おちゃらけた調子で書かれており読みやすい。テーマは土下座、先生、全裸、ネクタイ、笑い、名前、東京の牛、牛乳、新聞の一面広告、亡国論の... もっと読む

みんなの道徳解体新書 (ちくまプリマー新書)

166
3.68

感想・レビュー

『道徳』不信者には溜飲が下がる本。 面白過ぎたので、ご飯を食べながら読んでました。 『道徳』というより『道徳教育』に対するきな臭さと嘘臭さを、ドラ... もっと読む

怒る! 日本文化論 ~よその子供とよその大人の叱りかた (生きる技術! 叢書)

130
3.30

感想・レビュー

パオロ・マッツァリーノさんが、叱ることについて解説されている本です。 巷には怒らない本も数多く出回っていますが、パオロさんは叱るべき時にはきちんと叱ること... もっと読む

コドモダマシ―ほろ苦教育劇場

127
3.33

感想・レビュー

父と子のコントのような会話を通じて「危機管理」、「思いやりの心」、「サバイバル」、「英会話」等々各種テーマにおける著者の見解が記された本。各章の終りにその... もっと読む

日本列島プチ改造論

119
3.43

感想・レビュー

2006年10月~2008年12月に出版社のHP上に連載されたコラムを書籍化したもの。7~9年前のものなので、ネタがちょっと古く感じるが、各コラムごとに必... もっと読む

偽善のすすめ: 10代からの倫理学講座 (14歳の世渡り術)

117
3.32

感想・レビュー

自分は24時間テレビを「障害を持つ方を見世物にして、同情を募り、募金意欲を煽る狡猾なコンテンツである、偽善である」と信じていた人間だが、何の募金もせず、た... もっと読む

ザ・世のなか力: そのうち身になる読書案内

115
3.36

感想・レビュー

いろいろなテーマでの良い本を紹介する本。 興味を魅かれたのは数冊ですが、ざざっと読めるので分量は気になりませんでした。 もっと読む

パオロ・マッツァリーノの日本史漫談

103
3.32

感想・レビュー

反社会学講座の著者が日本の歴史を紐解く、そして切る。 今回も色々な発見がありました。 四章:今も昔もキラキラネームだらけ 五章:先生という呼... もっと読む

エラい人にはウソがある ―論語好きの孔子知らず

89
3.25

感想・レビュー

ものごとは、一つの側面でばかり見るべきでない。ということを学べます。 歴史には、様々な脚色が加えられていることも、間違いのない事実だと思う。 もっと読む

13歳からの反社会学 (角川文庫)

73
3.67

感想・レビュー

6冊目。 わかりやすかったです。 疑いすぎることも良くないが、何も考えないことも良くないという事が学べた。 もっと読む

日本人のための怒りかた講座 (ちくま文庫)

58
3.60

感想・レビュー

コミュニケーションするべきとはわかってるけど、でも少しはその方向に押される ー暴力とその支持者たちの気持ち悪さ もっと読む

日本列島プチ改造論 (角川文庫)

57
3.60

感想・レビュー

作家のホームページをたまたま見て、え?出てたの文庫が。ということで、本屋に買いに行きました。 相変わらずの ニヤリとしてしまう前降り 問題定義 目... もっと読む

世間を渡る読書術 (ちくま文庫)

51
3.38

感想・レビュー

かるーくさくさく読める。けど思考停止という訳じゃない、ちょうどいい塩梅だった。 もっと読む

コドモダマシ ほろ苦教育劇場 (角川文庫)

48
3.82

感想・レビュー

ウィットに富んだ屁理屈。 それは結構面白い。 家庭教育の裏バイブル的ではなく、読み物として楽しむもの。 もっと読む
全43アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする