パトリシアハイスミスのおすすめランキング

パトリシアハイスミスのおすすめランキングのアイテム一覧

パトリシアハイスミスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『厭な物語 (文春文庫)』や『11の物語 (ハヤカワ・ミステリ文庫)』や『太陽がいっぱい (河出文庫)』などパトリシアハイスミスの全33作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

厭な物語 (文春文庫)

520
3.55

感想・レビュー

厭な気持ちになる物語を集めた短編集。でもホラーじゃないよ。 これを読んで幸せな気持ちになる方は、自分が異常であると自覚してください、……というくらい... もっと読む

11の物語 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

263
3.56

感想・レビュー

以前「見知らぬ乗客」だったかな?デビュー作、めずらしく投げ出してしまったが、数年ぶりに手に取ってみて正解でした。きっと自分が成長したのだろう(と思いたい)... もっと読む

太陽がいっぱい (河出文庫)

218
4.15

感想・レビュー

かつてはアラン・ドロン主演で映画になり大ヒットし、最近はマット・デイモンが主演してリメイク(題名は「リプリー」)された映画の原作。 アメリカ人の青年トム・... もっと読む

見知らぬ乗客 (角川文庫)

154
3.55

感想・レビュー

興味のあったパトリシア・ハイスミス。 こちらはヒッチコックによって映画化もされているらしいが、残念ながらまだ観ていない。 最初は映画を観て知っていた「太陽... もっと読む

太陽がいっぱい (河出文庫)

118
3.74

感想・レビュー

見たことのない私でさえテーマ曲とオチを知っているアラン・ドロン主演映画の原作小説。聞きかじった知識だけで勝手に野心を胸に完全犯罪を企む主人公だと思っていた... もっと読む

贋作 (河出文庫)

83
3.58

感想・レビュー

ミステリーというのか犯罪小説というのか。 悪事を働いて置きながら、自分本位な理屈で、解決方法として簡単に人を殺める。 露見しそうな時にでも、逆に、隠し... もっと読む

女嫌いのための小品集 (河出文庫)

71
3.29

感想・レビュー

安定の宮脇孝雄訳。4~5ページ位の短編が17話。女のいやらしさをこれでもかと描き、登場人物たちを救いようのないドン底へ叩き込む。 同じ女性なのにここまで... もっと読む

動物好きに捧げる殺人読本 (創元推理文庫)

59
2.87

感想・レビュー

いや、動物好きにはおすすめできない。 笑うひともいるかもしれないけれど、フィクションでも動物が残酷に扱われる場面を読むのは、ちょっと、つらい。 (もちろん... もっと読む

11の物語 (ミステリアス・プレス文庫)

57
3.63

感想・レビュー

一番最初からかたつむりの気持ち悪さを最大限あらわした奴がきて、気が滅入った。しかもむこうの人たちはあれを食うんだからな……。「ヒロイン」の過度な愛情と承認... もっと読む

ふくろうの叫び (河出文庫)

55
3.15

感想・レビュー

悪くはないんだけど、結局ひねりも何もなかった。 そういうストーリーなのだろうからそれはいいんだけど、全く好みじゃない。 時代が違うからか、まったくリアリ... もっと読む

愛しすぎた男 (扶桑社ミステリー)

54
3.62

感想・レビュー

刊行は1960年。今では当たり前のように使われる「ストーカー」という言葉は、当時でも頻繁に使われていたのだろうか。日本では90年代まで、警察の民事不介入に... もっと読む

リプリーをまねた少年 (河出文庫)

54
3.50

感想・レビュー

少年はリプリーの何に共感したのか。リプリーは少年の何に共感したのか。それは自由の渇望か。 本作のリプリーは悪事に手を染める、悪事に飛び込むのではなく、少... もっと読む

リプリー (河出文庫)

48
3.40

感想・レビュー

ディッキーの父親から、イタリアから息子を連れて帰ってほしいと持ちかけられた、底辺の生活を送るリプリー。 そしてイタリアへ行き、一時は彼女以上にディッキーと... もっと読む

リプリー (角川文庫)

48
3.56

感想・レビュー

映画のリメイク作品特集を捜す過程で知った作品。邦題「太陽がいっぱい」「リプリー」の原作。(原題:The Talented Mr.Ripley)といっても、... もっと読む

水の墓碑銘 (河出文庫)

42
3.57

感想・レビュー

バランスの悪い、屈折した人が色々出てきて、小説としては楽しめるのですが、文庫は字がとても小さくてそこが読みづらかったです。 もっと読む

妻を殺したかった男 (河出文庫)

36
3.63

感想・レビュー

映画『リプリー』の原作者などで知られるパトリシア・ハイスミスの作品です。 原題は「まぬけな男」となっています。 残念ながら、現在は絶版となって... もっと読む

リプリーをまねた少年 (河出文庫)

32
3.40

感想・レビュー

簡単に一言で済ませてしまえば、甘えん坊のお金持ちの息子の話なんだけど、それがここまで長い話になってしまうという。いやもちろんそれだけじゃないんだけど。 もっと読む

ガラスの独房 (扶桑社ミステリー)

30
3.00

感想・レビュー

冤罪被害者を主人公にしたサスペンス小説。 『主人公がどうしようもない状況に置かれている』という設定はよくあるが、この『どうしようもない状況』を端的に表現... もっと読む
全33アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×