パトリシア・コーンウェルのおすすめランキング

プロフィール

マイアミ生まれ。警察記者、検屍局のコンピューター・アナリストを経て、1990年『検屍官』で小説デビュー。MWA・CWA最優秀処女長編賞を受賞して、一躍人気作家に。ケイ・スカーペッタが主人公の検屍官シリーズは、1990年代ミステリー界最大のベストセラー作品となった。他に、『スズメバチの巣』『サザンクロス』『女性署長ハマー』、『捜査官ガラーノ』シリーズなど。

「2015年 『標的(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パトリシア・コーンウェルのおすすめランキングのアイテム一覧

パトリシア・コーンウェルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『検屍官 (講談社文庫)』や『証拠死体 (講談社文庫)』や『遺留品 (講談社文庫)』などパトリシア・コーンウェルの全152作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

検屍官 (講談社文庫)

1492
3.53

感想・レビュー

かなり長く続いているシリーズだという事で、とりあえず第1巻を手にとって見ました。 女性がキャリアを積んで働くって事は本当に大変なのね。 女性に限っ... もっと読む

証拠死体 (講談社文庫)

898
3.45

感想・レビュー

グレイ解剖学ってやっぱり読み込んだほうがいいのかなあ もっと読む

遺留品 (講談社文庫)

809
3.43

感想・レビュー

検死官シリーズ第三作。 一作目では10歳だった姪のルーシーが、16歳。 当初はぎこちない関係だったマリーノとはいい相棒になっているし、前作でよりが戻っ... もっと読む

真犯人 (講談社文庫)

796
3.49

感想・レビュー

随分昔、大学生協だったか、有隣堂だったかで手に取ったドクタースカーペッタを主人公とするシリーズ本。これは4作目だが、そうと知らずに帯に惹かれて購入したのを... もっと読む

私刑 (講談社文庫)

746
3.39

感想・レビュー

ちょっと、これはいけませんよ。 作者、どうしちゃったんだろう? まず、スカーペッタがよろしくない。 感情的で、非論理的で、シリーズ当初の頭の切れ... もっと読む

死体農場 (講談社文庫)

688
3.54

感想・レビュー

ちょっとえぐいタイトルですが、ちゃんと捜査機関の研究所です。 どのような環境で亡くなると、このような状態になるのか、を調べるために、多くの死体を必要とす... もっと読む

業火 (講談社文庫)

644
3.46

感想・レビュー

凶悪な事件がはびこる世の中です。 いつも、まっとうに生きている人や幼い子どもや善良な人が、犯人の快楽、欲望、妄想の犠牲になっている。 あまりにも残酷で... もっと読む

警告 (講談社文庫)

625
3.40

感想・レビュー

図書館で借りてきた本を読み尽くしたので、家にあるものを。 これ、出版された頃に読んでるのよね〜。懐かしいわと思いながら読み進める。 このシリーズってま... もっと読む

審問(上) (講談社文庫)

602
3.30

感想・レビュー

ストーリー展開のスピードが上がってきたとともに、ケイの、ヒステリックなまでの情緒不安定なところとか、最終的に周りの人を信じないところとかが、彼女の幼少期の... もっと読む

接触 (講談社文庫)

595
3.48

感想・レビュー

読めば読むほど、スカーペッタが好きではなくなってくる。 訳者は、主人公が作中で年齢を重ねるにつれて、人として丸くなってきていると書いているけれど、私には... もっと読む

黒蠅 (上) (講談社文庫)

592
3.18

感想・レビュー

主人公の年齢途中で変えるって考えらんない。売れちゃったからのご都合主義か。 ケイを美しくモテる女でいさせたいが為の若返りなんだろうけど、その設定なくてもな... もっと読む

痕跡 (上) (講談社文庫)

591
3.18

感想・レビュー

検屍官ケイ・スカーペッタシリーズ。今作ではケイはかつての職場を離れ、法医学コンサルタントという肩書きで登場してます。作品も第三者目線から語られており、ケイ... もっと読む

審問(下) (講談社文庫)

585
3.32

感想・レビュー

最初のころ、「スカーペッタシリーズは10作で終わる」とも作者は言っていたそうですが、本作はそれを超える11作目に当たります。 だからなのか判りません... もっと読む

黒蠅 (下) (講談社文庫)

564
3.18

感想・レビュー

随分前に読んだシリーズだが、この巻が酷たらし過ぎてもういいかなと思った気がする。 でも、次巻の痕跡も途中まで読んだかなぁ…ミステリーハーレクインみたいにな... もっと読む

痕跡 (下) (講談社文庫)

560
3.20

感想・レビュー

全く違う場所で起こった事故死と殺人の不可解な共通点。 スカーペッタが去った後のリッチモンドの検屍局は悲惨な状況。そこへ呼ばれ、複雑な思いにとらわれながらも... もっと読む

神の手 (下) (講談社文庫)

505
3.12

感想・レビュー

今までと少し毛色の違った結末。とは言え相変わらず傷つけ合うケイの人間関係。 ルーシーについては中途半端で終わってしまったけど、いつ居なくなってもおかしく無... もっと読む

スズメバチの巣 (講談社文庫)

460
2.89

感想・レビュー

検死官シリーズのサイドストーリーみたいな感じだったと思うが、期待していたほど面白くなかった。一通りシリーズは読んではみたが。 もっと読む
全152アイテム中 1 - 20件を表示

パトリシア・コーンウェルに関連する談話室の質問

ツイートする