ビートたけしのおすすめランキング

ビートたけしのおすすめランキングのアイテム一覧

ビートたけしのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『佐竹君からの手紙 (幻冬舎文庫)』や『草野球の神様』や『ファモーソ・ダイアリー (NEKO MOOK 1563)』などビートたけしの全258作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

佐竹君からの手紙 (幻冬舎文庫)

13
3.20

感想・レビュー

いちいち時事ネタの例えが懐かしい(^O^) パターンが決まってるんで飽きることもあるんですが、また読みだすとやはり面白い。声出して笑える小説てのはなかなか... もっと読む

草野球の神様

13
2.80
ビートたけし 1996年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めたばかりですが、面白ろそうな感じ。ビートたけしさんって文才もあったんですね! 読み終わりました。短編小説集でした。題名の『草野球の神様』は面... もっと読む

ファモーソ・ダイアリー (NEKO MOOK 1563)

13
4.00
ビートたけし 2010年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当に天才の休日ですわ。所ジョージとビートたけしが、テレビ受けとか考えず、本当に面白いと考えることを追求。無駄に金をかけたり、かけずとも考え方一つで楽しん... もっと読む

それでも女が好き―めげずに大和撫子啓蒙講座 (ノン・ポシェット)

11
3.33
ビートたけし 1998年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビートたけしの考える、〝女〟の在り方。 たけしさんの本は、すっきりきっぱりしているところが好き。 私は下品なのは嫌いだし、考え方が違うところもある... もっと読む

あのひと

11
3.75

感想・レビュー

また、古い本を思い出しました、たけしさんのたしか初の小説集。才能がマルチになっていく一歩目。表紙デザインは横尾忠則さんでした。 もっと読む

ビートたけしのみんなゴミだった

11
3.00

感想・レビュー

この本に出逢えたのが不思議だと思う。 なんとなく。 辛辣な言葉にどきっとしつつ。 なんかうまく感想が言えないが。 口語そのままのかんじで読みやすい... もっと読む

浅草キッド

11
4.00

感想・レビュー

ビートたけしが、 大学を中退し、ふらりと浅草に流れてきて、 ストリップの浅草フランス座に転がり込み、 深見千三郎師匠の下で、芸人修行を行ぅ中で、 ... もっと読む

少年

10
3.75
ビートたけし 1987年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北野兄弟を彷彿とさせる頭でっかちの兄と運動ばっかりの弟の運動会の回想、父を亡くした兄弟が転校先で馴染めず出る自立の旅、中学生とツッパリ少女との京都での心の... もっと読む

たけしのオイラが東スポ編集長! (宝島SUGOI文庫)

9
2.75
ビートたけし 2008年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書録「たけしの「おいらが東スポ編集長!」」3 著者 ビートたけし 出版 宝島SUGOI文庫 P132より引用 “直木賞作家の志茂田景樹さ... もっと読む

ビートたけしの三国一の幸せ者―伝説の幸せシリーズ〈1〉 (扶桑社文庫)

8
3.00
高田文夫 2000年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

放送開始は中一の冬からだったか。初回放送「金属バット」もホラッチョ宮崎のあたりもまだオンタイムで効いていなかったと思う。 もっと読む

女は死ななきゃ治らない―あえて大和撫子改造講座

8
3.00

感想・レビュー

高校生の時、強烈なタイトルに惹かれて買いました(笑)タイトルの通り、女性にとっては痛烈な内容が多いです。が、その独自の視点を躊躇なく言葉にしていくビートた... もっと読む
全258アイテム中 121 - 140件を表示
ツイートする