ピエール・ルメートルのおすすめランキング

ピエール・ルメートルのおすすめランキングのアイテム一覧

ピエール・ルメートルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『その女アレックス (文春文庫)』や『傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)』や『死のドレスを花婿に (文春文庫)』などピエール・ルメートルの全45作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

その女アレックス (文春文庫)

10521
3.80

感想・レビュー

アレックスに同情していたはずだ。気付けば真逆の感情が産まれていた。踊らされている!楽しい! 怒りと痛み、もどかしさと悲しみ、このままだと私の喜怒哀楽のコ... もっと読む

傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)

1973
3.81

感想・レビュー

冒頭から傷だらけです 前作の登場人物人気投票で2位に2万票差をつけてぶっちぎりの1位だったアルマンは食道癌で亡くなってるわ、イレーヌを失った傷からいくらか... もっと読む

死のドレスを花婿に (文春文庫)

1480
3.82

感想・レビュー

紹介文に『その女アレックス』の原点とあるがまさしくその通りでありました 話のシステムが『その女アレックス』の原形ですよね 章が変わるごとに衝撃の真実が明... もっと読む

天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

859
3.41

感想・レビュー

「その女アレックス」が有名なピエール・ルメートル。 他の作品も含めて、日本の出版界にも旋風を巻き起こしたといっていいでしょう。 「アレックス」の2年後... もっと読む

わが母なるロージー (文春文庫)

731
3.54

感想・レビュー

カミーユにまた会えた!と嬉しかったんですが読後すぐに思ったのは、あーカミーユ三部作ってやっぱりクローズした物語なんだなぁってことです 無理矢理差し込んだ... もっと読む

天国でまた会おう(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

684
3.56

感想・レビュー

カミーユ警部シリーズや『監禁面接』のようなミステリー・エンターテイメントを得意とするミステリー作家のルメートルが、純文学作家のルメートルに。 本当にこの... もっと読む

その女アレックス (文春文庫)

470
4.01
ピエール・ルメートル 電子書籍 2014年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『悲しみのイレーヌ』に続くカミーユ警部シリーズ第二弾。前作の結末のネタバレがいきなり出てくる点には留意。誘拐された女性アレックスと、誘拐事件を負うカミーユ... もっと読む

僕が死んだあの森

427
3.65

感想・レビュー

うーんなるほどねー 12歳の少年が隣に住む6歳の子を誤って殺してしまい死体を森の中に隠す というところから始まり、その心理描写を重ねて行くことで少年の人... もっと読む

監禁面接

413
3.54

感想・レビュー

タイトルにはあまり惹かれなかったというか、むしろ引き気味でしたが。 ルメートルにしては残虐描写がないとのこと。 そして、失業したサラリーマンが面接で奮... もっと読む

悲しみのイレーヌ (文春文庫)

330
3.99
ピエール・ルメートル 電子書籍 2015年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんなに面白いミステリーがあるなんて!と読み終わってしばらく興奮。 この本が良かったのは、闇雲にグロい描写で興味を引くのではなく、身に迫る生理的な恐怖を読... もっと読む

天国でまた会おう

234
3.67

感想・レビュー

第一次大戦終結間近、最前線で戦っていた元銀行員のアルベールは、上官プラデルの悪略に巻き込まれ、爆弾の粉塵で生き埋めにされてしまう。アルベールの受難に気がつ... もっと読む

炎の色 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

232
3.48

感想・レビュー

ピエール・ルメートル『炎の色 (上)』ハヤカワ文庫。 『天国でまた会おう』の続編。個人的には『天国でまた会おう』は今一つ受け入れることが出来なかったので... もっと読む

炎の色 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

201
3.56

感想・レビュー

父が残した資産、邸宅を失ったマドレーヌが、彼女を裏切った人たちに復讐することを決意する。隣国ドイツでは、ヒトラーが首相となりファシズムが台頭する時代ならで... もっと読む

監禁面接 (文春文庫 ル 6-6)

197
3.56

感想・レビュー

正に予測不能、驚天動地、全力疾走。 容易に想像できる未来の範疇を当然の様に飛び越えていくのだが、その頻度とスピードが凄まじい。何度もステージが変わり、何度... もっと読む

死のドレスを花婿に

153
3.75

感想・レビュー

この着想、このテンポ! 今話題の「その女アレックス」の作者の一作目。 なるほど~才能あります☆ ソフィー・デュゲは20代後半、裕福な家庭のベビー... もっと読む

われらが痛みの鏡 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ル 5-5)

143
3.45

感想・レビュー

ピエール・ルメートル『われらが痛みの鏡 上』ハヤカワ文庫。 『天国でまた会おう』『炎の色』に続く3部作の完結編。前2作とは間接的には関連するが、全く独立... もっと読む

傷だらけのカミーユ (文春文庫)

129
3.90
ピエール・ルメートル 電子書籍 2016年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヴェルーヴェン警部三部作の最終巻。前作の『その女アレックス』以上に、第一作の『悲しみのイレーヌ』との繋がりもネタバレ度合いも強く、絶対に本作から読んではい... もっと読む

われらが痛みの鏡 下 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ル 5-6)

119
3.53

感想・レビュー

ピエール・ルメートル『われらが痛みの鏡 下』ハヤカワ文庫。 3部作の完結編の下巻。戦火の中で運命に翻弄されながら、歴史の1ページを刻んだ登場人物たち。ミ... もっと読む

死のドレスを花婿に (文春文庫)

81
3.50
ピエール・ルメートル 電子書籍 2015年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2022/9/21 Amazonより文藝春秋ポイント還元キャンペーンにて784円(392pt)でDL購入。 もっと読む

炎の色

67
3.91

感想・レビュー

「その女アレックス」が有名なピエール・ルメートル。 ミステリではない「天国でまた会おう」の三部作、その二作目になります。 1927年、パリ。 大... もっと読む
全45アイテム中 1 - 20件を表示

ピエール・ルメートルに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×