フィツジェラルドのおすすめランキング

プロフィール

1896年ミネソタ生まれ。「失われた世代」の作家として知られる。大学在学中から小説を書きはじめ、『華麗なるギャツビー』を刊行後、一躍時代の寵児に。激しい恋の末、美貌のゼルダと結婚、贅をつくした生活を送るが、やがて転落の道を辿る。1940年心臓発作で逝去。

「2008年 『夜はやさし(上)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フィツジェラルドのおすすめランキングのアイテム一覧

フィツジェラルドのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『グレート・ギャツビー (新潮文庫)』や『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫)』や『華麗なるギャツビー (角川文庫)』などフィツジェラルドの全32作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

グレート・ギャツビー (新潮文庫)

2663
3.41
フィツジェラルド 1989年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめは文章の言い回しに苦戦したけれど、最終的にはたたみかけるように読めてしまった。 実現しかけた夢が一瞬で崩れ去る虚しさや脆さを感じた。 財だけでは... もっと読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫)

507
3.26
フィツジェラルド 2009年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

…人生は夢であると感じたことはないだろうか。 老人の姿で生まれ、年を経るごとに若返っていくー。 周りと逆行した人生を送った男の哀しく数奇な物語。 ... もっと読む

華麗なるギャツビー (角川文庫)

320
3.17
フィツジェラルド 1957年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貧しさゆえに、恋人を失ったギャツビーはいま、ロング・アイランドに豪邸を構え、夜ごと華やかなパーティーを開く。 すでに人妻となった恋人を取り戻そうと、富を築... もっと読む

夜はやさし(上) (角川文庫)

223
3.49
フィツジェラルド 2008年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある若き夫妻の、出会いから夫婦関係の崩壊、そして別れまでを描いた長編小説。 上下巻を全て読み終えた後、寂しくも暖かな気持ちとともに、不思議とこの表紙の絵が... もっと読む

夜はやさし(下) (角川文庫)

167
3.67
フィツジェラルド 2008年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フィッツジェラルドの儚い願いを託された一作。書くということで彼は浄化を求め、慰めを受けたかったに違いない。ディック博士のようなあっけない幕引きを望んで夢み... もっと読む

雨の朝パリに死す (角川文庫)

115
3.21

感想・レビュー

「カットグラスの鉢」 「冬の夢」 「罪の赦し」 「金持ちの青年(リッチ・ボーイ)」 「雨の朝 パリに死す(バビロンに帰る)」 の5篇を収録した短... もっと読む

グレート・ギャツビー

107
3.81
フィツジェラルド 電子書籍 1974年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫町倶楽部課題図書を当日になってようやく読了。言わずと知れた20世紀アメリカ文学の代表作で、初読は一昔前に村上春樹訳がでたときくらい。最近また光文社古典新... もっと読む

ラスト・タイクーン (角川文庫)

98
2.88
フィツジェラルド 2008年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

訳のせいか、会話がわかりにくい。 もっと読む

ラスト・タイクーン (角川文庫)

34
2.86

感想・レビュー

フィッツジェラルドの最後となる作品。 未完の作品を読むということは、そこで書いた人間の試行錯誤の跡を辿ることができる。いかに彼の小説ができあがっているのか... もっと読む

雨の朝巴里に死す―他二篇 (1955年) (角川文庫)

2

感想・レビュー

数年前に読んだのは確か角川版だったはず。 もっと読む
全32アイテム中 1 - 20件を表示

フィツジェラルドに関連する談話室の質問

ツイートする