フィツジェラルドのおすすめランキング

プロフィール

1896年ミネソタ生まれ。ヘミングウェイとともに「失われた世代」の作家として知られる。大学在学中から小説を書きはじめ、『グレート・ギャツビー』を刊行して一躍時代の寵児となる。激しい恋愛の末、美貌の女性ゼルダと結婚、贅をつくした生活を送る。しかし、夜ごとの饗宴を支えるため乱作をはじめ、次第に人気を失い、ハリウッドの台本書きへと転落の道を辿る。1940年、再起をかけて執筆していた『ラスト・タイクーン』が未完のまま、心臓発作で逝去。

「2022年 『グレート・ギャツビー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フィツジェラルドのおすすめランキングのアイテム一覧

フィツジェラルドのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『グレート・ギャツビー (新潮文庫)』や『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫)』や『華麗なるギャツビー (角川文庫)』などフィツジェラルドの全35作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

グレート・ギャツビー (新潮文庫)

3754
3.42
フィツジェラルド 1989年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1922年第一次世界大戦後 狂騒の20年代アメリカ 絢爛豪華な邸宅で夜ごと盛大なパーティを開く謎めいた男、それがギャッツビー。彼の資金力の影には 黒い噂が... もっと読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫)

634
3.29
フィツジェラルド 2009年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先に映画を見てから読んだ。「ベンジャミン・バトン 数奇の人生」に関しては原作は非常にリアルだが、派手さのない内容であった。映画は巨額の費用でストーリーも派... もっと読む

華麗なるギャツビー (角川文庫)

412
3.20
フィツジェラルド 1957年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

翻訳者が苦手であった。(昭和32年発行のものであるからかもしれない) 次は原作を読んでみようと思う。 もっと読む

夜はやさし(上) (角川文庫)

330
3.47
フィツジェラルド 2008年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シェイクスピア書店の本を読んで、もともと映画『ミッドナイトインパリ』大好きだし、20年代のヨーロッパを知りたくなって。フィツジェラルドの自伝的小説だけど、... もっと読む

夜はやさし(下) (角川文庫)

231
3.69
フィツジェラルド 2008年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人を愛し救おうとすることが、自分を破滅させるなんて哀しき。 さすがフィツジェラルド、20年代のアメリカの大金持ちがいかにヨーロッパでぶんぶん鳴らし、嫌われ... もっと読む

グレート・ギャツビー(新潮文庫)

156
3.71
フィツジェラルド 電子書籍 1974年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫町倶楽部課題図書を当日になってようやく読了。言わずと知れた20世紀アメリカ文学の代表作で、初読は一昔前に村上春樹訳がでたときくらい。最近また光文社古典新... もっと読む

雨の朝パリに死す (角川文庫)

135
3.24

感想・レビュー

「カットグラスの鉢」 「冬の夢」 「罪の赦し」 「金持ちの青年(リッチ・ボーイ)」 「雨の朝 パリに死す(バビロンに帰る)」 の5篇を収録した短... もっと読む

ラスト・タイクーン (角川文庫)

126
2.81
フィツジェラルド 2008年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何を書こうとしていたかはわかるし恐らくちゃんと完成していれば著者の意図通りギャッツビー並みの名作になったのかもしれない。 ギャッツビー同様に自信の信念と... もっと読む

ラスト・タイクーン (角川文庫 リバイバル・コレクション K 53)

41
2.86

感想・レビュー

フィッツジェラルドの最後となる作品。 未完の作品を読むということは、そこで書いた人間の試行錯誤の跡を辿ることができる。いかに彼の小説ができあがっているのか... もっと読む

夜はやさし(上) 「夜はやさし」シリーズ (角川文庫)

15
フィツジェラルド 電子書籍 2013年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フィッツジェラルド最後の長編となった作品。ディックと妻のニコルは、晩年アルコールに溺れた作者自身と、統合失調症を患った妻のゼルダを思わせます。その夫婦関係... もっと読む

夜はやさし(下) 「夜はやさし」シリーズ (角川文庫)

12
フィツジェラルド 電子書籍 2013年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神科医のディックと患者のニコル。その結婚生活が簡単ではないことは、始めからわかっていました。それでも一緒になるしかなかった2人。そこにあったものは愛。あ... もっと読む
全35アイテム中 1 - 20件を表示

フィツジェラルドに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×