フィリップ・K・ディックのおすすめランキング

フィリップ・K・ディックのおすすめランキングのアイテム一覧

フィリップ・K・ディックのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))』や『高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)』や『流れよわが涙、と警官は言った (ハヤカワ文庫SF)』などフィリップ・K・ディックの全58作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

9760
3.81

感想・レビュー

ちょっと思い出して映画を見直すことにしたので、原作も読み直し。 映画の感想はこちら。 http://booklog.jp/item/1/B016PLAA... もっと読む

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

2139
3.44

感想・レビュー

◯読み終えて素直に思ったことは、この小説に関して自分がどう考えて良いのかよく分からない、ということだった。 ◯SF小説を読み慣れていないせいなのかもしれな... もっと読む

流れよわが涙、と警官は言った (ハヤカワ文庫SF)

1374
3.67

感想・レビュー

著名なTVタレントのジェイスン・タヴァナーがある日目覚めた、見知らぬ安ホテルの一室。その世界では、誰も彼のことを知らず、彼に関する一切の記録が存在していな... もっと読む

ユービック (ハヤカワ文庫 SF 314)

1249
3.79

感想・レビュー

めちゃくちゃおもしろかった! めちゃくちゃおもしろかった!! めちゃくちゃおもしろかった!!! すごいっ。 クライマックスから読後の現在、私の... もっと読む

トータル・リコール (ディック短篇傑作選)

544
4.00

感想・レビュー

発想に感嘆する。星新一のSFをヘビーにした印象。映画でしか知らなかった「トータルリコール」がこんな短編だったのも、こんなストーリーだったことにも驚き。表現... もっと読む

アジャストメント―ディック短篇傑作選 (ハヤカワ文庫 SF テ 1-20)

428
3.68

感想・レビュー

 今回この短編集を購入したのは表題作である「アジャストメント」を読むためではなく(同作ももちろん面白いのですが)、巻末に収録されたディックの講演原稿「人間... もっと読む

パーマー・エルドリッチの三つの聖痕 (ハヤカワ文庫SF)

421
3.77

感想・レビュー

火星や金星に殖民するため、国連によって地球を追われ、過酷な環境下に強制移住させられた人々にとって、ドラッグ・キャンDは必需品であった。キャンDは目の前の模... もっと読む

ヴァリス (創元推理文庫)

378
3.63

感想・レビュー

ディックの小説はSF系と妄想系に大別されると思われるが、これは妄想系。麻薬でらりった頭でないとこういう小説は書けないのか もっと読む

まだ人間じゃない (ハヤカワ文庫 SF テ 1-19 ディック傑作集)

339
3.69

感想・レビュー

 ディック基本的に好きなんだけどね!!これはね!!低評価させていただく。とりあえず表題作が生理的に受け付けなかった。  ただ思えばいろんなとこに「典型的... もっと読む

人間以前 (ディック短篇傑作選)

338
3.65

感想・レビュー

「短編集なんですね」 「うん」 蛹が頷くと、葉月は待っていましたとばかりに目次を開いた。 「またこのパターンなの?」 「万有引力や質量保存の法則を... もっと読む

偶然世界 (ハヤカワ文庫 SF テ 1-2)

316
3.21

感想・レビュー

予想外の展開に進んでいくのが面白かった。 まさかロケットになるとは…… もっと読む

時は乱れて (ハヤカワ文庫SF)

291
3.66

感想・レビュー

SFマガジンのPKD特集に再度刺激され、ディック祭り継続中。 57年の「虚空の目」と62年の「高い城の男」の間に位置する作品。何かが違っているように見え... もっと読む

ヴァリス〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

275
3.59

感想・レビュー

新訳が出ていたのを知らなかった。 アメリカ人の精神的崩壊感とディックの宗教観が絡み合って、複雑な味わい。 もっと読む

暗闇のスキャナー (創元SF文庫)

247
3.68

感想・レビュー

落語の粗忽長屋という噺がある。門前で行き誰の死体を見つけた男、これは俺の友達だ、今呼んでくる、と駆け出す。家で寝ているところを「お前、門前で行き倒れてるぞ... もっと読む

高い城の男

226
3.73
フィリップ・K・ディック 電子書籍 1984年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第二次世界大戦で勝ったのがドイツと日本だったら?という設定の物語。舞台となるアメリカは敗戦国としてドイツと日本に統治されていて、火星に行っているのにテレビ... もっと読む

変数人間 (ハヤカワ文庫SF)

226
3.78

感想・レビュー

断続的ひとりディック祭りも、SFマガジンの特集をもって世の中の流れに合流したか・・・ 今回の短編集は、コミカルな雰囲気のものや比較的ストレートなSF... もっと読む

未来医師 (創元SF文庫)

222
2.84

感想・レビュー

SF的に面白い面白くない以前に、奥さんがいるのに(その時点で帰れるであろう目算はまだあるのに)、別の女と関係持って子供まで作る時点で「ねーわ」って思ってし... もっと読む

ディック傑作集〈2〉時間飛行士へのささやかな贈物 (ハヤカワ文庫SF)

219
3.38

感想・レビュー

ディック傑作集〈2〉時間飛行士へのささやかな贈物 (ハヤカワ文庫SF) もっと読む

宇宙の眼 ハヤカワ文庫SF

201
3.59

感想・レビュー

ディックの小説の中でも好きな作品になった。 時に難解な(というか破綻している(そしてそれが魅力だったりする))他作品とは一線を画し、物語は分かりやすく、... もっと読む

小さな黒い箱 (ディック短篇傑作選)

181
3.46

感想・レビュー

SFだけど、サスペンス的要素があって読者を飽きさせない。この短編集の中では「聖なる戦い」がベスト。 もっと読む
全58アイテム中 1 - 20件を表示

フィリップ・K・ディックに関連する談話室の質問

ツイートする
×