フェリクス・ホフマンのおすすめランキング

プロフィール

フェリクス・ホフマン(Felix Hoffmann)1911~1975 スイス、アーラウ生まれ。ドイツの美術学校で学んだのち帰郷。版画家としてすぐれた仕事をする一方で、ステンドグラスの制作にも力を入れた。自分の子どもたちのために絵本をつくりはじめ、1957年『おおかみと七ひきのこやぎ』を出版。以降、数多くの美しい絵本を残した。日本で出版されたおもな絵本に『ねむりひめ』『七わのからす』、さし絵に『グリムの昔話1~3』(以上、福音館書店)などがある。

フェリクス・ホフマンのおすすめランキングのアイテム一覧

フェリクス・ホフマンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『クリスマスのものがたり (世界傑作絵本シリーズ)』や『赤ずきん (福音館の単行本)』などフェリクス・ホフマンの全2作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

クリスマスのものがたり (世界傑作絵本シリーズ)

123
4.00

感想・レビュー

スタンダードクリスマスの本 信者じゃなくても何の日だったか分かるいい絵本 キリスト絵画を鑑賞するときに役に立ちます(^^) もっと読む

赤ずきん (福音館の単行本)

40
3.69

感想・レビュー

全体に印象が薄くて・・・ あかずきんもおおかみもお花畑も、もう少し際立ってもいいんじゃないかなあ・・・ もっと読む
全2アイテム中 1 - 2件を表示
ツイートする