フリオ・リャマサーレスのおすすめランキング

プロフィール

1955年生まれ。スペイン北部のベガミアン村で生まれる。弁護士、ジャーナリストを経て、詩人、作家として活動を始める。94年に長編『狼たちの月』を発表、88年の『黄色い雨』で世界的な評価を得る。

「2017年 『黄色い雨』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フリオ・リャマサーレスのおすすめランキングのアイテム一覧

フリオ・リャマサーレスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『黄色い雨』や『黄色い雨 (河出文庫)』や『狼たちの月』などフリオ・リャマサーレスの全8作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

黄色い雨

321
3.88

感想・レビュー

「彼らがソブレプエルトの峠に付く頃には、たぶん日が暮れ始めているだろう。黒い影が波のように山々を覆って行くと、血のように赤く濁って崩れかけた太陽がハリエニ... もっと読む

黄色い雨 (河出文庫)

260
3.98

感想・レビュー

百年の孤独の舞台マコンドを想起させられる。 嵐のように畳み掛けるが如く滅び去るマコンドではなく、 じりじりと時間を費やして滅ぶマコンド。 時間を... もっと読む

狼たちの月

160
4.00

感想・レビュー

スペイン内戦の激しい爪痕を描いた本である。反乱軍の主人公達は山に逃げている。親族がこっそり調理師した物などを埋めたりして隠し、野生の動物を捕まえたりしてな... もっと読む

無声映画のシーン

160
3.68

感想・レビュー

問うべきは死後に人生があるかどうかではなく、死ぬ前に人生があるかどうかである。 母親が持っていた昔の写真を眺めているうちに、どこかで聞いたこの言葉が... もっと読む

黄色い雨

80
4.20

感想・レビュー

見捨てられた村に最後に残った男が語る、終焉とそれまでの記憶。 辛いばかりの話になりそうなのに、何故こんなにも面白いのか。 ページをめくる手を止められなかっ... もっと読む

狼たちの月

24
4.43

感想・レビュー

フランコ率いる反乱軍との戦いに敗れ、スペイン北部の山中で生き抜く敗残兵の姿を描いた物語。 始まりから過酷で、それが約10年続く。集団的戦闘が終わり、周囲全... もっと読む
全8アイテム中 1 - 8件を表示
ツイートする
×