フレドリック・ブラウンのおすすめランキング

プロフィール

フレドリック・ウィリアム・ブラウンは、アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ生まれの小説家、SF作家、推理作家。ユーモアあふれるショートショート作品で知られている。

フレドリック・ブラウンのおすすめランキングのアイテム一覧

フレドリック・ブラウンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『天の光はすべて星 (ハヤカワ文庫 SF フ 1-4)』や『さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫 SF フ 1-5)』や『厭な物語 (文春文庫 ク 17-1)』などフレドリック・ブラウンの全121作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

天の光はすべて星 (ハヤカワ文庫 SF フ 1-4)

1017
3.76

感想・レビュー

奇抜なアイデアや舞台設定がなくてもいい。大事なのは星を掴もうとすることであり、掴むべき星はたくさんあるってことなのだ。 もっと読む

さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫 SF フ 1-5)

640
3.83

感想・レビュー

フレドリック・ブラウンの描く12の短編が収録された作品。 日本の有名なSF作家である星新一が訳した作品という時点で「面白くないわけがない!」と胸を躍らせて... もっと読む

厭な物語 (文春文庫 ク 17-1)

628
3.54

感想・レビュー

厭な気持ちになる物語を集めた短編集。でもホラーじゃないよ。 これを読んで幸せな気持ちになる方は、自分が異常であると自覚してください、……というくらい... もっと読む

真っ白な嘘【新訳版】 (創元推理文庫)

606
3.71

感想・レビュー

1940年代アメリカの短編集、18篇。300ページ強。 ミステリといっても推理もの以外にサスペンスや奇譚まで幅広く、純粋な謎解きは一部だ。質的にも満足で... もっと読む

街角の書店 (18の奇妙な物語) (創元推理文庫)

477
3.56

感想・レビュー

確かに奇妙な味ばかり。主に1950年代あたりの作品多め。『肥満翼賛クラブ』『アルフレッドの箱舟』『赤い心臓と青い薔薇』『試金石』『M街七番地の出来事』『旅... もっと読む

発狂した宇宙 (ハヤカワ文庫 SF 222)

438
3.67

感想・レビュー

SF。多元宇宙。 まさに奇想天外。 主人公のような狂った世界を体験したら、本当に発狂するかも。 ストーリー自体はかなり都合が良い展開で、けっこう単純... もっと読む

さあ、気ちがいになりなさい (異色作家短編集)

386
3.84

感想・レビュー

買ってから15年間棚で寝かせてあったのだけど『真っ白な嘘』を読んだのをきっかけにこちらも。おもしろかったー。 「真っ白な~」と3編が共通だった(()... もっと読む

まっ白な嘘 (創元推理文庫) (創元推理文庫 146-7 フレドリック・ブラウン短編集 1)

328
3.64

感想・レビュー

短編集。気に入った3作品の感想。 どれも最後に逆転があるけれど、そこに至るまでの主人公の苦悩の方に焦点がある。 他の短編もなかなか面白い。 《世... もっと読む

未来世界から来た男 (創元SF文庫 (605-1)) (創元推理文庫 605-1)

291
3.46

感想・レビュー

ブラウンのショートショート(SS)集。二部構成になっており、前半が「SFの巻」後半が「悪夢の巻」となっている。SFはもとより恐怖小説、コント、艶噺風に寓話... もっと読む

火星人ゴーホーム (ハヤカワ文庫 SF 213)

290
3.39

感想・レビュー

面白かった、こういう本こそ絶版にせずに売って欲しい。 もっと読む

不吉なことは何も (創元推理文庫)

228
3.81

感想・レビュー

 越前敏弥さんが宣伝していたので知ったフレドリック・ブラウン、初読み。東京創元社から新訳の短編集が三冊出ているが、三つ揃って表紙もおしゃれ。『不吉なことは... もっと読む

天使と宇宙船 (創元推理文庫 605-2)

221
3.79

感想・レビュー

やっぱりフレドリック・ブラウンはいい! どこかしら洒落ていて、スカしていて、面白い。 面白さに文字数は関係ないと教えてくれる。 この本は装丁も好き。 もっと読む

宇宙をぼくの手の上に (創元推理文庫 605-5)

214
3.66

感想・レビュー

☆━━…‥・企画展示・‥…━━☆     宇宙(そら)をよむ ・‥…━━☆・‥…━━☆・‥…━━☆ SF短編の名手ブラウンが描く奇想天外な話の数... もっと読む

フレドリック・ブラウンSF短編全集1 星ねずみ

214
3.52

感想・レビュー

タイトルのとおり、フレドリック・ブラウンのSF短編すべてを執筆年代順にまとめるシリーズ。その第一巻。植字機の操作員だったらしく、その経験に基づいたと思われ... もっと読む

死の10パーセント: フレドリック・ブラウン短編傑作選 (創元推理文庫)

185
3.47

感想・レビュー

フレドリック・ブラウンのミステリ短編を集めた日本独自の短編集。 好きでいえば表題にもなってる「死の10パーセント」は如何にもフレドリック・ブラウンという感... もっと読む

天外消失 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1819)

179
3.75

感想・レビュー

1950年代のミステリ作品を収録した短編集。驚いたのは、今読んでも古くささを感じさせないところ。翻訳が素晴らしいのだと思うが、変に引っ掛かるところもなく、... もっと読む

シカゴ・ブルース【新訳版】 (創元推理文庫)

175
3.76

感想・レビュー

50年ぶりの新訳、復刊 何故、今新たに訳されて復刊したのか考えてみてもわからず。 気になって読み始める。 父親と同じ印刷所で働く18歳の青年が主人公 ... もっと読む

スポンサーから一言 (創元推理文庫 605-4)

154
3.67

感想・レビュー

以前から読みたかった「闘技場」がやっと読めた。噂に違わず面白かった。他にお気に入りは「地獄の蜜月旅行」。全21編だが、ストレートなオチから、ひねくれたモノ... もっと読む

フレドリック・ブラウンSF短編全集2 すべての善きベムが

126
4.20

感想・レビュー

SF。短編集。全集の2作目。 既読の作品も多いけど、どの作品も面白い。 全ての作品が面白いと思った短編集も久しぶり。 大森望さんの解説通り、とにかく... もっと読む

フレドリック・ブラウンSF短編全集3 最後の火星人

123
4.33

感想・レビュー

ほんとうは文庫のスポンサーから一言を読んだので収録が違うのだけど登録されてないので備忘録的にこちら もっと読む
全121アイテム中 1 - 20件を表示

フレドリック・ブラウンに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×