フローベールのおすすめランキング

フローベールのおすすめランキングのアイテム一覧

フローベールのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ボヴァリー夫人 (新潮文庫)』や『ボヴァリー夫人 (上) (岩波文庫)』や『ボヴァリー夫人 (新潮文庫)』などフローベールの全46作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

694
3.47

感想・レビュー

よく思うのですが、女性が妻となり、家庭を守るという行為は、外に出て荒波にもまれながら、家庭を同じく守る夫とは対照的な苦痛があると思うのです。 さまざまな... もっと読む

ボヴァリー夫人 (上) (岩波文庫)

284
3.51
フローベール 1960年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなかアクションを起こす展開に移らないから、じわじわと精神的にダメージを受ける。 もっと読む

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

223
3.48

感想・レビュー

でたらめな父親と、気位の高い母親にふりまわされて シャルル・ボヴァリー氏は自分では何もできない男だった 親の言うまま勉強して医者になり 親の言うまま... もっと読む

ボヴァリー夫人 (下) (岩波文庫)

216
3.66
フローベール 1960年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

19世紀フランスの小説家ギュスターヴ・フローベール(1821-1880)の代表作、1857年。スタンダール、バルザック、ユーゴー、デュマ・ペールに続く世代... もっと読む

感情教育〈上〉 (岩波文庫)

201
3.52
フローベール 1971年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二月革命直前のパリで、社会情勢や政治情勢が刻一刻と変転する中で、アルヌー夫人への恋に身をやつす青年フレデリックの物語。友人たちが政論で一山あてようと躍起に... もっと読む

感情教育〈下〉 (岩波文庫)

143
3.78
フローベール 1971年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻の3分の2過ぎたあたりから劇的に面白くなる。若く、熱っぽく、傲慢で、不安定で、愚かで、狡くて、心弱い、ばかなフレデリック。アルヌー夫人がでてくると、革... もっと読む

紋切型辞典 (岩波文庫)

132
3.32
フローベール 2000年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『紋切型辞典』これがまた面白い。ついでにフラ語の勉強にもなる。 岩波さんの書物案内によると --ここに編まれたおよそ1000の項目は,衣服,飲食物... もっと読む

聖アントワヌの誘惑 (岩波文庫 赤 538-6)

63
3.92

感想・レビュー

原書名:La Tentation de Saint Antoine 著者:ギュスターヴ・フローベール(Flaubert, Gustave, 1821... もっと読む

感情教育(下) (古典新訳文庫)

48
4.43
フローベール 2014年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フレデリックとともに二月革命のパリを体験する第3部だけど、後半一気に展開する。それに合わせて一気に読み進めてしまった。それにしてもフローベールの文章は読み... もっと読む

三つの物語 (光文社古典新訳文庫)

43
3.88

感想・レビュー

新訳にて再読。昔、読んだのは10数年前だったけど、「素朴なひと」は多分、これ以上の完全な小説は無いのじゃないか、と思った。確かに再読してみても、思った以上... もっと読む

ボヴァリー夫人 フローベール

35
4.33
姫野カオルコ 2003年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

姫野カオルコさん文章、綺麗な絵の数々。姫野カオルコさんって文章が素敵だなと思った。あと絵がめちゃくちゃいい。こういうタッグの本は素晴らしいと思う。 もっと読む

ボヴァリー夫人 (1967年) (旺文社文庫)

3
3.00

感想・レビュー

(1967.03.23読了)(1967.03.14購入) 内容紹介 田舎医者ボヴァリーの妻エマが、単調な日常に退屈し、生来の空想癖から虚栄と不倫に身を... もっと読む
全46アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする