ヘミングウェイのおすすめランキング

ヘミングウェイのおすすめランキングのアイテム一覧

ヘミングウェイのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『老人と海 (新潮文庫)』や『老人と海 (新潮文庫)』や『老人と海 (光文社古典新訳文庫)』などヘミングウェイの全97作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

老人と海 (新潮文庫)

9121
3.50

感想・レビュー

細かな語りが乾いた雰囲気を上手く醸成していて、ねっとり引き込まれる作品。情況の静と動とともに人生の静と動が描写され、自然の中で生きる人間の営みを深い洞察で... もっと読む

老人と海 (新潮文庫)

1693
3.73
ヘミングウェイ 2020年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 サークルの先輩から勧められ読んでみました。150ページという少ないページ数からは想像もできないような濃い内容でした。中でも私が気に入っている点はカジキや... もっと読む

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

563
3.86

感想・レビュー

「老人と海」というタイトル、というべきか、老人という言葉がそこに選ばれていることが全てを物語っているような感じもあり、あれこれと語らない方がいいような気が... もっと読む

老人と海 (1966年) (新潮文庫)

543
3.63

感想・レビュー

何というカッコよさ。海という雄大な自然に立ち向かう老人サンチャゴの奮闘が、かなりリアルに感じられる。物語はたった四日ほどの話だが、それに100ページ超を使... もっと読む

武器よさらば (新潮文庫)

469
3.36

感想・レビュー

老人と海、に続いてヘミングウェイ2作目。 ところどころで、戦争の話やイタリアの土地の話が続くと、理解できないことが多くて、体力が必要だった。 この本の... もっと読む

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

363
3.80
ヘミングウェイ 電子書籍 2014年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞に新訳が出た、と書かれていたので、そちらを、と思ったのですが読み放題になっていたこちらを読むことに。 とはいっても2014年版なので、ほどほど新しい... もっと読む

海流のなかの島々(下) (新潮文庫)

342
3.72

感想・レビュー

息子たちとの、短くも幸せな時間。 一転、息子を失ってからの退廃的な生活。 そして自ら死地を求める様。 章が変わった時、初めのうち主人公が同じ人物... もっと読む

ヘミングウェイ短編集 (1) (新潮文庫)

283
3.33

感想・レビュー

この短編集は、同氏の作品の内「インディアン部落」「心が二つある大きな川(一)、(二)」など収録されています。 もっと読む

日はまた昇る (新潮文庫)

272
3.33

感想・レビュー

初めてヘミングウェイを読んだ。情景が美しく、フィエスタの熱狂とその前の静けさ、眩しさまでも鮮明に描写されている。 もっと読む

ヘミングウェイ短篇集 (ちくま文庫)

230
3.61
ヘミングウェイ 2010年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

白い象のような山並み ラジオで解説があったのをきっかけに読む。 文章をそぎ落としすぎて2人がなにを話しているのか、なんのことか分かりにくい。 が、わかっ... もっと読む

キリマンジャロの雪 (角川文庫)

220
3.49

感想・レビュー

ヘミングウェイの短編集です。表題は聞いたことはあるのですが読んだのは初めて。そう言われてみるとあまり作品数は読んだことなかったかなあと思いました。 老... もっと読む

ヘミングウェイ短編集 (2) (新潮文庫)

119
3.47
ヘミングウェイ 1970年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この書籍は、前回と同じで短編集の二巻目です。 もっと読む

(042)夢 (百年文庫)

115
3.31
ポルガー 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮教大OPAC https://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/opac/volume/544469 もっと読む

老人と海(新潮文庫)

90
3.73
ヘミングウェイ 電子書籍 1966年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ノーベル文学賞を受賞したヘミングウェイによる徹底された外面描写で自然の厳しさがありのまま表現されている作品。 こういうハードボイルドな作風の小説はあまり... もっと読む

移動祝祭日 (土曜文庫)

76
3.83

感想・レビュー

フィッツジェラルドのペニス。 もっと読む

ヘミングウェイ短篇集〈上〉 (岩波文庫)

70
3.24
ヘミングウェイ 1987年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヘミングウェイ短篇集〈上〉 (和書)2009年05月12日 19:50 1987 岩波書店 ヘミングウェイ, 谷口 陸男 予想以上にあっさり... もっと読む

老人と海(新潮文庫)

34
3.67
ヘミングウェイ 電子書籍 2020年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アーネスト・ヘミングウェイ、1952年刊行の名著。ヘミングウェイにピューリッツァー賞とノーベル賞をもたらした中編小説である。 新潮文庫では福田恆存訳が出... もっと読む

移動祝祭日 (同時代ライブラリー)

33
3.67
ヘミングウェイ 1990年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パリは移動祝祭日だからだ。 もっと読む

移動祝祭日(新潮文庫)

29
4.00
ヘミングウェイ 電子書籍 2009年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヘミングウェイというと、イメージ的にパパと呼ばれていた髭のタフなおっさん、という感じがしていたのだけれど、もちろん生まれたときからマルガリータやダイキリを... もっと読む
全97アイテム中 1 - 20件を表示

ヘミングウェイに関連する談話室の質問

ツイートする
×