ヘミングウェイのおすすめランキング

ヘミングウェイのおすすめランキングのアイテム一覧

ヘミングウェイのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『老人と海 (新潮文庫)』や『老人と海 (1966年) (新潮文庫)』や『武器よさらば (新潮文庫)』などヘミングウェイの全94作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

老人と海 (新潮文庫)

8588
3.50

感想・レビュー

 自分の命を懸けて、マカジキを追う主人公は、本当にかっこいい  何もかも失った主人公を見ていると、自分の悩みなどちっぽけなものに思えてきます。悩みに苦しん... もっと読む

老人と海 (1966年) (新潮文庫)

533
3.62

感想・レビュー

何というカッコよさ。海という雄大な自然に立ち向かう老人サンチャゴの奮闘が、かなりリアルに感じられる。物語はたった四日ほどの話だが、それに100ページ超を使... もっと読む

武器よさらば (新潮文庫)

445
3.34

感想・レビュー

老人と海、に続いてヘミングウェイ2作目。 ところどころで、戦争の話やイタリアの土地の話が続くと、理解できないことが多くて、体力が必要だった。 この本の... もっと読む

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

321
3.88

感想・レビュー

「老人と海」というタイトル、というべきか、老人という言葉がそこに選ばれていることが全てを物語っているような感じもあり、あれこれと語らない方がいいような気が... もっと読む

海流のなかの島々(下) (新潮文庫)

297
3.71

感想・レビュー

息子たちとの、短くも幸せな時間。 一転、息子を失ってからの退廃的な生活。 そして自ら死地を求める様。 章が変わった時、初めのうち主人公が同じ人物... もっと読む

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

278
3.80
ヘミングウェイ 電子書籍 2014年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

老人がひとりでぶつぶつと物思いにふける 感じがすごく共感できる さかなつり一回してみたい、楽しそう とか言ったら老人に怒られそう。 もっと読む

ヘミングウェイ短編集 (1) (新潮文庫)

266
3.33

感想・レビュー

この短編集は、同氏の作品の内「インディアン部落」「心が二つある大きな川(一)、(二)」など収録されています。 もっと読む

日はまた昇る (新潮文庫)

244
3.30

感想・レビュー

初めてヘミングウェイを読んだ。情景が美しく、フィエスタの熱狂とその前の静けさ、眩しさまでも鮮明に描写されている。 もっと読む

キリマンジャロの雪 (角川文庫)

205
3.49

感想・レビュー

ヘミングウェイの短編集です。表題は聞いたことはあるのですが読んだのは初めて。そう言われてみるとあまり作品数は読んだことなかったかなあと思いました。 老... もっと読む

ヘミングウェイ短篇集 (ちくま文庫)

199
3.66
ヘミングウェイ 2010年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヘミングウェイはいいぞおじさん 「清潔で明るい場所」が好き もっと読む

ヘミングウェイ短編集 (2) (新潮文庫)

108
3.45
ヘミングウェイ 1970年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この書籍は、前回と同じで短編集の二巻目です。 もっと読む

(042)夢 (百年文庫)

101
3.32
ポルガー 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

≪県立図書館≫ 「すみれの君」 ノンシャラン、なるほど、いい言葉だ。 粋、というよりはやわらかく、適当な放蕩さを感じる。 一つの美学だ。 ル... もっと読む

ヘミングウェイ短篇集〈上〉 (岩波文庫)

66
3.20
ヘミングウェイ 1987年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

失われた時代の創作。不敗の男が好き。 「景気どうだ?」「まずまずだ。おめえのほうは?」「ひでぇよ」からのラストが趣深い。 もっと読む

移動祝祭日 (土曜文庫)

62
3.83

感想・レビュー

フィッツジェラルドのペニス。 もっと読む

移動祝祭日 (同時代ライブラリー)

33
3.62
ヘミングウェイ 1990年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パリは移動祝祭日だからだ。 もっと読む

老人と海(新潮文庫)

26
3.71
ヘミングウェイ 電子書籍 1966年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

老人のように、歳を取っても、冒険心を持ちたいと思った。目に見える成果は得られなくとも。 もっと読む

日はまた昇る

17
3.50

感想・レビュー

「酔っ払っちゃいないさ。ちょっとワインを飲んでるだけだ。ワインが好きなんだよ、おれは」 「とにかく、酔っ払わないで。ね、酔っ払わないで、ジェイク」 ... もっと読む

世界文学全集 39 ヘミングウェイ 誰がために鐘は鳴る

13
4.33

感想・レビュー

読んでいると情景がどんどん目の前に現れてきて、すっごくすっごく面白かったけど読んでて死にそうだった。 ほんと死にそうだった。 もっと読む

アメリカ〈2〉/集英社ギャラリー「世界の文学」〈17〉

13
4.00

感想・レビュー

偉大な作家の名作ぞろいがうれしい。フォークナー『アブサロム、アブサロム!』が特に良かった。よい訳文と情熱的な語りは気持ちいい読書時間を過ごせた。短編も多数... もっと読む
全94アイテム中 1 - 20件を表示

ヘミングウェイに関連する談話室の質問

ツイートする