ヘミングウェイのおすすめランキング

ヘミングウェイのおすすめランキングのアイテム一覧

ヘミングウェイのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『老人と海 (新潮文庫)』や『老人と海 (新潮文庫)』や『老人と海 (光文社古典新訳文庫)』などヘミングウェイの全102作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

老人と海 (新潮文庫)

9671
3.49

感想・レビュー

細かな語りが乾いた雰囲気を上手く醸成していて、ねっとり引き込まれる作品。情況の静と動とともに人生の静と動が描写され、自然の中で生きる人間の営みを深い洞察で... もっと読む

老人と海 (新潮文庫)

3501
3.68
ヘミングウェイ 2020年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 サークルの先輩から勧められ読んでみました。150ページという少ないページ数からは想像もできないような濃い内容でした。中でも私が気に入っている点はカジキや... もっと読む

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

855
3.77

感想・レビュー

「老人と海」というタイトル、というべきか、老人という言葉がそこに選ばれていることが全てを物語っているような感じもあり、あれこれと語らない方がいいような気が... もっと読む

老人と海 (1966年) (新潮文庫)

551
3.62

感想・レビュー

何というカッコよさ。海という雄大な自然に立ち向かう老人サンチャゴの奮闘が、かなりリアルに感じられる。物語はたった四日ほどの話だが、それに100ページ超を使... もっと読む

武器よさらば (新潮文庫)

492
3.35

感想・レビュー

ヘミングウェイに興味を持った時、海流のなかの島々と武器よさらばを買い、海流のなかの島々から読み始めてあまりハマらなかった。 少し時間が経ったので武器よさら... もっと読む

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

454
3.86
ヘミングウェイ 電子書籍 2014年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞に新訳が出た、と書かれていたので、そちらを、と思ったのですが読み放題になっていたこちらを読むことに。 とはいっても2014年版なので、ほどほど新しい... もっと読む

海流のなかの島々(下) (新潮文庫)

381
3.72

感想・レビュー

息子たちとの、短くも幸せな時間。 一転、息子を失ってからの退廃的な生活。 そして自ら死地を求める様。 章が変わった時、初めのうち主人公が同じ人物... もっと読む

ヘミングウェイ短編集 1 (新潮文庫 ヘ 2-1)

301
3.31

感想・レビュー

この短編集は、同氏の作品の内「インディアン部落」「心が二つある大きな川(一)、(二)」など収録されています。 もっと読む

日はまた昇る (新潮文庫)

292
3.32

感想・レビュー

初めてヘミングウェイを読んだ。情景が美しく、フィエスタの熱狂とその前の静けさ、眩しさまでも鮮明に描写されている。 もっと読む

ヘミングウェイ短篇集 (ちくま文庫)

274
3.62
ヘミングウェイ 2010年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヘミングウェイ! 少し大人になりつつも、子供に戻れたような感情。 ジャームッシュ作品にも影響を与えてる気がします。 もっと読む

キリマンジャロの雪 (角川文庫)

236
3.49

感想・レビュー

ヘミングウェイの短編集です。表題は聞いたことはあるのですが読んだのは初めて。そう言われてみるとあまり作品数は読んだことなかったかなあと思いました。 老... もっと読む

ヘミングウェイ短編集 (2) (新潮文庫)

128
3.41
ヘミングウェイ 1970年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この書籍は、前回と同じで短編集の二巻目です。 もっと読む

老人と海(新潮文庫)

124
3.50
ヘミングウェイ 電子書籍 1966年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ノーベル文学賞を受賞したヘミングウェイによる徹底された外面描写で自然の厳しさがありのまま表現されている作品。 こういうハードボイルドな作風の小説はあまり... もっと読む

(042)夢 (百年文庫)

122
3.30
ポルガー 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

E. ヘミングウェイ、実は良さが全く分らなかったのだ『フランシス・マコーマーの短く幸福な生涯』を読むまでは。短編小説ベストアンソロジーを編むなら間違いなく... もっと読む

移動祝祭日 (土曜文庫)

100
3.78

感想・レビュー

引用。 ”もしきみが幸運にも 青年時代にパリに住んだとすれば きみが残りの人生をどこで過ごそうとも パリはきみについてまわる なぜならパリは... もっと読む

ヘミングウェイ短篇集〈上〉 (岩波文庫)

78
3.24
ヘミングウェイ 1987年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヘミングウェイ短篇集〈上〉 (和書)2009年05月12日 19:50 1987 岩波書店 ヘミングウェイ, 谷口 陸男 予想以上にあっさり... もっと読む

老人と海(新潮文庫)

63
3.81
ヘミングウェイ 電子書籍 2020年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アーネスト・ヘミングウェイ、1952年刊行の名著。ヘミングウェイにピューリッツァー賞とノーベル賞をもたらした中編小説である。 新潮文庫では福田恆存訳が出... もっと読む

移動祝祭日(新潮文庫)

45
3.75
ヘミングウェイ 電子書籍 2009年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヘミングウェイの他作品にも言及があるからこれらも傍らに置いて読みたい。 「ぼくの父」「季節はずれ」「二つの心臓の大きな川」「雨のなかの猫」「日はまた昇る... もっと読む

移動祝祭日 (同時代ライブラリー)

35
3.73
ヘミングウェイ 1990年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100分で名著で初めて知った。ヘミングウェイがパリにしばらく滞在して住んでいたということは他の本ではあまり多く書かれていないような気がする。  今のパリ... もっと読む

日はまた昇る

22
3.50

感想・レビュー

「酔っ払っちゃいないさ。ちょっとワインを飲んでるだけだ。ワインが好きなんだよ、おれは」 「とにかく、酔っ払わないで。ね、酔っ払わないで、ジェイク」 ... もっと読む
全102アイテム中 1 - 20件を表示

ヘミングウェイに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×