ヘルマン・ヘッセのおすすめランキング

プロフィール

ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)
1877〜1962年。ドイツ・バーデンヴュルテンベルク州生まれ。詩人、作家。1946年ノーベル文学賞受賞。代表作に『青春彷徨』(『郷愁』)『車輪の下』『デーミアン』『シッダールタ』『荒野の狼』『ガラス玉遊戯』などがある。

「2020年 『文庫 地獄は克服できる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヘルマン・ヘッセのおすすめランキングのアイテム一覧

ヘルマン・ヘッセのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『車輪の下 (新潮文庫)』や『車輪の下 (岩波文庫)』や『デミアン (岩波文庫 赤435-5)』などヘルマン・ヘッセの全275作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

車輪の下 (新潮文庫)

7165
3.56
ヘルマン・ヘッセ 1951年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勉強ももちろん大切だけど、人との関わりや遊びからも人は成長することができるのだと改めて感じた。神学校で挫折して、いよいよこれから生きる喜びを学んでいくのか... もっと読む

車輪の下 (岩波文庫)

949
3.58

感想・レビュー

ノルウェイの森にてワタナベが緑の家の書店で見つけて読んでいたので自分も読んでみることにした。 内容はヘッセの自伝的な面持ちがあり、作者の少年時代の苦悩がし... もっと読む

デミアン (岩波文庫 赤435-5)

866
3.78

感想・レビュー

自分の稚拙な言葉ではこのスゴさが表現できない。 もう、逆立ちして世の中をみているような、 こんな風な見方もできるのか!と。 引きよせの法則とか、... もっと読む

車輪の下 (集英社文庫)

852
3.54
ヘルマン・ヘッセ 1992年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この小説は愉快でも無ければ感動するものでもないだろう。 周囲や近所の大人たちによって神童と呼ばれた彼の感じやすい精神が無責任な期待の積み重ねに屈し、青春... もっと読む

幸福論 (新潮文庫)

695
3.29
ヘルマン・ヘッセ 1977年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

期限が来てしまったので途中まで。 (秋の体験まで) かわいいなんていったら失礼だけど かわいらしいおじいちゃんの日常。 旅先で出会ったこがらすと話せる... もっと読む

青春は美わし (新潮文庫)

384
3.50
ヘルマン・ヘッセ 1954年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青春は美わし。たった1つの夏を通して、懐かしさがいくつもにじんでる。ゆっくり、しっとり過ぎてく夏がちょっぴりほろ苦い。 もっと読む

庭仕事の愉しみ

287
3.69

感想・レビュー

「車輪の下」は中学生で読み、「庭仕事の愉しみ」は60歳を過ぎてから読んでよかったと思う。適期に読めた。単に庭仕事を綴ったのではなくその中に人生、生き方に関... もっと読む

シッダルタ (岩波文庫)

251
4.28
ヘルマン・ヘッセ 2011年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

およそ百年にもせまる昔に、西欧で書かれた東洋思想の本から、多くの教えを得るということに、小さくない感動を覚える。百年前の作者と今の読者である自分とが交感す... もっと読む

車輪の下に (角川文庫クラシックス)

250
3.50
ヘルマン・ヘッセ 1967年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり好きです。この世界観。 経験こそすべてだと感じる一冊。 もっと読む

少年の日の思い出 ヘッセ青春小説集

235
3.97
ヘルマン・ヘッセ 2010年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書店で見かけて、買わずにはいられなかった。 何故か文庫にも全集にも入っていない「少年の日の思い出」。かなり長い期間中学校の国語の教科書に載り続けているか... もっと読む

シッダールタ

208
4.01

感想・レビュー

シッダールタといっても、所謂“ブッダ”ではなくヘッセのオリジナルキャラクター。つまり、ヘッセ独自の宗教的体験を綴っているかのような内容でした。 知識と違... もっと読む

ガラス玉演戯 (Fukkan.com)

204
3.89
ヘルマン・ヘッセ 2003年12月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

深い思想の世界。 思想と世俗の対立。 もっと読む

文庫 ヘッセの読書術 (草思社文庫)

203
3.94
ヘルマン・ヘッセ 2013年10月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★★★★ #ヘッセの読書術 #ヘッセ 読書好きにはたまらない1冊。読書術ではないけれど、ヘッセの読書に対する姿勢はさすがの一言。読書についての本は色々... もっと読む

文庫 庭仕事の愉しみ (草思社文庫)

148
3.93

感想・レビュー

畑をやっているので「 ヘッセと庭?」というところで興味を持って、文庫化された本を読んだ。 ヘッセの詩やエッセイ・小説から「庭」というテーマで集めて、... もっと読む

人は成熟するにつれて若くなる

138
3.45

感想・レビュー

半世紀を生きてきて、「老い」というものを考えるようになった。 ヘッセの淡々とした語りが、「老い」というものに対する、恐怖心みたいなのを和らげてくれるような... もっと読む

ヘッセの読書術

138
3.43
ヘルマン・ヘッセ 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

独学で古今の書物を読破し、作家として大成したヘッセが教える読書の楽しみと読書の意味。なぜ本を読むのか。どんな本を読むべきか。レクラム文庫(ドイツの古典文庫... もっと読む

文庫 少年の日の思い出 (草思社文庫)

114
3.83

感想・レビュー

「少年の日の思い出」と聞けば、微かにストーリーの断片を思い出す人が多いのではないか。 細かいエピソードでなくとも、友人から大切なクジャクヤママユを盗んで... もっと読む

文庫 人は成熟するにつれて若くなる (草思社文庫)

108
4.05
ヘルマン・ヘッセ 2011年12月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人はいかにしてよく老いることができるかを、苦悩と平和の中から見出したエッセイ集。同年代の人たちに贈るメッセージという面もあるが、何よりも著者自身が書きなが... もっと読む

わがままこそ最高の美徳

103
3.67
ヘルマン・ヘッセ 2009年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヘルマン・ヘッセ著「わがままこそ最高の美徳」、2009.10発行です。わがままとは、われのままの心をもつこと。地上のあらゆるものが(人間以外)ひたすら自分... もっと読む

地獄は克服できる

98
3.85

感想・レビュー

精神的な苦痛に悩まされる生活を送るヘッセの、より肉声に近い文章が収められている。 大作「シッダールタ」に纏わる葛藤や、日常の些細な現象に対するヘッセの視点... もっと読む
全275アイテム中 1 - 20件を表示

ヘルマン・ヘッセに関連する談話室の質問

ツイートする
×