ホルヘ・ルイスボルヘスのおすすめランキング

ホルヘ・ルイスボルヘスのおすすめランキングのアイテム一覧

ホルヘ・ルイスボルヘスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『幻獣辞典 (河出文庫)』や『砂の本 (ラテンアメリカの文学) (集英社文庫)』や『不死の人 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)』などホルヘ・ルイスボルヘスの全30作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

幻獣辞典 (河出文庫)

480
3.57

感想・レビュー

架空の生き物を集めた辞典。 河出文庫はかなりユニークなラインナップを刊行するレーベルだが、まさかこれを文庫にしてしまうとはw 世界には色々な怪物がいて... もっと読む

砂の本 (ラテンアメリカの文学) (集英社文庫)

397
3.69

感想・レビュー

「砂の本」を読むのはこれが初めてではなくて、 前は英訳で読んで、そのときの印象が 強かった。 今回は、「砂の本」よりも、 「他者」「疲れた男のユー... もっと読む

不死の人 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

250
3.62

感想・レビュー

なんともボルヘス的な短編集です。物語の舞台はさまざまで、古代ローマやギリシャ、バビロニア、エジプト、近代のドイツやイギリス、ボルヘスの故郷アルゼンチン等な... もっと読む

エル・アレフ (平凡社ライブラリー)

219
3.83

感想・レビュー

衒学的で神秘的でありつつ、同時に妙に俗っぽく、 そこが面白いボルヘスの短編集。 情報量が非常に多いので、 フムフムとページを捲るものの、 一編読了... もっと読む

幻獣辞典 (晶文社クラシックス)

212
3.43

感想・レビュー

ボルヘスは、世界の神話や伝承、幻想譚などを取り入れた小説を書いている。本書は古今東西の幻獣たちを集めたコレクション。 正確な記述形式ではなく、そこから想... もっと読む

永遠の歴史 (ちくま学芸文庫)

108
3.21

感想・レビュー

久しぶりに読み返したなあ、ボルヘス。 もっと読む

ボルヘス怪奇譚集 (晶文社クラシックス)

100
3.68

感想・レビュー

ボルヘスが古今東西のストーリーを集めたアンソロジー。たしかにボルヘスらしい味である。 アレクサンドリアがアントニウスを見捨てるの話(カヴァフィスの詩の元... もっと読む

ドン・イシドロ・パロディ 六つの難事件

76
2.96

感想・レビュー

ボルヘスとビオイ=カサーレスの、最初は合同ペンネームで発表されたという共著。 「書架の探偵」ならぬ「刑務所(ムショ)の探偵」(笑)。 理髪店主イシドロ... もっと読む

ボルヘスとわたし―自撰短篇集 (ちくま文庫)

70
3.52

感想・レビュー

ボルヘスの詩集『創造者』に感銘をうけた私は、彼の散文(短編)も読んでみたくなり、面白くてむさぼるように『伝奇集』『不死の人』『砂の本』(後半に『汚辱の世界... もっと読む

ボルヘス・エッセイ集 (平凡社ライブラリー)

53
3.50

感想・レビュー

知らない人の名前たくさん出てくるけど面白い。注があるからなんとか読めはします。人間はプラトン的なのとアリストテレス的なのに分かれるって面白いね。バークリっ... もっと読む

ボルヘス・エッセイ集 (平凡社ライブラリー)

53
3.50

感想・レビュー

知らない人の名前たくさん出てくるけど面白い。注があるからなんとか読めはします。人間はプラトン的なのとアリストテレス的なのに分かれるって面白いね。バークリっ... もっと読む

ボルヘス・エッセイ集 (平凡社ライブラリー)

53
3.50

感想・レビュー

知らない人の名前たくさん出てくるけど面白い。注があるからなんとか読めはします。人間はプラトン的なのとアリストテレス的なのに分かれるって面白いね。バークリっ... もっと読む

ボルヘス・エッセイ集 (平凡社ライブラリー)

53
3.50

感想・レビュー

知らない人の名前たくさん出てくるけど面白い。注があるからなんとか読めはします。人間はプラトン的なのとアリストテレス的なのに分かれるって面白いね。バークリっ... もっと読む

ボルヘス・エッセイ集 (平凡社ライブラリー)

53
3.50

感想・レビュー

知らない人の名前たくさん出てくるけど面白い。注があるからなんとか読めはします。人間はプラトン的なのとアリストテレス的なのに分かれるって面白いね。バークリっ... もっと読む

アトラス―迷宮のボルヘス (^Etre・エートル叢書)

39
3.45

感想・レビュー

ボルヘス晩年の散文詩旅行記。全体的に穏やかで優しい雰囲気です。多数の写真は、秘書で最晩年に夫人となったマリア・コダーマによるもの。 一握の砂でサハラ砂漠... もっと読む

七つの夜

38
3.53

感想・レビュー

七つのテーマについてボルヘスが平易な文章で語る。しかし、その語りの深さ、引用の多様さー 本を読むということは自分の中に新たな迷宮(=図書館)を作ることなの... もっと読む

創造者

37
3.35

感想・レビュー

夢の虎。別の虎。大好き。 もっと読む

ボルヘスの北アメリカ文学講義 (ボルヘス・コレクション)

33
3.50

感想・レビュー

【北海道大学蔵書目録へのリンク先】 https://opac.lib.hokudai.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=... もっと読む

天国・地獄百科 (叢書 アンデスの風)

32
3.38

感想・レビュー

 ホルヘ・ルイス・ボルヘスとアドルフォ・ビオイ=カサーレスの二人が、古今東西の書物から天国及び地獄について言及されている箇所を寄せ集めたもの。  天国... もっと読む
全30アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする