ボブウッドワードのおすすめランキング

ボブウッドワードのおすすめランキングのアイテム一覧

ボブウッドワードのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ブッシュの戦争』や『大統領の陰謀 (文春文庫)』や『司令官たち―湾岸戦争突入にいたる“決断”のプロセス』などボブウッドワードの全11作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ブッシュの戦争

189
3.28

感想・レビュー

9・11直後からアフガン戦争、そしてイラク戦争が現実味を帯びてくるあたりまでの、ホワイトハウスの政策決定過程を描く。 閣僚たちのやり取りを中心としながら... もっと読む

大統領の陰謀 (文春文庫)

117
3.50

感想・レビュー

帯文(裏表紙):"情報源〈ディープ・スロート〉の告白で再び注目される20世紀最大の政治「探偵」ドキュメントである。" 目次:1 1972年6月17日... もっと読む

司令官たち―湾岸戦争突入にいたる“決断”のプロセス

61
3.69

感想・レビュー

ホワイトハウスの中の意思決定プロセスが興味深い。 もっと読む

グリーンスパン (日経ビジネス人文庫)

55
3.52

感想・レビュー

FRB議長を長らく勤めたグリーンスパンの伝記というよりも議長としての舞台裏を丹念に綴った一冊。当時の歴史をリアルタイムで感じていた人にとっては、この政策決... もっと読む

グリーンスパン―アメリカ経済ブームとFRB議長

18
3.43

感想・レビュー

ウォーターゲート事件の綿密な取材調査で有名な作者によるドキュメンタリー。 グリーンスパン自身による「波乱の時代」と当然内容が被っているけれど、 アメリ... もっと読む

大統領執務室―裸のクリントン政権

12
4.00

感想・レビュー

 これまでウッドワードの本は「ブッシュ政権の戦争遂行」をテーマにした何冊かを読んできたが、本作は「クリントン政権の議会対策」という地味な部分がテーマである... もっと読む

ヴェール―CIAの極秘戦略1987‐1987〈下〉

6

感想・レビュー

【由来】 ・孫崎享「情報と外交」P222 【期待したもの】 ・ 【要約】 ・ 【ノート】 ・ もっと読む
全11アイテム中 1 - 11件を表示
ツイートする