ボブ・ラングレーのおすすめランキング

ボブ・ラングレーのおすすめランキングのアイテム一覧

ボブ・ラングレーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『北壁の死闘 (創元推理文庫) (創元ノヴェルズ)』や『北壁の死闘 (創元推理文庫)』や『オータム・タイガー【新版】 (創元推理文庫)』などボブ・ラングレーの全18作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

北壁の死闘 (創元推理文庫) (創元ノヴェルズ)

230
4.07
ボブ・ラングレー 1987年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スイス人山岳ガイドが40年程前のナチ軍人の氷漬け死体をアイガーで発見するところから物語は始まる。というわけでジャンルは山岳ミステリーらしい。 ただ謎の解... もっと読む

北壁の死闘 (創元推理文庫)

29
3.90

感想・レビュー

これぞ徹夜本という、一気読み必至の傑作。 私自身は、最近どんなに面白い物語もすぐに眠くなっちゃう。歳かねぇ…。 もっと読む

オータム・タイガー【新版】 (創元推理文庫)

28
4.13
ボブ・ラングレー 2016年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ボブ・ラングレー作品の中で、私のNo.1がコレ。最後の大どんでん返しが素晴らしい♪ 『北壁の死闘』とともに、名作だと思われるが、なぜかボブ・ラングレーと言... もっと読む

ブリザードの死闘 (新潮文庫)

17
3.20

感想・レビュー

粗削りながら良くも悪くもラングレーならではの魅力に満ち溢れる1988年発表作。イングランドとアルゼンチンのフォークランド紛争(1982年)に端を発する確執... もっと読む

衛星軌道の死闘 (新潮文庫)

16
3.00

感想・レビュー

ボブ・ラングレー作品の中でも、私なりには少し物足りなさがあるものの。「まあまあ」の作品。ラングレー好きなら手に取ってもいいかも? もっと読む

オータム・タイガー (創元ノヴェルズ)

12
3.80

感想・レビュー

これぞ、まさしく正統派冒険小説。 静かに始まるプロローグ。間もなく引退する冴えない情報部員に突然接触してきた東独情報部の大物。何故、平凡な日常を送ってき... もっと読む

最終兵器駆動 (創元ノヴェルズ)

9
3.25

感想・レビュー

思った通りの着地点。 もっと読む

灼熱の死闘 (新潮文庫)

8
3.00

感想・レビュー

ボブ・ラングレーの特徴である「自然」との戦いには一目置くも、最後の大どんでん返しがなかった記憶。そのせいで、まあまあ面白かったものの、物足りなさもあり。 もっと読む

英国武装革命 (創元ノヴェルズ)

8
3.00

感想・レビュー

生頼範義氏のカバーイラストとアメリカが英国を武装制圧するという粗筋に惹かれて買いました。欲を言えばもう少し、英国内の混乱ぶりを描写してくれると嬉しかったの... もっと読む

最果ての征服者 (創元ノヴェルズ)

7
3.00

感想・レビュー

"マチズモ(男意義)"なんか気に入った言葉。 もっと読む

ランニング・フォックス秘密指令 (創元推理文庫)

4
4.00
ボブ・ラングレー 1988年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒険小説の魅力を凝縮した1978年発表の秀作。大作ではないが、危険な任務に赴くことを厭わない男たちをスピード感溢れる筆致で活写し、やはりラングレーは希少な... もっと読む
全18アイテム中 1 - 18件を表示

ボブ・ラングレーに関連するまとめ

ツイートする