ポーラゴズリングのおすすめランキング

ポーラゴズリングのおすすめランキングのアイテム一覧

ポーラゴズリングのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『逃げるアヒル (ハヤカワ・ミステリ文庫)』や『モンキー・パズル (ハヤカワ・ミステリ文庫)』や『ゼロの罠 (ハヤカワ・ミステリ文庫)』などポーラゴズリングの全17作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

逃げるアヒル (ハヤカワ・ミステリ文庫)

93
3.04

感想・レビュー

S・スタローン主演の「コブラ」原作だというので手に取ったけど、全然違うじゃない。 どちらが面白いかは、お好みです。 もっと読む

モンキー・パズル (ハヤカワ・ミステリ文庫)

43
2.82

感想・レビュー

この作者唯一の本格系作品だそうです。 学校内で起こった事件を、卒業生の刑事が解決します。2時間サスペンスの要領で犯人を当てよう! 私はどっちかっつ... もっと読む

ゼロの罠 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

34
3.13

感想・レビュー

二転三転の国際謀略サバイバル・サスペンス。飛行機のハイジャックにより、連れ出された9人の乗客。彼らが監禁されたのは北極圏の一軒家。犯人の目的は、犯人は… ... もっと読む

ウィッチフォード連続殺人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

27
3.50

感想・レビュー

被害者は中年の女性で、喉をざっくりと切り裂れ ていた。残酷な事件など起こりそうもないのどか な田舎に捜査のためにやってきたのは、土地出身 の若い主任警部リ... もっと読む

凍った柩 (ハヤカワ ポケット ミステリ)

18
3.00

感想・レビュー

カナダとの国境に近く、5大湖に接するブラックウォーター・ベイ。この町を舞台にしたシリーズになるようです。 ニューヨークのマフィアの抗争やFBIによる証人... もっと読む

負け犬のブルース (ハヤカワ・ミステリ文庫)

17
3.40

感想・レビュー

主人公は41歳のピアニスト、ジョニー・コサテリ。クラシック界で名声を得ながらも挫折、ジャズへと転向した。雑多な仕事でカネを稼ぎ、コマーシャリズム化した音楽... もっと読む

死の宣告 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

16
3.33

感想・レビュー

やっと終わった。 長く感じたなぁ。 事故死した旦那の関係で狙われる主人公。 怪しい人物がちらほら登場するも、終盤まで 犯人はわからず・・・ でし... もっと読む

すべての石の下に (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

14
3.25

感想・レビュー

町の保安官が殺人の容疑者になってしまったことで、彼に関わった人たちが素人探偵を始めてしまい…。 それぞれがあれこれ探偵するのが面白かった。 そこが... もっと読む

赤の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

14
2.67

感想・レビュー

サスペンスとなるべきシーンが凡庸か。 もっと読む

ハロウィーンの死体 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

12
3.00

感想・レビュー

謎の言葉を残して死んだ老人はハロウィーンの時期になると怯えていた。 その言葉の謎を追うマット。 やがてハロウィーンの夜に仮装姿の惨殺死体が…。 ... もっと読む

ハロウィーンの死体 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

10
3.00

感想・レビュー

001.初.元ビニカバ、帯付。 2010.12.20.鈴鹿BF もっと読む

死者と影 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

7
3.00

感想・レビュー

叔父の経営する病院に理学療養しとしてやってきたローラ。目的は友人のしの真相を掴むこと。 ブラックウォーター・ベイの町には森をうろつく怪人シャドーマンの噂... もっと読む

死の連鎖 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

6
3.67

感想・レビュー

久々に海外小説。気になる作家だったので楽しみにしていた。結構文章量が多いが楽しめた。他の作品も読んでみたい もっと読む

ブラックウォーター湾の殺人 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

6
3.00

感想・レビュー

休暇でブラックウォーター湾にやってきたストライカー警部補を待っていたのはストーカーの挙句ショットガンで射殺された男の死体だった。 ストライカーは土地の保... もっと読む

殺意のバックラッシュ (ハヤカワ ポケット ミステリ)

4
3.67

感想・レビュー

連続警官殺人事件を、ストライカーは解決できるのか?虎にたとえられる刑事ストライカーがカッコイイです。自分さえも標的にされるストライカー。だが彼は不屈なのだ... もっと読む
全17アイテム中 1 - 17件を表示
ツイートする
×