ポールオースターのおすすめランキング

ポールオースターのおすすめランキングのアイテム一覧

ポールオースターのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『偶然の音楽 (新潮文庫)』や『孤独の発明 (新潮文庫)』や『リヴァイアサン (新潮文庫)』などポールオースターの全21作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

偶然の音楽 (新潮文庫)

1125
3.68

感想・レビュー

女房に逃げられたジム・ナッシュであったが、行方知れずだった亡き父より突然20万ドルの遺産を受け取ることになった。 消防士を辞め、娘を姉に預けて、家や家財... もっと読む

孤独の発明 (新潮文庫)

980
3.54

感想・レビュー

「見えない人間の肖像」と「記憶の章」の二部構成からなる長編。あらすじ的にはオースターの自伝。でも自伝的小説というのには当たらない。解説にもあったようにオー... もっと読む

リヴァイアサン (新潮文庫)

903
3.60

感想・レビュー

とある男の爆死を知った私。 それはかつての親友だった男だった。 その男はなぜ爆死などしなければならなかったのか。 オースターらしい因果律と偶然、... もっと読む

幻影の書 (新潮文庫)

580
4.01

感想・レビュー

初めてのポール・オースター作品。 読後感がかなり複雑でなんともいいようかない。 ただ読み終ってしばらく他の作品を読めなくなる位、 後に残った。... もっと読む

トゥルー・ストーリーズ (新潮文庫)

519
3.81

感想・レビュー

『その日ぐらし』っていう、オースターの若かりし頃の自伝が入っていて、それが最高。もう5回位読んだ、多分。 もっと読む

ブルックリン・フォリーズ

478
4.15

感想・レビュー

 31年間勤めた保険会社を定年退職して妻と別れ静かに死ねる場所を探すうちにブルックリンにたどり着いた「私」と、その周りの人たちが織り成す、おかしくて切ない... もっと読む

オラクル・ナイト

477
3.84

感想・レビュー

何度目かの通読。入れ子構造の重層物語、丁寧なのに粘着質でない描写、柴田元幸さんの名訳。何度読んでも味がある。 言葉は、物語は、私たちの現実世界を写す鏡どこ... もっと読む

ミスター・ヴァーティゴ (新潮文庫)

444
3.75

感想・レビュー

社会の底辺で生きていた少年ウォルトは、「師匠」に拾われ、浮揚術を身につけて、「ワンダーボーイ」として全米に名を馳せるが――。ウォルトの生命力溢れる“地に足... もっと読む

ティンブクトゥ (新潮文庫)

444
3.65

感想・レビュー

飼い主ウィリーとの絆に泣き、壮絶なミスターボーンの犬生に最後涙してしまう。 なんでこんなに犬の気持ちがわかるのだろう、ポールオースターという人は。 いや理... もっと読む

空腹の技法 (新潮文庫)

235
3.28

感想・レビュー

「物語を語るということは、それを失うということだと思う。たとえば私が自分の人生について、君に詳しく語るとしよう。そうすると私の人生は、私が語ることを選んだ... もっと読む

ミスター・ヴァーティゴ

159
3.63

感想・レビュー

物語として面白いのだが、 ポール・オースターらしさをあまり感じなかった。 諦めるな人生、生きろ、ということなのか? ファンタジー色の濃い成長物語。 もっと読む

幽霊たち

92
3.71

感想・レビュー

何も物語が動かない孤独な話【幽霊たち – ポール・オースター】 http://on-the-road.co/?p=2637 もっと読む

空腹の技法

71
3.07

感想・レビュー

小説家オースター誕生前夜のエッセイなど。オースターが好きだと言う話をしていたら、オースターファンの方が勧めてくれた。しかし絶版で価格も高騰しており手が出ず... もっと読む

幽霊たち Ghosts (ラダーシリーズ Level 4)

53
3.27

感想・レビュー

私立探偵のブルーは、ホワイトという男から「ブラックを監視してほしい」と依頼を受ける…。探偵小説風の設定を持ちつつも、事件らしい事件は全く起こりません。しか... もっと読む

壁の文字―ポール・オースター全詩集

51
3.35

感想・レビュー

壁に描かれた詩。 どれもオースターの気持ちが 伝わってくる。 心動かされる。 装丁画も秀逸。 もっと読む

シティ・オブ・グラス City of Glass (ラダーシリーズ Level 5)

37
3.36

感想・レビュー

大好きなオースター、ニューヨーク三部作の一作目。 すべての作品に共通する、オースターのアイデンティティに対する見解を巧みな状況設定と人物描写であらわし... もっと読む

鍵のかかった部屋 The Locked Room (ラダーシリーズ Level 5)

36
3.00

感想・レビュー

他者と自己とが、あいまいで不透明な。 ファンショーの作品を発表することで、自己とファンショーとの境界が曖昧になる。 赤いノートブックだけが具体性を持っ... もっと読む

ポール・オースターが朗読するナショナル・ストーリー・プロジェクト Vol.2  動物/家族/物 篇

14
4.00

感想・レビュー

人生は偶然でてきている。でも偶然と感じるかはあなた次第。の第二弾 もっと読む
全21アイテム中 1 - 20件を表示

ポールオースターに関連する談話室の質問

ツイートする