ポール・ギャリコのおすすめランキング

プロフィール

1897年NY生まれ。コロンビア大学卒。デイリー・ニュース社でスポーツ記者として名を馳せた後、作家に。1941年に発表した『スノーグース』が世界的ベストセラーとなり、作家としての地位を不動のものとした。無類の猫好きとしても知られる。1976年没。

「2008年 『七つの人形の恋物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ポール・ギャリコのおすすめランキングのアイテム一覧

ポール・ギャリコのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『猫語の教科書 (ちくま文庫)』や『ジェニィ (新潮文庫)』や『雪のひとひら (新潮文庫)』などポール・ギャリコの全83作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

猫語の教科書 (ちくま文庫)

2406
3.87
ポール・ギャリコ 1998年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりの再読にして、2014年猫の日の読書本。 ……のつもりだったのに、直前の風邪の皺寄せで微妙に遅れて読了。 いやー、楽しかったー!!猫好きさんの... もっと読む

ジェニィ (新潮文庫)

1238
3.77
ポール・ギャリコ 1979年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

8歳のピーター・ブラウン少年はある日交通事故に遭い、突然真っ白な猫になってしまい、可愛がられていたばあやに、ロンドンの町中に放り出されてしまいます。 ピ... もっと読む

雪のひとひら (新潮文庫)

1141
3.69
ポール・ギャリコ 2008年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫丸さんのお薦めの1冊です。ありがとうございます。 なんという美しい作品なのでしょう。心が清浄になります。 訳者の矢川澄子さんによりますと、フ... もっと読む

スノーグース (新潮文庫)

552
3.70
ポール・ギャリコ 1996年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家族同然のロバが病気になったとき、孤児の少年は聖堂にお参りしてロバを救おうとするが・・・思わず涙がこみ上げ、暖かい気持ちになる『小さな奇跡』など、ハンカチ... もっと読む

雪のひとひら (新潮文庫)

503
3.57

感想・レビュー

Very good Fantasy. ニューヨークは意外と雪が多い。天空で最初の雪粒が生まれて、アスファルトに浸みてしまうまでどれくらいの時間がかかるだろ... もっと読む

七つの人形の恋物語 (角川文庫)

478
4.16
ポール・ギャリコ 2008年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

往来堂書店『D坂文庫2012冬』から。 表題作と『スノーグース』の二編を収めた一冊。どちらも悲劇的な話なんだけれど、深い愛情がじわっとにじみ出てくる。だか... もっと読む

トマシーナ (創元推理文庫)

378
3.98
ポール・ギャリコ 2004年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

河合隼雄さんの『猫だましい』で紹介されていた小説だったので読みましたが『猫だましい』にはあらすじが結末まで書かれているのですが、内容をほとんど忘れていたの... もっと読む

ほんものの魔法使 (ちくま文庫)

252
3.72

感想・レビュー

手品師の街に、ほんものの魔法使いがやってくる話。 夢溢れるファンタジー、でもちょっとだけ苦い読後感。 5月下旬に宝塚で舞台化されるので、観劇予習に。 ... もっと読む

猫語の教科書

212
3.70

感想・レビュー

「猫、大好き♪」と公言しているにもかかわらず、この本を読んで ちょっとでもムッとしてしまったひとは、猫ちゃんからのしつけが足りません。 この『猫語の教科書... もっと読む

幽霊が多すぎる (創元推理文庫)

170
3.40
ポール・ギャリコ 1999年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ギャリコの作品は今まで「ハリスおばさんパリへ行く」しか読んだことがなかった。ユーモラスで優しくはあるけれど、一方で驚くほど人生の皮肉と哀感を描く作家でもあ... もっと読む

ハリスおばさんパリへ行く (fukkan.com)

157
4.07

感想・レビュー

市井の女性の慎ましくも心豊かな生活ぶりに感動☆ その後いろいろ事件が起こるのですが、ポイントはココ。 もっと読む

さすらいのジェニー

154
4.27

感想・レビュー

新潮文庫版の方が売れているが、矢川澄子さんの訳が好きなのでこちらを読む。 こちらは挿絵があって、なかなか良く、誰が描いたんだろうと見たら建石修志!幻想文... もっと読む

ほんものの魔法使 (創元推理文庫 F キ 3-2)

138
4.30
ポール・ギャリコ 2021年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

祝復刊! Kurahashirei – Hakoniwa http://kurahashirei.com/ ほんものの魔法使 - ポール・ギ... もっと読む

雪のひとひら

123
3.67

感想・レビュー

世界のすべてがいとおしくなるような、美しい物語です。 ある寒い冬の日、はるかな空の高みで生まれた雪のひとひら。 小さな村里に舞い降り、世界をバラ色... もっと読む

猫語のノート (ちくま文庫)

119
3.75
ポールギャリコ 2016年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ポール・ギャリコは39歳になるときニューヨークからイギリスのデボン州のログハウスに引っ越し、そこでありとあらゆる種類の猫27匹とグレートデン犬を一頭飼った... もっと読む

スノーグース

116
4.14

感想・レビュー

フランス北部のドーバー海峡を臨むところにある「ダンケルク」という都市では、かつて「奇跡」と呼ばれた出来事がありました。 第二次世界大戦の初期、ヒトラーの... もっと読む

猫語のノート (単行本)

105
3.54
ポール・ギャリコ 2013年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『猫語の教科書』の姉妹編。 こちらは猫たちが紡いだ詩を収めた1冊です。 原題は「Honourable Cat」(あがめよ、猫を!) 猫好きの心を... もっと読む

シャボン玉ピストル大騒動 (創元推理文庫)

98
3.81
ポール・ギャリコ 2013年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

発明家を目指す9歳の少年ジュリアンは、父親を見返してやろうと自分の発明したシャボン玉ピストルの特許を申請するため、ワシントン行きの長距離バスに乗る。そのバ... もっと読む

ザ・ロンリー (新潮文庫)

78
3.67

感想・レビュー

パッチズと結びついてくれて安心した。「人生は無慈悲なものであるということ、また許される過ちはたくさんあっても、弱さは決して許されない」という終盤のフレーズ... もっと読む
全83アイテム中 1 - 20件を表示

ポール・ギャリコに関連する談話室の質問

ツイートする
×