マイケル・ハワードのおすすめランキング

プロフィール

マイケル・ハワード(Sir Michael Eliot Howard) イギリスの歴史学者、戦史研究者。1922 年生まれ。第二次世界大戦ではイタリア戦線で従軍。戦後、オックスフォード大学クライストチャーチ校を卒業して研究の道に進み、1947年にロンドン大学キングスカレッジに赴任、戦争学部の創設に尽力した。1970 年からはオックスフォード大学オールソウルズカレッジのチチェリー講座教授、現代史欽定講座教授などを歴任し、その後アメリカにわたってイエール大学歴史学部に軍事史・海軍史講座担当教授として赴任、1993年に退職した。著書は多岐にわたるが、邦訳されているものとして『第一次世界大戦』(法政大学出版局)、『ヨーロッパ史における戦争』(中公文庫)、『戦争と知識人』(原書房)などがある。また、クラウゼヴィッツ『戦争論』を英訳し、普及させたことでも知られている。


「2021年 『クラウゼヴィッツ 『戦争論』の思想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マイケル・ハワードのおすすめランキングのアイテム一覧

マイケル・ハワードのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ヨーロッパ史における戦争 (中公文庫)』や『クラウゼヴィッツ: 『戦争論』の思想』や『第一次世界大戦』などマイケル・ハワードの全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ヨーロッパ史における戦争 (中公文庫)

593
3.80

感想・レビュー

構成は非常に興味深く、各時代の戦争の形態を中心的な戦闘員から論じ、ヨーロッパでの戦争の変化を時系列順に追うことができるようになっている。が、何か読みづらい... もっと読む

クラウゼヴィッツ: 『戦争論』の思想

61
3.50

感想・レビュー

クラウゼヴィッツの体験や当時の歴史などを紐解き、その戦争観がまとめてあります。 ただ、前知識が必要かなと思いました。 もっと読む

第一次世界大戦

47
4.50

感想・レビュー

マイケル ハワード『第一次世界大戦』法政大学出版局 原題:The First World War: A Very Short Introductio... もっと読む

WRITING SECURE CODE 第2版 上 (マイクロソフト公式解説書)

45
3.31
マイケルハワード 2004年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

多少古くはあるが、セキュアプログラミングの解説は今の時代においても十分実践的。また、脅威モデリングについても詳しく書かれており、非常に有用である。 もっと読む

Writing Secure Code第2版〈下〉プログラマのためのセキュリティ対策テクニック

39
3.10
マイケルハワード 2004年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻と同様、少し古いが幅広く粒度の細かい実践的なセキュリティテクニックが満載されている。読む価値有り。 もっと読む

モネ トレジャー・ボックス

9
4.00

感想・レビュー

いつか、モネの庭に立つことを夢見て。 もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×