マイケル・モーパーゴのおすすめランキング

プロフィール

1943年イギリス生まれ。小学校教員を経て作家になる。原題イギリスを代表する児童文学作家。2003‐2005年、桂冠児童文学作家の栄誉に輝く。おもな作品に『負けるな、ロビー!』『戦火の馬』『希望の海へ』『世界で一番の贈りもの』など。

「2018年 『弱小FCのきせき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マイケル・モーパーゴのおすすめランキングのアイテム一覧

マイケル・モーパーゴのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『戦火の馬』や『世界で一番の贈りもの』や『モーツァルトはおことわり』などマイケル・モーパーゴの全27作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

戦火の馬

201
3.92

感想・レビュー

次から次へと劇的な展開で、着地点はあざとささえ感じるほど実に上手くいっている。 まるでアメリカ映画のようではないかと思って読んでいたら、とうに映画化され... もっと読む

世界で一番の贈りもの

162
4.14

感想・レビュー

1914年のクリスマス、敵対する独軍と英軍の間に起こった一日だけの奇跡。 一緒に飲んで食べて笑って…日が暮れて別れて、一晩眠ったら敵同士。 昨日語り合... もっと読む

モーツァルトはおことわり

131
4.20

感想・レビュー

偉大なヴァイオリニスト、パオロ・レヴィがモーツァルトを弾かない理由とは…。 新米の新聞記者だった「私」が知った真実は、ナチスの強制収容所でパオロの両親が... もっと読む

月にハミング (児童単行本)

90
4.15

感想・レビュー

戦争の悲惨さと平和の美しさを静かに伝える物語。 シリー諸島の無人島で奇跡的に発見された謎の少女ルーシー。彼女は記憶を失いひと言も話すことができない。... もっと読む

最後のオオカミ (文研ブックランド)

79
3.46

感想・レビュー

1970年代のイギリスが舞台。 孤児とオオカミが共に戦渦をくぐり抜けようとするという壮大なストーリーですが、淡々と話は進みます。 人生を回想する遺言書... もっと読む

兵士ピースフル

73
4.00

感想・レビュー

国民を殺すのは敵国だけじゃない、戦争を決断し、兵士になるべく少年の心を駆り立てる自国の政府なのか…。 もっと読む

時をつなぐおもちゃの犬

70
3.20

感想・レビュー

日本の戦争ノンフィクションはなんとなく聞いたり読んだことがあるけれど、海外のものは意識しないと読む機会がないように思う。 この作品はおそらく、実話を元に... もっと読む

発電所のねむるまち

64
3.78

感想・レビュー

マイケル・モーパーゴって、いつもそこそこの物語で、問題提起のある作品を書く人なんだけど、どれを読んでも、詰めが甘いというか、いい加減というか。 ディテー... もっと読む

図書館にいたユニコーン (児童書)

64
3.67

感想・レビュー

モーパーゴ作品を読むのは今回が三作目。自然豊かな村で育つトマス、外遊びが大好きで勉強が苦手な彼が、嫌々連れていかれた図書館で読書の面白さに目覚める。図書館... もっと読む

だれにも話さなかった祖父のこと

63
3.83

感想・レビュー

マイケル・モーパーゴの作品はこれがはじめて。 無駄のない淡々とした文章と、お話によくマッチしたややスモーキーなカラーの挿絵。 短時間で読み終える53ペ... もっと読む

希望の海へ

60
3.91

感想・レビュー

今年の高校生向け課題図書 イギリスからオーストラリアへ児童の移民政策があったんだね 知らないことばかりで訳者の後書きがとても参考になった 過酷な状況で生き... もっと読む

ゾウと旅した戦争の冬

59
4.34

感想・レビュー

「象」と「戦争」というキーワードを聞くと真っ先に「かわいそうなぞう」を思い出す。 子供の頃はなんと酷いことを思ったが、戦時中における猛獣殺処分はなにも日... もっと読む

ロバのジョジョとおひめさま (児童書)

47
3.41

感想・レビュー

978-4-19-863902-0 40p 2015・1・31 初版 もっと読む

ケンスケの王国 (児童図書館・文学の部屋)

41
3.94

感想・レビュー

しばらく前に読了。たぶんはじめての作家さん。 うーん。前提となっている自然賛美が鼻につくのも気になったけれど、それより、何でケンスケが英語を学ぶのが当然... もっと読む

よみがえれ白いライオン (児童図書館・文学の部屋)

39
3.90

感想・レビュー

学校がいやで逃げ出したジャックは、近くの家の庭に逃げ込んだ。 すると、その家に住むおばあさんがジャックをかわいそうに思い、 お茶に誘ってくれた。 お... もっと読む

走れ、風のように

35
3.64

感想・レビュー

本書の主人公は、一匹のグレイハウンド。 彼は、天性のスプリンター。 ドッグレースでもその優秀さは発揮される。 しかし、彼は.... 幼いころか... もっと読む

カイト―パレスチナの風に希望をのせて

30
4.14

感想・レビュー

パレスチナの小さな村でカイトを揚げている少年サイードに出会ったイギリス人の映像記者マックス。口をきけないサイードと友だちになり、二人でカイトを揚げた。サイ... もっと読む

シャングリラをあとにして

22
4.00

感想・レビュー

WW2のイギリス(フランス・ドイツ)の話であり、親子の話であり、おじいさんと孫の話であり、老いと向き合う話であり、トラウマを癒す話であり、少女の成長の話で... もっと読む

負けるな、ロビー! (評論社の児童図書館・文学の部屋)

17
4.00

感想・レビュー

交通事故で意識不明となったロビー。 病院のベッドでチューブにうながれたままだけど、ロビー自身には意識がある。 ただ身体全体が動かないだけで、匂いも分か... もっと読む
全27アイテム中 1 - 20件を表示

マイケル・モーパーゴに関連する談話室の質問

ツイートする