マックス・ヴェーバーのおすすめランキング

プロフィール

1864-1920。ドイツ、エルフルトに生れる。ハイデルベルク、ベルリン、ゲッティンゲンの各大学で法律学を専攻し、歴史、経済学、哲学に対する造詣をも深める。1892年ベルリン大学でローマ法、ドイツ法、商法の教授資格を得、同年同大学講師、93年同助教授、94年フライブルク大学経済学教授、97年ハイデルベルク大学経済学教授、1903年病気のため教職を去り、ハイデルベルク大学名誉教授となる。1904年Archiv für Sozialwissenschaft und Sozialpolitikの編集をヤッフェおよぴゾンバルトとともに引受ける。同年セント・ルイスの国際的学術会議に出席のため渡米。帰国後研究と著述に専念し上記Archivに論文を続々と発表。1918年ヴィーン大学教授、19年ミュンヘン大学教授、経済史を講義。20年ミュンヘンで歿。

「2019年 『宗教社会学論選 【新装版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マックス・ヴェーバーのおすすめランキングのアイテム一覧

マックス・ヴェーバーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)』や『職業としての政治 (岩波文庫)』や『社会学の根本概念 (岩波文庫)』などマックス・ヴェーバーの全42作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

3206
3.71

感想・レビュー

略して「プロ倫」と呼ばれる、マックス・ヴェーバーのあまりにも有名な1920年の著作である。 非常に分厚い本だが、その半分以上は訳者解説と脚注・訳注で占め... もっと読む

職業としての政治 (岩波文庫)

1786
3.59

感想・レビュー

1919年1月にミュンヘンで行ったマックス・ヴェーバーの講演記録。 ドイツが第一次世界大戦に敗れて数カ月しか経っていない時期に行われた講演で、この内容も... もっと読む

社会学の根本概念 (岩波文庫)

795
3.27

感想・レビュー

 社会を人と人との関係として捉えた時、その関係にはどの様な物があるのか、そして関係があるとはどういうことなのかを体系的にまとめている。関係を持つ対象として... もっと読む

社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」 (岩波文庫)

427
3.62

感想・レビュー

1段から 客観性、妥当性について 40段あたりから 理念型について 60段あたりから 結論 科学における客観性は、おのれの価値に基づいた主観的な要素を排... もっと読む

古代ユダヤ教 (上) (岩波文庫)

118
3.31

感想・レビュー

収容所支援を行う、尊敬する牧師さんのスカラベ研究にかかる投稿で知った一冊。 マックスヴェーバーどころか近現代哲学未踏の自分が、この本から読んでも良いのか定... もっと読む

職業としての政治 (岩波文庫)

101
4.18

感想・レビュー

「にもかかわらず!」 この本の意識は政治に携わる人が(受け入れるか、それは違うと否定するかは別として)政治を行う上での基準になるのでは。 もっと読む

社会科学の方法 (講談社学術文庫)

86
3.10

感想・レビュー

[ 内容 ] 社会科学の泰斗ヴェーバーが、「理念型」という新概念に基づき歴史事実の分析・総合を行う方法論を確立した画期的な書。 社会科学を理解し研究す... もっと読む

プロテスタンティズムの 倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

78
3.29
マックス・ヴェーバー 電子書籍 1989年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

敬虔なプロテスタントは禁欲的で神から与えられた天職を全うするという形で信仰心を体現.→金儲けを目的とはして似ないけど儲かるし,無駄遣いもしない.隣人愛でも... もっと読む

宗教社会学論選

63
3.54

感想・レビュー

20世紀ドイツの社会科学者マックス・ヴェーバー(1864-1920)の主著のひとつである『宗教社会学論集』からの抜粋。論文集である『宗教社会学論集』の構成... もっと読む

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (ワイド版岩波文庫)

63
3.83

感想・レビュー

社会学の金字塔。 近代資本主義を支える、精神の由来と歴史的変遷を述べています。 本書の重要な点は決して古プロテスタンティズムが資本主義を生み出したとは... もっと読む

職業としての政治 (ワイド版岩波文庫)

61
3.23

感想・レビュー

政治は高邁な理想を実現するためにあるべきだと考える人は多い。一方で,政治が実現できることに限りはある。人は欠点も失敗も多い。道徳的に正しいことと政治がなす... もっと読む

政治の本質 (中公文庫プレミアム)

45
3.33

感想・レビュー

ヴェーバー「職業としての政治」とシュミット「政治的なるものの概念」。この二十世紀政治学の正典を合わせた歴史的な訳書。巻末に清水の関連論考を付す。 もっと読む

ヒンドゥー教と仏教 (宗教社会学論集)

10
4.00

感想・レビュー

【書評】中野敏男(読書人2010.01.29)。 もっと読む

緒言/プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神/プロテスタント諸信団と資本主義の精神 (宗教社会学論集 第1巻上)

9

感想・レビュー

【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】 https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/521037 もっと読む

職業としての政治 (1984年) (岩波クラシックス〈56〉)

6
3.00

感想・レビュー

官僚は感情無しで、職務を執行し自己否定がなければならず、政治指導者は自分の行為の責任を自分ひとりで追わなければならない。責任を拒否したり転嫁したりする事は... もっと読む
全42アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×