マックス・ヴェーバーのおすすめランキング

プロフィール

マックス・ヴェーバー(Max Weber)
1864年4月21日 - 1920年6月14日
ドイツの政治学者・社会学者・経済学者。社会学における重要な概念、方法論を築く。
西欧近代文明の根本原理に「合理性」があり、文明の発展を「現世の呪術からの解放」の系譜として考察した論文『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を記す。これが代表作の一つとなる。
ほか、講演『職業としての学問』『職業としての政治』がまとめられ、広く世に読まれている。

マックス・ヴェーバーのおすすめランキングのアイテム一覧

マックス・ヴェーバーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)』や『職業としての政治 (岩波文庫)』や『社会学の根本概念 (岩波文庫)』などマックス・ヴェーバーの全39作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

2878
3.70

感想・レビュー

略して「プロ倫」と呼ばれる、マックス・ヴェーバーのあまりにも有名な1920年の著作である。 非常に分厚い本だが、その半分以上は訳者解説と脚注・訳注で占め... もっと読む

職業としての政治 (岩波文庫)

1698
3.60

感想・レビュー

1919年1月にミュンヘンで行ったマックス・ヴェーバーの講演記録。 ドイツが第一次世界大戦に敗れて数カ月しか経っていない時期に行われた講演で、この内容も... もっと読む

社会学の根本概念 (岩波文庫)

720
3.28

感想・レビュー

 社会を人と人との関係として捉えた時、その関係にはどの様な物があるのか、そして関係があるとはどういうことなのかを体系的にまとめている。関係を持つ対象として... もっと読む

社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」 (岩波文庫)

395
3.64

感想・レビュー

力量不足によりぼんやりと、非常にぼんやりとしか理解できなかった。 解説がわかりやすい。(解説がなかったら理解は不可能だったであろう) もっと読む

社会科学の方法 (講談社学術文庫)

81
3.21

感想・レビュー

[ 内容 ] 社会科学の泰斗ヴェーバーが、「理念型」という新概念に基づき歴史事実の分析・総合を行う方法論を確立した画期的な書。 社会科学を理解し研究す... もっと読む

宗教社会学論選

62
3.42

感想・レビュー

マックス・ヴェーバーは、経済や政治、社会の諸問題についてだけでなく、インドや日本の宗教までも非常に正確に把握していて驚く。 もっと読む

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (ワイド版岩波文庫)

61
3.83

感想・レビュー

社会学の金字塔。 近代資本主義を支える、精神の由来と歴史的変遷を述べています。 本書の重要な点は決して古プロテスタンティズムが資本主義を生み出したとは... もっと読む

職業としての政治 (ワイド版岩波文庫)

60
3.23

感想・レビュー

政治は高邁な理想を実現するためにあるべきだと考える人は多い。一方で,政治が実現できることに限りはある。人は欠点も失敗も多い。道徳的に正しいことと政治がなす... もっと読む

政治の本質 (中公文庫プレミアム)

33
5.00

感想・レビュー

ヴェーバー「職業としての政治」とシュミット「政治的なるものの概念」。この二十世紀政治学の正典を合わせた歴史的な訳書。巻末に清水の関連論考を付す。 もっと読む

ヒンドゥー教と仏教 (宗教社会学論集)

10
4.00

感想・レビュー

【書評】中野敏男(読書人2010.01.29)。 もっと読む

緒言/プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神/プロテスタント諸信団と資本主義の精神 (宗教社会学論集 第1巻上)

8

感想・レビュー

【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】 https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/521037 もっと読む
全39アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする