マット・リドレーのおすすめランキング

プロフィール

世界的に著名な科学・経済啓蒙家。英国貴族院議員(子爵)。元ノーザンロック銀行チェアマン。
事実と論理にもとづいてポジティブな未来を構想する「合理的楽観主義(Rational Optimism)」を提唱し、ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック創業者)らビジネスリーダーの世界観に影響を与えたビジョナリーとして知られる。合理的楽観主義をはじめて提示した著書『繁栄:明日を切り拓くための人類10万年史』(早川書房)はゲイツ、ザッカーバーグが推薦図書にあげている。グーグルには3度招かれ講演を行なった。
1958年、英国ノーザンバーランド生まれ。オックスフォード大学で動物学の博士号を取得。「エコノミスト」誌の科学記者を経て、英国国際生命センター所長、コールド・スプリング・ハーバー研究所客員教授を歴任。オックスフォード大学モードリン・カレッジ名誉フェロー。
他の著作に『やわらかな遺伝子』『赤の女王』『進化は万能である』などがあり、著作は31カ国語に翻訳。最新刊である本書『人類とイノベーション』は発売直後から米英でベストセラーを記録している。

「2021年 『人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マット・リドレーのおすすめランキングのアイテム一覧

マット・リドレーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(上)』や『繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(下)』や『繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)』などマット・リドレーの全25作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(上)

688
3.88
マット・リドレー 2010年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本語版のタイトルは『繁栄 ~ 明日を切り拓くための人類10万年史 』。一方、原題は"The Rational Optimist ~ How Prospe... もっと読む

繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(下)

505
4.03
マット・リドレー 2010年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悲観的な主張が、メディア・世論を牛耳っている。「未来は明るい」なんて、声を大にして言えない空気が蔓延している。 この本を突き動かしているのは、「楽観主義... もっと読む

繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

494
4.22
マット・リドレー 2013年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

早川書房公式ツイッターで紹介されていたので購入。 ああ、ありがとう>早川書房公式ツイッター 「人類の未来」について述べている書籍のほとんどが、『悲観論... もっと読む

人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化する

324
3.76

感想・レビュー

先史の農業革命から、電球・飛行機・水道といった有名な事例、さらには遺伝子編集といった最新のものまで、人類の歴史におけるイノベーションの数々を丁寧に掘り下げ... もっと読む

やわらかな遺伝子

254
3.57
マット・リドレー 2004年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヒトをヒトとして決定づけるものは何か?遺伝子なのか、環境なのか。100年以上に渡って繰り広げられた「生まれか育ちか」論争。生まれを支持する側は遺伝子のみが... もっと読む

やわらかな遺伝子 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

227
3.65
マット・リドレー 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原題は、本文中でもたびたび登場する、「生まれは育ちを通じて」 生まれ持った遺伝的要因と、育った環境要因と、どちらが影響が大きいのか?という点について、進... もっと読む

赤の女王 性とヒトの進化 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

213
3.59
マット・リドレー 2014年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『やわらかな遺伝子』などの著作でも有名な進化生物関連のサイエンスライターのマッド・リドレーの代表作。しばらく絶版になっていたが、再版され、Kindle版も... もっと読む

進化は万能である:人類・テクノロジー・宇宙の未来

194
3.61
マット・リドレー 2016年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で。 あらゆる事柄は意図ではなく偶然・進化によるものだというお話。ほんとにその通りだと思う。 が、意図の集まりこそが偶然を起こすんだと思う。 もっと読む

ゲノムが語る23の物語

155
3.67
マット・リドレー 2000年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゲノムを巡る23の物語。23つそれぞれのゲノムが持つストーリーを驚嘆と感嘆を持って解き明かす(作中22章)。AGTC4個の塩基配列の繰り返しが千差万別な我... もっと読む

人類は絶滅を逃れられるのか―――知の最前線が解き明かす「明日の世界」

126
3.46

感想・レビュー

短時間でサラッと読めるディベート。 マルコムグラットウェルのジョークが冴え渡りなかなか楽しい。 しかし結果は予想に反していた。 現場の臨場感はまた違... もっと読む

徳の起源―他人をおもいやる遺伝子

111
3.74

感想・レビュー

人間の社会性の深掘り。 同じ集落内での殺人はタブーとされるのに他の部族の虐殺が奨励されるのはなぜなのか、このような複雑な社会性を人間だけが編み出してきたメ... もっと読む

赤の女王―性とヒトの進化 (翔泳選書)

75
4.09

感想・レビュー

環境で説明できない生物の特徴は殆どが性淘汰で説明可能とし、人間においてもこれは同じで、人間の脳はクジャクのオスの尾羽と同様、異性を魅了する能力の副産物だと... もっと読む

繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史

63
4.17
マット・リドレー 電子書籍 2013年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

専門家によって人類がどれだけ豊かになったか。人類と動物を分けるのは、互恵的行為ではなく交換。調理できるようになったことで人間の内臓は軽くでき、脳は大きくな... もっと読む

フランシス・クリック: 遺伝暗号を発見した男

47
4.00
マット・リドレー 2015年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB19361876 もっと読む

人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化する (NewsPicksパブリッシング)

42
3.73
マット・リドレー 電子書籍 2021年3月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半は、さまざまなイノベーションの歴史について具体的に紹介してある。蒸気機関、電球、ワクチン、電子タバコ、コンテナ、飛行機、ヨーロッパ社会へのじゃがいもの... もっと読む

進化は万能である 人類・テクノロジー・宇宙の未来 (早川書房)

38
4.50
マット・リドレー 電子書籍 2016年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

進化というプロセスは生命だけなく、人間社会の制度にも使えるという話。社会主義のように上が考えて押し付けるのではなく、下から変異と競争によって決まるというの... もっと読む

赤の女王 性とヒトの進化

30
4.33
マット・リドレー 電子書籍 2014年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜ有性生殖という面倒なシステムの解説と「赤の女王」という終わり無い競争の概念についての本。このマット・リドレーという人は本当に進化が好きだな。 「... もっと読む

やわらかな遺伝子

21
4.67
マット・リドレー 電子書籍 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書では、人格形成が、「生まれ」か「育ち」か?というパラダイムで語ることはできないと主張。「生まれ」つまり遺伝子は、「育ち」つまり環境に多くの影響を受け、... もっと読む

人類は絶滅を逃れられるのか

10
1.50
スティーブン・ピンカー 電子書籍 2016年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

議論が噛み合わず、タイトルで想像されるような内容ではない。つまらない。 もっと読む
全25アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×