マリオバルガス=リョサのおすすめランキング

マリオバルガス=リョサのおすすめランキングのアイテム一覧

マリオバルガス=リョサのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『世界終末戦争』や『若い小説家に宛てた手紙』や『フリアとシナリオライター (文学の冒険シリーズ)』などマリオバルガス=リョサの全8作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

世界終末戦争

188
4.69

感想・レビュー

ブラジルがポルトガル植民地から独立し、王制から奴隷解放を経て共和制となった19世紀終盤、ヨーロッパの支援を受けた新しい共和国を作ろうという海岸側の都会と、... もっと読む

若い小説家に宛てた手紙

174
3.96

感想・レビュー

手紙という体裁が効果的で、分かりやすく、適度な長さで書かれていて、必要十分な内容。全体というのかな、まとまりの大切さみたいな。工夫も大事。でも不自然じゃな... もっと読む

フリアとシナリオライター (文学の冒険シリーズ)

147
3.76

感想・レビュー

★★★ ラジオ局でニュース記事を書いている“僕”バルガス・リョサは小説家志望の学生。そこに売れっ子ライターのペドロ・カマーチョがやってくる。彼は変り者で... もっと読む

ラテンアメリカ五人集 (集英社文庫)

133
3.50

感想・レビュー

リョサ「小犬たち」お目当てで。「小犬たち」文体と構成の妙。読みやすいし面白いけど、クエリャルが、はあ、可哀想だ。パチェーコ「砂漠の戦い」素晴らしい!当時の... もっと読む

都会と犬ども

131
4.55

感想・レビュー

★★★ レオンシオ・プラド士官学校は3年間の寄宿学校。厳しい訓練と指導が行われ、親の手に負えない悪たれやひ弱さが鍛えられることを期待される子供が集まって... もっと読む

楽園への道 (河出文庫)

89
4.50

感想・レビュー

たぶん本書の「正しい邦題」は、「楽園への道なかば」、だと思う。 「ここは楽園ですか」と問うが、 「いいえ、楽園は次の角ですよ」と延々先送りされてしまう... もっと読む

つつましい英雄

76
3.71

感想・レビュー

ノーベル賞受賞後に初めて書かれた小説だという。なんとなくのほほんとした気分が漂うのは、そのせいか。かつてのバルガス=リョサらしい緊張感が影をひそめ、よくで... もっと読む

官能の夢―ドン・リゴベルトの手帖

26
3.82

感想・レビュー

若く美しく官能的な後妻ルクレチアを迎えた中年男性ドン・リゴベルトは新たな生活に満足している。特にエロチックな絵を見てからの行為は。 しかしドン・リゴベル... もっと読む
全8アイテム中 1 - 8件を表示
ツイートする