マルグリット・ユルスナールのおすすめランキング

プロフィール

1903年ベルギーのブリュッセルで、フランス貴族の末裔である父とベルギー名門出身の母とのあいだに生まれる。本名マルグリット・ド・クレイヤンクール。生後まもなく母を失い、博識な父の指導のもと、もっぱら個人教授によって深い古典の素養を身につける。1939年、第二次世界大戦を機にアメリカに渡る。51年にフランスで発表した『ハドリアヌス帝の回想』で、内外の批評家の絶賛をうけ国際的な名声を得た。68年、『黒の過程』でフェミナ賞受賞。80年、女性初のアカデミー・フランセーズ会員となる。母・父・私をめぐる自伝的三部作〈世界の迷路〉――『追悼のしおり』(1974)、『北の古文書』(1977)、『何が? 永遠が』(1988)――は、著者のライフワークとなった。主な著書は他に『東方綺譚』(1938)、『三島あるいは空虚のビジョン』(1981)など。87年、アメリカ・メイン州のマウント・デザート島にて死去。

「2017年 『アレクシス あるいは空しい戦いについて/とどめの一撃』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マルグリット・ユルスナールのおすすめランキングのアイテム一覧

マルグリット・ユルスナールのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ハドリアヌス帝の回想』や『東方綺譚 (白水Uブックス (69))』や『黒の過程』などマルグリット・ユルスナールの全25作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ハドリアヌス帝の回想

444
3.82

感想・レビュー

ローマ皇帝ハドリアヌス(在位117-138)がマルクス・アウレリウスにあてて,自分の生涯を語る書簡を書くという設定の小説.いろいろなブックガイドで取り上げ... もっと読む

東方綺譚 (白水Uブックス (69))

281
3.89

感想・レビュー

『東方綺譚』は、ユルスナール若書きの書。アムステルダムに住まう老画家を描いた一篇を除く八篇が作者の生地であるベルギーからみて東方(オリエント)に位置する地... もっと読む

黒の過程

93
4.33

感想・レビュー

これほど素晴らしい作品も中々ないものだ。 緊張感のある筆致が常にある。 とはいえ、景色に濃淡があり、主人公のゼノンは 時に群衆に紛れ、時にクローズア... もっと読む

なにが? 永遠が (世界の迷路)

45
4.00

感想・レビュー

第二巻が出た時点で、第三巻(本書)は2012年刊行予定だった。実際でたのは2015年8月だったわけで、いくらなんでもかかりすぎだろう。 亡くなっていると... もっと読む

青の物語

34
3.91

感想・レビュー

短編集 「青の物語」 財宝を求めた男たちの末路を冷酷に描く物語。あらゆるものが青に関連させて描かれる、という約束事が展開される。気障なようにも思え... もっと読む

ピラネージの黒い脳髄 (白水社アートコレクション)

27
3.58

感想・レビュー

ユルスナールがピラネージの「幻想の牢獄」の復刻版のために書いた評論.図版を除くと40ページほどのもの. 私がピラネージを知ったのはたぶん河島英昭「ローマ... もっと読む

ハドリアヌス帝の回想

20
3.80

感想・レビュー

実はまだ読み終わっていません。当分終わりそうもないので先にレビューを書くことにしました。書き直すかもしれません。 開いてびっくり。字がぎっしり。そし... もっと読む

アレクシス あるいは空しい戦いについて/とどめの一撃

20
4.00

感想・レビュー

ユルスナール没後30年を記念した特別編集版だそうです。 白水社のPR 静謐な思索の流れのあいだに激情を透かし見せる、一人称の物語。初期を代表する二... もっと読む

姉アンナ…

13
4.00

感想・レビュー

静かでひたすら美しい、ユルスナール若書きの作品。 もっと読む
全25アイテム中 1 - 20件を表示

マルグリット・ユルスナールに関連するまとめ

ツイートする