マーガレット・アトウッドのおすすめランキング

プロフィール

1938年生まれ。英語圏を代表する作家。『侍女の物語』は女性の抑圧をめぐるディストピア名作として世界でロングセラー。『誓願』『昏き目の暗殺者』『洪水の年』など。ブッカー賞をはじめ受賞多数。

「2021年 『デカメロン・プロジェクト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーガレット・アトウッドのおすすめランキングのアイテム一覧

マーガレット・アトウッドのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)』や『誓願』や『オリクスとクレイク』などマーガレット・アトウッドの全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)

1439
4.03

感想・レビュー

me too運動と相俟って新たにドラマ化され、 再度脚光を浴びたと思しい、 1985年発表(原著)の、 当時から見た近未来ディストピアSF長編小説。... もっと読む

誓願

464
4.21

感想・レビュー

静かなディストピア社会の怖さは、一定の形で社会が完成してしまうと、その中で暮らす市民にはそれが普通の状態に感じられ、何ら不都合のない社会のように見えてしま... もっと読む

オリクスとクレイク

247
3.73

感想・レビュー

ーー壁に囲まれた空間で育った挙句、自分もそうなった。物事を締め出したのだ。(p.226) テクノロジー、イデオロギー、経済格差、学力格差。「壁」とは文明... もっと読む

語りなおしシェイクスピア 1 テンペスト 獄中シェイクスピア劇団 (語りなおしシェイクスピア テンペスト)

211
3.90

感想・レビュー

ものすごーーくおもしろかった!  ユーモアがあって楽しくて後味もよくて、あのディストピアなアトウッドとは思えないー。こういうのもっと読みたい。 陰... もっと読む

またの名をグレイス 上

179
3.76

感想・レビュー

詳細は下巻後に書くが、読み始めたら止まらない。 もっと読む

昏き目の暗殺者

166
3.78

感想・レビュー

『昏き目の暗殺者』という表題は、作中に登場する二十五歳で夭折したローラ・チェイスの死後出版による小説のタイトルである。小説の中で売れない物書きの男が女にお... もっと読む

覚醒するシスターフッド

163
2.43
サラ・カリー 2021年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サラ・カリー「リッキーたち」、ヘレン・オイェイェミ「ケンブリッジ大学地味子団」、藤野可織「先輩狩り」、マーガレット・アトウッド「老いぼれを燃やせ」がおもし... もっと読む

侍女の物語

138
4.00
マーガレット・アトウッド 電子書籍 2001年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どんなに小難しくて、恐ろしいか、となかなか読みはじめられなかったのだけれど、読みはじめてみれば思っていたほど小難しくもなく、SFみたいで(って近未来設定だ... もっと読む

昏き目の暗殺者 上 (ハヤカワepi文庫)

133
3.56

感想・レビュー

アトウッドの代表作。色んな書評やらで見かけて、いつかは読みたいと思ってた作品を、文庫化にあたって入手。あと、ノーベル文学賞授賞かも、っていうタイミングもあ... もっと読む

侍女の物語

111
3.90

感想・レビュー

初めてのマーガレット・アトウッド 当時読むよりも今読んだ方が実感として自分自身わかるものがあるように思う。 感想は一言で言えない。 読後もモヤモヤ考え続け... もっと読む

またの名をグレイス 下

110
3.98

感想・レビュー

19世紀カナダで、16歳のときに働いていた屋敷の主人と女中頭の殺害に関与した罪で有罪判決を受け、30年間服役した実在の女性、グレイス・マークスの事件に題を... もっと読む

洪水の年(上)

100
3.22

感想・レビュー

<上・下巻併せての評です> ディストピア小説の傑作『侍女の物語』の作者マーガレット・アトウッドによる「マッドアダムの物語」三部作のひとつで、やはりデ... もっと読む

またの名をグレイス(上) (岩波現代文庫)

97
4.00

感想・レビュー

とても面白い。これは訳も素晴らしいのだと思う。 もっと読む

昏き目の暗殺者 下 (ハヤカワepi文庫)

89
4.00

感想・レビュー

交通事故で死んだ妹ローラ。姉のアイリスは過ぎし頃の姉妹と家族の歴史を回顧する。アイリスの回想。ローラが残したとされる小説『昏き目の暗殺者』。往事を伝える新... もっと読む

負債と報い――豊かさの影

86
3.10

感想・レビュー

貸し借りや負債は、人類が持つ公平・均衡・正義意識から生まれ、契約を守ることは道徳として人間の社会基盤となっている。人類の地球環境に対する大きな負債を意識す... もっと読む

侍女の物語 グラフィックノベル版

86
3.82

感想・レビュー

グラフィック・ノベルというものを初めて読んだ。 最初、書評を読んだ時「ネット小説にありそうな内容だな」と思ったけど、もっと重くて深い。 原作は1985年... もっと読む

洪水の年(下)

72
3.53

感想・レビュー

作者はこれを「思弁小説」と呼んでいると解説にある。なぜなら、ここに登場する科学技術は、どれもすでにこの世に登場しているからだそうだ。『誓願』の解説にも同様... もっと読む

またの名をグレイス(下) (岩波現代文庫)

65
4.11

感想・レビュー

催眠術でグレイスから真相を聞き出すことになり、いよいよ佳境へ。しかし彼女の口から出た言葉は・・・。ここで起こったこと自体は予想の範囲内だったけれど、ではそ... もっと読む

ペネロピアド (THE MYTHS)

58
3.35

感想・レビュー

トロイア戦争へ行った夫オデュッセウスを20年間待ち続けた貞淑な妻ペネロペイア。 詩人ホメロスの描いた壮大な冒険譚『オデュッセイア』の中では影の存在、言葉... もっと読む

サークル・ゲーム

57
3.90

感想・レビュー

翻訳詩の楽しみ方が今ひとつわからないので、韻文だと知っていたら開かなかった本。だけどこの詩集はよいです。日本語に移し替えられた言葉が作り出すイメージが不穏... もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示

マーガレット・アトウッドに関連する談話室の質問

ツイートする
×