マーク・トウェインの人気ランキング

プロフィール

Mark Twain, 1835―1910
アメリカ合衆国の小説家。ミズーリ州フロリダ生まれ、同州ハンニバルで育つ。本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)。西部・南部・中西部の庶民が使う口語を駆使した作品によってその後のアメリカ文学に大きな影響を与えた。『トム・ソーヤーの冒険』(1876年)のほか数多くの小説や随筆を発表、世界各地で講演も行ない、当時最大の著名人の一人となる。無学の少年ハックルベリー・フィン自身の言葉で語られる『ハックルベリー・フィンの冒けん』(イギリス版1884年、アメリカ版1885年)はなかでも傑作とされ、アーネスト・ヘミングウェイは『アフリカの緑の丘』で「今日のアメリカ文学はすべてマーク・トウェインのハックルベリー・フィンという一冊の本から出ている」と評した。

「2017年 『ハックルベリー・フィンの冒けん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーク・トウェインの人気ランキングのアイテム一覧

マーク・トウェインの人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『トム・ソーヤーの冒険 (ポプラ世界名作童話)』や『トウェイン完訳コレクション マーク・トウェインのジャンヌ・ダルク ジャンヌ・ダルクについての個人的回想 (角川文庫)』や『西部放浪記 下 マーク・トウェインコレクション (11B)』などマーク・トウェインの全379作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

トウェイン完訳コレクション マーク・トウェインのジャンヌ・ダルク ジャンヌ・ダルクについての個人的回想 (角川文庫)

10
5.00
マーク・トウェイン 電子書籍 2015年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

電子書籍での再読。マーク・トウェインがなぜジャンヌ?という感じだが、物語としてよくできている。 当時も感じたが、主人公(ジャンヌではなく、幼馴染という設定... もっと読む

トウェイン完訳コレクション 王子と乞食 (角川文庫)

5
5.00
マーク・トウェイン 電子書籍 2015年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とーっても面白かった。有名なトウェインの作品を読んだのが初めてだったので、最初はどんなもんだろうという感じだったけど、読み続けていくとどんどん夢中になった... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒険

2
5.00

感想・レビュー

アメリカを代表する作品だと思います。これを読まなきゃアメリカを語れない。 もっと読む

トム・ソーヤーの冒険(新潮文庫)

6
4.67
マーク・トウェイン 電子書籍 2012年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言わずと知れた名作をkindleで読了。ワタシの敬愛する柴田元幸の訳。 子供向けの物語とされているけれど、意外にも殺人の様子が生々しく描かれている他、当時... もっと読む

トム・ソーヤーの冒険

8
4.50

感想・レビュー

英語の教科書で読んだことがある方も多いのでは? 魅力的な「悪ガキ」たちと、ニヤリと来るエピソードが満載の冒険小説です。 (所蔵は新潮文庫版だったの... もっと読む

人間とは何か?- マーク・トウェインコレクション (4)

7
4.50

感想・レビュー

「人間というものは何よりもまず、この唯一無二の目的ーーすなわち自分自身の心の平安、精神的な慰安をもとめようとする目的以外、いかなる行為も絶対になしえない」... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒険(下) (光文社古典新訳文庫)

62
4.38

感想・レビュー

原題:Adventures of Huckleberry Finn (1885年) 【私用メモ】 ・これまでに邦訳三種類くらいのバージョンを読... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒険(下) (光文社古典新訳文庫)

62
4.38

感想・レビュー

原題:Adventures of Huckleberry Finn (1885年) 【私用メモ】 ・これまでに邦訳三種類くらいのバージョンを読... もっと読む

ハックルベリー・フィンの冒険(下) (光文社古典新訳文庫)

62
4.38

感想・レビュー

原題:Adventures of Huckleberry Finn (1885年) 【私用メモ】 ・これまでに邦訳三種類くらいのバージョンを読... もっと読む
全379アイテム中 1 - 20件を表示

マーク・トウェインに関連する談話室の質問

ツイートする