マーティン・エドワーズのおすすめランキング

プロフィール

Martin Edwards (1955~ )イギリスのミステリ作家・評論家。約20冊の長編、50編以上の短編を発表、英国推理作家協会(CWA)の最優秀短編賞を受賞した。多数のアンソロジーを編纂し、英国国立図書館の〈古典ミステリ〉シリーズの監修など、精力的に活動している。現在、ディテクション・クラブ会長および英国推理作家協会会長。

「2018年 『探偵小説の黄金時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーティン・エドワーズのおすすめランキングのアイテム一覧

マーティン・エドワーズのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『処刑台広場の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)』や『モルグ館の客人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)』や『処刑台広場の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)』などマーティン・エドワーズの全5作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

処刑台広場の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

764
3.56

感想・レビュー

★5 謎の探偵レイチェルの魅力に惹かれっぱなし!読み応え抜群のスリラー&ミステリ #処刑台広場の女 ■あらすじ 1930年のロンドン。新聞記者のジェイコ... もっと読む

モルグ館の客人 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

282
4.00

感想・レビュー

今回も、もつれにもつれた展開。退廃的な雰囲気も相まって読み応えあったのですが、前作のインパクト超えられず、、。普通の話になっちゃった感じです。ラスト、何で... もっと読む

処刑台広場の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

93
4.06
マーティン・エドワーズ 電子書籍 2023年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マーティテン•エドワーズ 『処刑台広場の女』 おもしろかったー! 勉強の息抜きに読もうと思っていたら あっという間に世界に引き込まれ一気読みでした。 ... もっと読む

探偵小説の黄金時代

82
3.62

感想・レビュー

読みたかった本。クリスティーやセイヤーズ、バークリーなど今私が夢中になってる作家達の裏話満載。ゴシップ的興味もあったが、二つの大戦を挟んだ時代に各々の作家... もっと読む
全5アイテム中 1 - 5件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×